プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Dreame Technology

消費者向けスマートテクノロジーの新興企業Dreame Technologyが約1500万米ドルを調達

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009084034-O1-a84K4OiW

AsiaNet 85443 (1490)

 
【北京2020年9月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*シリーズB+資金調達をIDG Capitalが主導

コードレス掃除機、ロボット掃除機、モップに特化した消費者向けスマートテクノロジー企業のDreame Technology(Dreame)は、シリーズB+資金調達で1億人民元(約1460万米ドル)を集めたと発表した。9月1日に実施された今回の資金調達は、IDG Capitalが主導し、Edge Ventures とPeak Valley Capital、既存株主のXiaomi CorporationとShunwei Capitalが参加した。Yunmu Capital が今回の資金調達で独占的財務アドバイザーを務めた。

IDG Capitalは、Dreameはインテリジェント製造業に特化した中国の次世代企業の模範であり、家庭用電気製品のスマートターミナルを作り、スマートホーム技術応用の限界を押し広げようとする長期ビジョンと合致していると指摘した。

Shunwei CapitalのLi Ruiパートナー は、最近のDreame製品は中国ブランドの技術的な強みを示しており、ShunweiがシリーズB+資金調達で引き続きDreameを支援したことは、Dreameチームとその製品を正当に評価していることの表れであると述べた。

Dreameの主要製品ポートフォリオは、掃除機とパーソナルケア製品の2主要分野を含み、同社は現在、高速モーター技術、空気力学、ロボット制御、VSLAM(カメラ画像による自己位置推定とマッピングの同時実行)の分野をリードしている。Dreameはこれまで、飛行時間(TOF)技術とVSLAM技術を組み合わせることにより、ロボット掃除機の障害物回避能力を強化してきた。

DreameのRoc Woo共同創業者兼マーケティング・セールス担当ゼネラルマネジャーは「イノベーションはDreameのDNAの一部であり、われわれは製品と技術から設計、マーケティング、マネジメントに至るまで、あらゆるブランド構築過程の領域で革新的であるよう尽力してきた。当社は年間売上高の12%を研究・開発(R&D)に再投資し、同業者に比べて3倍もコア技術の開発にコミットしている」と述べた。

Dreameはこれまでに270件の発明特許を含む840件以上の特許申請を公表した。

Dreameは11月初めに、150AWの超強力な吸引力と99.97%のろ過効率を特徴とする最新の携帯型コードレス掃除機T20を発売する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200907/2909584-1

▽Dreame Technologyについて
Dreame Technologyは世界のユーザーの生活の質を高めるというビジョンを掲げる革新的な企業で、2015年に創業した。同社は宇宙力学技術の活用による高性能の掃除機に重点を置いている。有力な消費者向けスマートテクノロジー企業としてDreame は2017年末、厳しい基準で知られるXiaomi Technology Ecosystem に加わった。
Facebook(https://www.facebook.com/dreameglobal )、
Instagram(https://www.instagram.com/accounts/login/?next=/dreame_tech/ ) 、
Twitter(https://twitter.com/Dreameglobal )でフォローを。

▽メディア問い合わせ先
Tianshi Yuwen
pr@dreame.tech
+86-400-875-9511

ソース:Dreame Technology

画像リンク先
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370801
写真説明:消費者向けスマートテクノロジーのスタートアップ企業のDreame TechnologyがIDG Capital主導によるシリーズB+資金調達で約1500万米ドルを調達

Dreame TechnologyがIDG Capital主導によるシリーズB+資金調達で約1500万米ドルを調達
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ