プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

創業者ゆかりの地に「石橋信夫翁 生誕100周年記念碑」を建立

2020年9月9日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

創業者ゆかりの地に「石橋信夫翁 生誕100周年記念碑」を建立

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、当社創業者である石橋信夫の出身地 奈良県吉野郡川上村に「石橋信夫翁 生誕100周年記念碑」を建立し、2020年9月9日に除幕式を執り行いました。
 除幕式には、川上村長 栗山忠昭氏のほか、当社幹部・OB、親族を中心に約40名が出席しました。

 石橋信夫は1921(大正10)年9月9日、奈良県吉野郡川上村で生まれました。第二次世界大戦での徴兵、シベリア抑留から復員の後、「建築の工業化」を目指し、1955年に大和ハウス工業を創業。創業商品の「パイプハウス」やプレハブ住宅の原点となる「ミゼットハウス」などを発売し、戦後復興から高度経済成長期へと発展する日本の支えとなりました。その後は、戸建住宅からロードサイドの店舗開発、リゾートホテル開発など、「世の中が必要とするもの」を事業化することで現在の当社の礎を築きました。
 このたび、2021年に創業者生誕100周年を迎えるにあたり、記念事業の一環として、生まれ育った川上村にある当社所有地に記念碑を建立しました。当記念碑には、今は無き生家の方角を望む石橋 信夫の胸像とともに陶板モニュメントを設置し、創業者の足跡を紹介しています。
 当社は今後も、創業者のDNAを継承し、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、社会に必要とされるものを提供し、社会と共に生きる、サステナブルな企業を目指していきます。

●石橋信夫 略年譜
1921(大正10)年 9月9日 奈良県吉野郡川上村寺尾に生まれる
1934(昭和9)年  4月 奈良県立吉野林業学校入学
1939(昭和14)年  3月 同校卒業後、満州国営林署に入署
1941(昭和16)年  7月 徴兵検査で甲種合格となり表彰
1942(昭和17)年  1月 近衛歩兵第一連隊第五中隊に入営
1943(昭和18)年 11月 前橋陸軍予備士官学校入校。その後陸軍少尉、速射砲中隊小隊長に
1945(昭和20)年  8月 第一大隊副官拝命、終戦。武装解除。陸軍中尉任官石橋大隊1,008名ソ連に抑留。収容所へ
1948(昭和23)年  8月 ナホトカ港から舞鶴港帰港。復員
                       9月 吉野中央木材に入社
1955(昭和30)年  4月 大阪市南区日本橋に大和ハウス工業を創業
1963(昭和38)年  5月 大和ハウス工業代表取締役社長に就任
1978(昭和53)年  5月 ㈳プレハブ建築協会会長に就任
1980(昭和55)年  6月 大和ハウス工業代表取締役会長に就任
1988(昭和63)年  5月 ㈳大阪工業会副会長に就任
1990(平成2)年    2月 工業化住宅の品質向上に貢献したとして通産大臣表彰
                          6月 大和ハウス工業代表取締役相談役に就任
1993(平成5)年    9月 ㈳住宅生産団体連合会会長に就任
1999(平成11)年  6月 大和ハウス工業名誉会長に就任
2000(平成12)年  6月 大和ハウス工業代表取締役相談役に就任
2003(平成15)年   2月21日 逝去(享年81歳)
                          3月 生前の功績により、従三位勲一等瑞宝章を受章

●記念碑概要
所在地:奈良県吉野郡川上村寺尾533-1
敷地面積:484.84㎡(146.66坪)
設置物:胸像、碑文、ステージ、陶板モニュメント、ベンチ

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ