プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CBI Index

最良な投資先として成功するカリブの市民権:新たな2020年のCBI Index報告書

AsiaNet 85450

最良な投資先として成功するカリブの市民権:新たな2020年のCBI Index報告書

ロンドン、2020年9月8日 /PRNewswire/ — 9月7日、フィナンシャル・タイムズ紙の出版物であるプロフェッショナル・ウェルス・マネジメント(PWM)誌は、年次報告書の第4版を発表しました。「グローバル市民権のガイド: 2020年のCBI Indexhttp://cbiindex.com/reports )」CBI Indexは、世界で運用されている投資家市民権 (CBI)プログラムを評価し、投資によって第二の市民権を求める個人にとって最も重要とみなされる9つの分野または項目に対して、それらをランク付けしています。

世界で運用されている14のプログラムのうち、報告書はドミニカ連邦http://cbiindex.com/reports )およびセントクリストファー ネイビス連盟が2020年のCBI Indexランキングを上回っていることを発表しました。ドミニカは、プロセスの容易さ、およびより柔軟なプログラム利用者の適格性とのバランスをとることに成功し、信頼性のあるデューディリジェンスおよび優れた全体的評判を維持しています。一方、セントクリストファー・ネビス連邦は、迅速な処理時間および継続性においてゆるぎない高水準を維持しており、家族へさらにアピールすることに焦点を当てています。また、新しく発表された期間限定オファーでは、最大4人家族がファンドオプションを介して15万米ドルの市民権を得ることができるという、より家族に優しい解決手段に対する投資家のニーズに答えています。

昨年と同様に、グレナダhttps://www.cbi.gov.gd/ )、セントルシアhttps://www.cipsaintlucia.com/ )、アンティグア バーブーダhttps://cip.gov.ag/ )のカリブ海諸国は、ドミニカとセントクリストファー・ネビスに加わり、2020年のCBI Indexの上位5位を占めています。また、バヌアツ、マルタ、キプロス、モンテネグロ、トルコ、ブルガリア、オーストリア、カンボジア、ヨルダンもランキング入りしました。

2020年のCBI Indexは、以前は7つの分野であった判定項目に新たに「家族」および「利用者の確実性」を導入し、定住権および移動の自由の統合を実現しています。「家族」分野では、初回申し込みにおいて、近親および拡張家族を含めることの容易性が考慮されています。「利用者の確実性」では、持続性、人気と名声、安定性、評判および適応性の5つの重要な分野において、プログラムの安定性を調べています。これらの大きな調整は、より多くの家族の受け入れおよび信頼できるプログラムの必要性に向けた、投資家移民業界の変化を反映しています。COVID-19のパンデミックおよびその後の国境閉鎖により、多くの投資家は健康、安全、快適な環境を優先し、世界的な動きよりもコミュニティを優先してきました。

「国際旅行を阻止することで、COVID-19パンデミックは投資家およびより広い世界に、『家』の基本的な重要性を思い出させる効果がありました」と研究者は説明します。「家庭と市民権は密接に絡み合っています。市民権のみが、みなさんがいつまでもどこかに定住できるという確信を与えることができるからです。[…]そして、CBI Indexが強調しているように、投資による市民権と同じ規模で迅速かつ簡単な市民権の選択肢はほとんどありません。」

「現在の世界的な危機により、投資家は医療と生活水準に焦点を当てた代替市民権および居住オプションを模索しています。」とロンドンに本社を置く大手業界企業および政府アドバイザーであるCSグローバル パートナーズhttps://csglobalpartners.com/about-us/ )のCEO、ミカ・ローズ・エメットはコメントしています。 UBSのグローバル・ウェルス・プランニングの共同責任者、アンナ・ブルニョーリは、エメット氏の評価に賛同しています。 彼女は、カリブ海が優れた健康と経済危機に対して国がどれだけ効果的に対応したかということを、移住を求める富裕層は評価していると付け加えました。「私たちが目にしているのは、『適切な市民権を持っていますか?』といった質問です。」とブルニョーリ氏はPWMに語ります。

PWM編集長のユーリ・ベンダーは次のコメントをしています。 「COVID-19により、プライベートバンキングチームは日々の実践で目撃する多くのトレンドの触媒となっています。その一つが、投資家市民権(CBI)プログラムを利用して、グローバルな家族がそれぞれの家族構造および家族が抱く期待の両方を管理できるようにすることです。

レポート全文をダウンロードするには、ここをクリックしてくださいhttps://cbiindex.com/reports/ )。

CBI Indexについて
フィナンシャル・タイムズ紙の出版物であるProfessional Wealth Managementが毎年発表するCBI Indexhttps://cbiindex.com/reports/ )は、世界で運用されているすべての有効な投資に基づく市民権プログラムを包括的に評価して比較する唯一の独立した研究です。McKay Researchhttps://www.mckayresearch.com/ )の創設者である独立研究者のジェームズ・マッケイによって2017年に作成されたCBI Indexは、投資家移民業界に価値をもたらし、投資に基づく市民権を検討している個人や家族に実用的で意思決定ガイドを提供することを目的としています。

可視化情報 – https://mma.prnewswire.com/media/1249388/CBI_Index_Infographic.jpg
info@cbiindex.com
www.cbiindex.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ