プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アデコグループ(Adecco Group)

アデコグループが米国のJordan Topoleski氏(20)を2020年「CEO for One Month」に選出

AsiaNet 85412 (1479)

 
【チューリヒ2020年9月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*不確実な時代にリーダーとなる次世代を育てる

*プログラムは「新たなリーダーシップのプロファイル」を重視し次世代のリーダーを育成する

*米国のJordan Topoleski氏(20)が、アデコグループのAlain Dehaze最高経営責任者(CEO)と共に働くGlobal CEO for One Monthに指名された

*アデコグループのCEO for One Month(1カ月間のCEO)プログラムは、ポスト・パンデミックの世界で求められる新たなリーダーシップのプロファイルを重視し、次世代のリーダーを育成する

*パンデミックは新たに必要とされる一連のリーダーシップ能力を要求し、こうした期待は現代のリーダーの再構築を加速する

米国のJordan Topoleski氏(20)は3日、アデコグループ(Adecco Group)の2020年Global CEO for One Monthに指名された。このプログラムは初めて完全にオンラインで行われた。CEO for One Monthプログラムは次世代のリーダーを育成するよう設計され、将来のリーダーがますます不確実性が高まる世界で成功するのに必要なスキルと資質の新たなプロファイルの出現を示すアデコグループの研究の情報を活用する。

34カ国から20万人を超す候補者が参加した8か月間の選考プロセスを経て、Jordan Topoleski氏は選出され、1カ月間アデコグループのAlain Dehaze CEOと共に業務を行う。彼は世界をリードするHRソリューション企業の日々の運営に貢献し、将来の仕事の世界を形作る助けとなる。

2月に開始された今年のCEO for One Monthの選考プロセスはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の要件に迅速に対応し、状況を利用して、困難な時代にリーダーとなることの意味について若者が考える手助けをした。選考プロセスは、34人の有能な若い明日のリーダーがアデコグループの各国CEOの下で業務体験をするよう選出された時点から始まった。その後10人のファイナリストが選ばれ、今週「バーチャルグローバル・ブートキャンプ」に参加し、一連の評価と演習を通じて能力を試されリーダーシップの可能性を進展させた。ブートキャンプの終了時にJordan Topoleski氏はGlobal CEO for One Monthに選ばれた。

今年のプログラムはポスト・パンデミック状況下の仕事で、とりわけリーダーに対する期待と成功するために必要な要件について、職場に劇的な変化が起きている時期に実施された。

過去の指揮統制によるアプローチは、より分散型のリーダーシップモデルに急速にシフトしている。「EQ(感情指数)の高いリーダー」であることは重要で、共感、信頼、幸福と文化の構築に重点を置くことが重要である。アデコグループの調査によると、パンデミックは一連の新たなリーダーシップ能力を要求しており、こうした期待は現代のリーダーの再構築を加速する。

*従業員の74%は、マネージャーが共感と支持的な態度を重視するリーダーシップスタイルを示すよう望んでいる

*従業員の70%は、パンデミック後は精神的健康へのサポートが彼らにとって重要だと答えている

「Z世代」を明日の指導者と評価するアデコグループが行ったさらなる研究により、多くの若者は成功に必要な資質を既に備えていることが判明した。報告書によると、演繹的推論や、世界観がどのように処理され戦略的問題に適用されるかを含む多くの分野で、「Z世代」グループは現在の多くのビジネスリーダーよりも強いリーダーシップの特徴を示した。

3日の発表について、アデコグループのAlain Dehaze CEOは次のように語った。
「Jordan Topoleski氏をアデコグループに迎えることができて非常に嬉しい。彼と共に働き、将来の仕事とリーダーシップに関する彼の知見に学ぶことを楽しみにしている。今年のCEO for One Monthの発表は、仕事の世界がパンデミック以前にわれわれが知っていた『通常』に決して戻る見込みのない極めて重要な時期に当たった。特に、職場環境の突然かつ劇的な変化は新たなリーダーシップのプロファイルに対する要求を加速した。現代のリーダーは、感情的知能を重視し自らを再構築する必要があり、ソフトスキルの開発は極めて重要になる。今回で10年目を迎えたCEO for One Monthプログラムは、不確実な未来でリーダーになるよう備える明日のリーダーを特定し、育成し、彼らから学ぶための優れた機会である」

2020年Global CEO for One Monthに選出されたJordan Topoleski氏は次のように述べた。
「とりわけ、仕事の世界全体で起こっている現在の変化の最前線にある企業で次のCEO for One Monthになることができてとても嬉しい。リーダーになるには歴史に残るような極めて困難な時期であり、自分のスキルをさらに磨き、仕事の未来を形作る一助となることを心から楽しみにしている」

▽CEO for One Monthについて
「CEO for One Month(1カ月間のCEO)」プログラムは、2011年にノルウェーで地域イニシアチブとして開始され、2014年からグローバル展開し、以来成長を続けアデコグループの主力イニシアチブになった。プログラムは、高い潜在性を持つ若者が非常に効果的な仕事ベースの学習を通じて雇用可能性とキャリア構築の見通しを拡大することを支援する。プログラムは、若者やサービスの行き届いていない人々の就労準備性を向上することを目指すAdecco Group Foundationの下で運営されている。2020年のプログラムへの応募は20万件を上回った。

ウェブサイト:www.ceofor1month.com
Facebook:https://www.facebook.com/ceofor1month
Twitter:https://twitter.com/CEOfor1Month
Instagram:https://www.instagram.com/ceofor1month/

▽アデコグループ(Adecco Group)について
アデコグループは世界的な大手人材ソリューション企業である。すべての人々の未来のため、日々350万人以上にキャリア構築の機会を提供している。60カ国で人材を訓練、開発、採用し、組織が将来の雇用を受け入れられるようにしている。Fortune Global 500の企業として手本となり、経済を刺激してより良い社会を構築する共通価値を創造する。同社の包摂性、企業家精神、チームワークの文化は従業員3万5000人を力づけ、Great Place to Work(R)の「世界で最も働きがいのある職場」に連続ランクインしていることを誇りにしている。

アデコグループAG(Adecco Group AG)はスイスのチューリヒに本社を構え(ISIN: CH0012138605)、スイス証券取引所に上場し(ADEN)、9ブランド(Adecco、Adia、Badenoch+Clark、General Assembly、Lee Hecht Harrison、Modis、Pontoon、Spring Professional、Vettery)でグローバル展開している。

詳細な情報は以下へ問い合わせを:
The Adecco Groupプレスオフィス
media@adeccogroup.com または +41 (0) 44 878 87 87
ウェブサイト:www.adeccogroup.com
Facebook:https://www.facebook.com/theadeccogroup
Twitter:@AdeccoGroup

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1197818/The_Adecco_Group_Logo.jpg

ソース:The Adecco Group

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ