プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

宝ホールディングス株式会社

寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>・寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>新発売

2020年9月8日

宝ホールディングス株式会社

~ 家飲みにぴったり!“糖質ゼロ”の缶入り&濃縮タイプで紙パックのレモンサワー ~
寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>・寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>新発売

 宝酒造株式会社は、“寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>”と“寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>”を、9月22日(火)に全国で新発売します。

 “寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>”と“同<すっきり定番レモンの素>”は、ご自宅にいながら「レモンサワーフェスティバル」※1気分をお楽しみいただける、家飲みにぴったりのレモンサワーです。いずれもプリン体ゼロ※2・甘味料ゼロ※3で、健康意識が高いお客様のニーズにもお応えする商品です。

 “寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>”は、「レモンサワーフェスティバル」で当社が実施した「100通りのレモンサワー」企画※4において、人気No.1※5を獲得したレモンサワーを参考にしました。ベースとなるアルコールに“レモンサワー用焼酎”を使用し“瀬戸内レモン”と“強炭酸”を組み合わせることにより、糖質ゼロ※6で、すっきりとして甘くないレモンサワーの定番ともいえる味わいを実現しました。

 “寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>”は、炭酸水で割るだけで、すっきりとして甘くないレモンサワーの定番ともいえる味わいをお楽しみいただける濃縮タイプのレモンサワーの素で、容器には捨てやすい紙パックを採用しました。

 レモンサワー人気が続くなか当社では、「レモンサワーフェスティバル」と連動し、ユーザーの家飲み需要および健康意識の高まりにも対応する、“寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>”と“寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>”をあわせて新発売します。それにより、家飲みシーンを楽しく盛りあげるとともに、ソフトアルコール市場の更なる活性化に努めてまいります。

※1 2017年から2019年にかけて開催されたレモンサワーに特化した大型飲食イベント。
※2 100ml当たりプリン体0.5mg未満をプリン体ゼロと表示。
※3 食品添加物としての甘味料(人工甘味料)は使用していません。
※4 焼酎10種類×国産レモン5種類×炭酸2種類の組み合わせで計100通りのレモンサワーをお楽しみいただける取り組み。
※5 2019年実施5会場(東京・大阪・札幌・名古屋・福岡)での販売杯数9,628杯のうち517杯で1位。
※6 食品表示基準に基づき、100ml当たり糖質0.5g未満を糖質ゼロと表示。

【商品概要】

商品名:(1)寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>
    (2)寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモンの素>

品目:(1)スピリッツ(発泡性)①
   (2)リキュール
アルコール分:(1)7% (2)25%
果汁分:(1)0.5% (2)-
容量/容器:(1)350ml/アルミニウム缶 (2)500ml/紙パック
梱包:(1)24本段ボール箱入 (2)12本段ボール箱入
参考小売価格:(1)153円 (2)650円 (いずれも消費税抜き) 
発売地域:全国
発売日:2020年9月22日(火)

【お客様からのお問い合わせ先】
宝ホールディングス株式会社 お客様相談室
TEL 075-241-5111(平日9:00~17:00)

左から、寶「極上レモンサワー」<すっきり定番レモン>、“同”<すっきり定番レモンの素>
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ