プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ラストワンマイル協同組合

“ウィズ・コロナ”の今だから生まれたサービス。『置配便ミニ』、ラストワンマイル協同組合から新登場

基本はポストイン。厚さ10cmまで取り扱い可能、さらに宅配業界最安値運賃を実現した置き配システム

2020年9月4日
ラストワンマイル協同組合

 中小運送会社37社(‘20年9月1日現在)で組織するEC宅配のラストワンマイル協同組合(東京都府中市、理事長 志村直純)は、令和2年10月1日より、首都圏(一都五県)において新たに『置配便ミニ※』のサービスを開始予定です。

『置配便ミニ』のベースサイズは3辺の合計が60cm、重さは2kg以内。配達の基本はポストインで、入りきらない場合のみ、専用のデリバリーバッグに入れドアノブに掛ける方式を採用します。

 

お問い合わせ、お見積もりのご用命は ラストワンマイル協同組合事務局(府中市若松町3-28-7)まで。

  TEL042-319-9860 mail:2man@last1mile.info

 

  ※「置配便」は、組合員であるデリバリーサービス株式会社の登録商標です

 

◆現状では他社が取り扱いしていない、厚さ3.5cm以上の荷物にも対応

 取り扱う商品も多彩なEC業者様、荷主様のさまざまなお悩み、ご要望を聞いた過程で生まれたのが『置配便ミニ』。サイズは3辺の合計60cm、以内(最長辺34cm・厚さ10cm以内)、重さ2kg以内で、箱でも封筒でも配達可能です。現状、ポストインで送れる荷物は厚さ3.0cmが上限ですが、『置き配便ミニ』はこれを大きく越え、10cmまで配達対象としました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043936-O1-pa6Q0FDA

◆バイオマス製デリバリーバッグ採用の非接触配達

 配達の基本はポストインです。ポストに入りきれない場合は、組合オリジナルのバイオマス製デリバリーバッグに入れ、ドアノブに掛ける方式を採用します。ドアノブがない場合には玄関の前などに置き、お客様と直接接することのない非接触配達となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009043936-O2-hKl3xpF8

◆不要なスキームを除き、業界最安値を実現

 料金は、厚さ2.5cm、重さ1kg以内で150円から厚さ別に基本運賃を設定、業界最安値を実現しました。個々の運賃については、荷物の内容や条件を踏まえた見積りを行い、荷主様にご納得いただける運賃の提示を行います。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106111/202009043936/_prw_OT1fl_U5Adw70x.png

 ◆ラストワンマイル協同組合について

 ネット通販市場の目覚ましい拡大傾向に対し、通販配送業界には数多くの課題が生まれている。宅配便取扱数増加や配送ドライバー不足を原因に、業界全体の大幅な運賃の値上げや総量規制、遅配など配送の混乱が顕在化してきた数年前、荷主だけでなく運送業者を含む全ての課題を解決するための体制として、関東一都五県の中小の配送業者が集結してラストワンマイル協同組合が設立された。

 共同受注、共同配送のメリットを生かした混載配送を活用することで効率化を図り、荷主様の状況に応じて請負業務をカスタマイズすることにより、より安い運賃と遅延しない配達を実現している。昨年10月には大阪府へとエリアを拡大、同時に愛知県を中心とする東海地方でも拡大の準備中。今後はより高い品質とコンプライアンスを有する配送体制をめざし、配達スタッフの増員、教育にも力を入れている。

 新型コロナウィルス感染拡大化の現在、組合ではより安全、安心な宅配を実現するため、「非接触型配達」なども積極的に導入している。

 

ラストワンマイル協同組合 概要

設立   :2018年4月10日

代表者  :理事長 志村 直純

所在地  :東京都府中市若松町3-28-7

事業内容 :組合員を対象とした小口配送業務の共同受注、車両用燃料の共同購入、経営および技術の 改善向上、または組合事業に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供、福利厚生など

会員数  :37社

車両台数 :3800台

出資金  :1億2,900万円

URL   :https://lastonemile.org

ポストイン
ドアノブひっかけ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ