プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

三井情報株式会社

三井情報とシスコ、三井物産の世界65か国・地域132拠点へCisco DNAを提供

「Work-Xプロジェクト」を支える自由度の高いネットワーク基盤を構築

2020年9月9日
三井情報株式会社
シスコシステムズ合同会社

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下:三井情報)とシスコシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、以下:シスコ)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永 竜夫、以下:三井物産)のグローバルネットワーク基盤にシスコが提唱する最新ネットワークアーキテクチャであるCisco DNA(Digital Network Architecture)を導入しました。本ネットワーク基盤は2019年4月から順次利用を開始しており、2021年までに三井物産の世界65か国・地域132拠点で利用予定です。

 三井物産は、多様な「個」が集まり、「偶発的な出会い」や「自発的なコラボレーション」を通じて新たな挑戦と創造を生み出す職場体験のあり姿を全社でつくり上げるために「Work-X」(Workplace Experience)を立ち上げ、新たな価値創造に向けた各種施策を推進しています。積極的にデジタルサービスを活用するこの取り組みを支えるためには、ネットワークの柔軟性や拡張性に加え、新本社ビルでは約8,000人が場所を問わずどのデバイスからでもストレスなく自由かつ安全に情報へアクセスできることが求められていました。そこで三井情報は三井物産のWork-Xの実現を支えるネットワーク基盤としてCisco DNAを提案し、順次導入を進めることとしました。

■今回導入している製品およびサービス
・ Cisco DNA CenterおよびCisco SD-Access
 三井物産本社ビルでは積極的なデジタルサービスの活用に向けて、新しいネットワーク基盤に対してクラウドサービスへのアクセスや社員数の100倍規模のデバイスの接続等、どのようなサービス要件にも対応できる柔軟性・拡張性・セキュリティが求められていました。今回のCisco DNA Centerの導入により、コアネットワークからデバイスが接続するエッジまでのネットワークを仮想化し、ユーザ、デバイス、アプリケーションによって動的に通信をソフトウェア制御ができるようになりました。そして、サービスに応じた優先制御をCisco SD-Accessで実現し、ネットワークのセキュリティおよび品質が向上しました。

・ Cisco Meraki
 海外拠点のLAN環境には、構築・展開が容易に行えるCisco Merakiを導入しました。Cisco Merakiは、デバイスをクラウド上で一元管理できる運用性に優れたMerakiダッシュボードにより、ネットワーク状況を可視化することができるため、運用コストの大幅な低減が期待できます。将来的な拠点追加などの拡張性や運用監視、ファームウェアアップデートなどがすべてリモートで対応できることも採用の決め手となりました。今後は国内拠点への導入も検討しています。

・ Cisco SD-WAN
 これまで国内外拠点からのインターネット接続は、全てデータセンターを経由する必要があり、アクセス遅延の原因となっていました。そこで新本社ビルと海外拠点ではCisco SD-WANを導入しました。クラウド型のWebプロキシサービスを併用し、要件に合わせて各拠点からインターネットへアクセスすることで、通信遅延の解消に繋がりました。

 三井情報はCisco DNAにいち早く着目し、2017年からシスコの製品開発部門とPoCを開始し、2018年以降社内検証を繰り返してきました。今回、導入した三井物産グローバルネットワーク基盤は、Cisco DNAを全面採用した大規模構築事例で、日本国内だけでなくアジアでも先進的な取り組みです。今後も三井情報とシスコは、国内外に拠点を持つ企業のデジタルトランスフォーメーション実現に不可欠な次世代ネットワーク基盤の強化を支援していきます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009084036-O3-z56pRh5T

【関連ページ】
製品・サービスのご紹介:
Cisco DNA:  https://www.cisco.com/c/ja_jp/solutions/enterprise-networks/index.html
Cisco DNA Center: https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/cloud-systems-management/dna-center/index.html
Cisco SD-Access: https://www.cisco.com/c/ja_jp/solutions/enterprise-networks/software-defined-access/index.html
Cisco Meraki: https://www.cisco.com/c/m/ja_jp/meraki.html
Cisco SD-WAN: https://www.cisco.com/c/ja_jp/solutions/enterprise-networks/sd-wan/index.html
関連コラム: https://www.mki.co.jp/knowledge/column18.html
関連コラム: https://www.mki.co.jp/knowledge/column51.html

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)はキャッチコピー『ナレッジでつなぐ、未来をつくる』を掲げ、ICTを基軸とした事業戦略パートナーとしてお客様のIT戦略を共に創り、デジタルトランスフォーメーションを支援しています。半世紀にわたり培った技術や知見の結実である“KNOWLEDGE”を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」として絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp/

【シスコシステムズ合同会社について】
シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。http://www.cisco.com/jp

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社
マーケット推進部 第二推進室
TEL : 03-6376-1122  E-mail : cisco-admin-dg@mki.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ