プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ドミニカ政府

ドミニカが投資家市民権プログラムでトップ、FTのPWM報告

AsiaNet 85453 (1497)

 
【ロゾー(ドミニカ)2020年9月8日PR Newswire=共同通信JBN】ドミニカ(Commonwealth of Dominica)は、世界で現在有効な投資に基づく市民権付与(CBI)プログラムを評価比較した最も権威ある調査であるCBI Index(https://cbiindex.com/reports )の首位に4年連続でランクされた。フィナンシャル・タイムズ(FT)発行のProfessional Wealth Management(PWM、プロの資産運用)誌は9月7日、CBI Index最新版を発表、9つのいわゆる「柱」(評価分野)に基づき14のプログラムを比較した。

ドミニカはまたもやCBI Indexのトップに立ち、家族へのアピールとプログラムの確実性を評価する今年追加された新しい柱を含む6つの柱で最高ポイントを獲得した。ドミニカが最高得点をつけた他の柱は、強力なデューデリジェンス(適正評価手続き)、手続きの容易さ、義務的旅行または居住の欠如、手が届きやすい最低投資額である。

報告は、「4年連続で世界最高のCBIプログラムとなったドミニカは、強力なデューデリジェンス、手ごろな最低投資額、使いやすい手続き、家族再統合を新たに重視という点でバランスをとり、投資家のニーズを満たすという優れた評判を得ている」と指摘する。

研究者のJames McKay氏はドミニカのCBIプログラム(https://cbiu.gov.dm/faqs/ )で「扶養家族」の定義と市民権取得後の(扶養家族)追加という最近の変更点を評価している。同氏は、ドミニカが扶養家族の年齢範囲を拡大して兄弟姉妹に最も優しいプログラムの1つを提供することに注目している。同様に、CBIプログラムにより既にドミニカ市民権を取得している人は、最初の申請後に、新生児、新たな配偶者、以前からの扶養家族などを扶養家族として追加することができる。

ドミニカのCitizenship by Investment Unit (CBIU)責任者であるEmmanuel Nanthan大使は「投資に基づく市民権付与で世界で最も優れた国として再び称賛されることを光栄に思う。CBIはわが国の経済と日常生活において主要な役割を果たしており、われわれは誠実さ、効率性、そして重要なことに、国民に対する具体的な影響を高い水準で維持するために懸命に取り組んでいる」とコメントした。

ドミニカのCBIプログラムがどの程度「確実」であるかについて研究者たちは、1993年に設立されて以来、「時の試練に耐えてきた」と指摘する。報告は、ドミニカが「第二の市民権のための非常に評判の良い目的地」であると結論付けている。さらに、ドミニカの快適な環境について「ドミニカのような国々は、緑豊かな自然、日光、きれいな空気、そして一年中緑豊かな果物と野菜へのアクセスを提供する」と述べている。

ルーズベルト・スケリット(Roosevelt Skerrit)首相は「われわれにとり、CBIを通じて市民となる外国人投資家は本当に価値のあるパートナーである。われわれは彼らをわが国民と呼び、彼らに故郷と呼ばれる本当に素晴らしい場所を提供できることを誇りに思う」と語った。

ドミニカ市民権取得を希望する個人や家族は、最初に一連のデューデリジェンスチェックに合格する必要がある。合格すれば、Economic Diversification Fund(経済多角化基金)(https://cbiu.gov.dm/investment-options/economic-diversification-fund/ )に最低10万米ドルを寄付するか、事前承認済みの不動産(https://cbiu.gov.dm/investment-options/approved-real-estate-projects/ )に最低20万米ドルを投資することができる。

申請はAuthorised Agent(認可代理人)(https://cbiu.gov.dm/dominica-citizenship/authorised-agents/ )を通じてのみ提出することができる。処理には平均3カ月かかる。Covid-19に鑑み、CBIUは認可代理人がオンラインで申請を提出することを一時的に許可した。この場合には申請書原本がその後に必要となる。

www.cbiu.gov.dm

cbiusecretary@dominica.gov.dm

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1249824/CBI_Index_Dominica_Infographic.jpg

ソース:The Government of Dominica

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ