プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

中国共産党長沙市委員会宣伝部

長沙:「インターネット+」が飛躍的な経済発展を促進

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009104188-O1-AS9o4012

AsiaNet 85487 (1520)

 
【長沙(中国)2020年9月9日新華社=共同通信JBN】中国共産党長沙市委員会宣伝部によると、「New Digital Economy, New Future(新しいデジタル経済、新しい未来)」をテーマとした2020 Internet Yuelu Summit(2020年インターネット岳麓サミット)は9月8日、長沙で開会式を行い、「インターネット」の名の下に長沙市を再び蘇らせている。サミットは、Office of Hunan Cyberspace Affairs Commission(湖南省サイバースペース問題委員会事務局)、湖南省産業情報技術部、湖南省湘江新区およびChina Federation of Internet Societies(中国インターネット協会連合)により組織された。

2014年の第1回岳麓サミットは、湖南省のモバイルインターネット産業の発展に新たな一章を開いた。パイオニアとしての長沙は、新しい都市ブランドを創造しただけでなく、6年近くに及ぶ苦闘と試みの結果、中国におけるインターネット革新都市として自らを確立した。最初は「建設機械の中心地」、「製造業の都市」として、その後「5番目のモバイルインターネット都市」として知られるようになった長沙は、その千年を超える奥深い文化で世界を受け入れている。

長沙は、北京、上海、深セン、浙江省と比較してあまり有利な場所に位置していないが、インターネット産業がまさに出現しつつある時に人材の面で強みを持っている。中国のインターネットエリートの3分の1近くが湖南省出身である。

58 GroupのYao Jinbo最高経営責任者(CEO)は湖南省益陽で生まれた。同氏は自分の故郷に非常に愛着を持っており、北京の最大の本社を除き、第2の本社を長沙に置いた。長沙は大学、人材、メディア産業のクラスターであり、中国中部の中心的位置を占めているからだ。

58 Groupを除き、Xiangjiang Kunpeng、Cloud Tencent (Changsha)、その他の有名なソフトウエアおよびインターネットをリードする企業も、2019年末までに長沙に本社または第2本社を設立した。

ビッグデータ、AI、産業用インターネット技術、中でも5GとAIの急速な発展のおかげで、モバイルインターネットは新しい形態のビジネスや新興の産業に勢いを与えている。5Gの新たなインフラストラクチャーが勢いよく成長している。湖南省では、1万3586件の基地局とさまざまな種類の26のデータベースセンターがすでに建設され、今年末までに1万9000件の5G基地局が開設される見込みと伝えられている。

無人運転技術が人々にとってまだ目新しいときに、それは正に長沙に出現した。

National Intelligent Network Automobile (Changsha) Test Area(国家インテリジェントネットワーク自動車(長沙)試験区)が2016年に計画された。2020年4月19日、Baidu Apollo無人タクシーが長沙市民に無料で公開され、無人技術は新しい時代に突入した。初めて実際に運行される「スマートバス路線」はその11日後にオープンした。8月31日、5G 自動運転テストとアプリケーションをサポートする中国初の「スマートハイウェー」-長沙から益陽までのG5517-が使用できるようになった。このスマートハイウェーには150メートルごとに5G基地局、カメラ、その他の設備が備わっており、無人運転のためのさまざまな条件を提供する。2年にわたる開発の結果、長沙のインテリジェントネットワーク自動車産業は中国で主導的な地位を占めている。

現在、長沙はモバイルインターネットにサポートされた新たなイノベーションと開発の旅を開始した。「AI」「スマートドライブ」「ブロックチェーン」などのニューエコノミーは、長沙の質の高い発展に新たな勢いを絶えず提供するだろう。

このほど発表された2020 CHANGSHA INTERNET DEVELOPMENT WHITE PAPER(2020年長沙インターネット開発白書)によると、長沙のモバイルインターネット産業の規模は2019年に1000億元を超え、地方自治体や省都の中で6位に、中国中部では首位にランクされている。

ソース:The Publicity Department of CPC Changsha Municipal Committee

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371010
写真説明:2020 Internet Yuelu Summit開会式

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371011
キャプション:スマートバス実験で列を作って順番を待つ長沙市民

2020 Internet Yuelu Summit開会式
スマートバス実験で列を作って順番を待つ長沙市民
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ