プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL Electronics

TCLがIFA 2020で、第2世代AiPQ Engine、マルチカテゴリー、最新のスポンサーシップへのAIxIoT戦略を再宣言

AsiaNet 85399 (1472)

 
【香港2020年9月3日PR Newswire=共同通信JBN】世界のTV(テレビ)産業の支配的プレーヤーの1社で、革新的技術で生活をIntelligent(インテリジェント)にするというミッションを掲げる有力家電製品会社のTCL Electronics(1070.HK)はIFA 2020で、AiPQ Engine(TM) Gen 2、スマートなマルチカテゴリー(多数の部門にわたる製品)、最新のFIBAスポンサーシップによるAI x IoT戦略へのコミットメントを改めて宣言した。

TCL IFA 2020ハイライトは以下を参照。
https://www.tcl.com/exhibition/ifa2020.html

グローバルプレスキットは以下を参照。
https://drive.google.com/drive/folders/1Tv32KRrUNcEolGf4coWcBjRbexLmH-ka

▽グローバルマーケティングの成果
TCLは2020年前期で高い伸びを示した。不安定な経済にもかかわらず、TCLは世界で目覚ましいTV売上高を維持した。2020年第1四半期だけで、427万のTCLブランドのTVが販売され、TCL QLED TVの売上高は対前年同期比で217.1%増えた。

米国の小売市場占有率で、TCLブランドのTVは2020年第1四半期に第2位になった(注)。オーストラリア市場では、TCLは3月、第1位になった。TCLはまた、イタリアで16%、ドイツで15%、チェコで100%、ポーランドで38%、英国で100%と、それぞれ売上高を増加させ、フランスでは市場占有率で第3位だった。

▽ディスプレーの進展
人間の視覚における膨大な知識に匹敵する機械学習アルゴリズムによって駆動されるTCLのAiPQ Engine Gen 2は、さまざまなエンターテインメントコンテンツのジャンルと周辺視聴環境に応じたリアルタイムのオーディオビジュアル最適化によって、TCLの大型スクリーンTVの全可能性を発揮する。この最先端テクノロジーはまた、個別の地域の独自アプリケーション向けのオーディオビジュアル機能を世界でカスタマイズ可能にする。

TCLのAiPO Engine Gen 2は比類のない4K HDR体験のために、カラー、コントラスト、明瞭度を最適化する。TCLによるQLEDとMini-LEDテクノロジーの推進への継続的な取り組みと相まって、AiPO Engine Gen 2は、顧客がTCLの優れた4K表示機能ならびに迫力のあるカラーとコントラストの性能によってアップスケールされた非4K TVコンテンツを楽しむことを可能にする。

▽マルチカテゴリー
TCLは、IMAX Enhancedおよび8Kアソシエーション認定のX915、EISA Award受賞のC815など、2020年の同社QLED TVラインアップを展示した。TCLはまた、IFおよびEISA Award受賞のTCL TS9030 Dolby Atmos Ray·DanzサウンドバーとTS8111サウンドバーを紹介し、オーディオラインアップをさらに強化した。TCLはエアコンディショナーOcarinaとポータブルエアコンディショナーモデルのT-Smart、洗濯機Xシリーズ、Pシリーズ、Cシリーズ冷蔵庫も発売した。

モバイル機器では、TCLは最新のタブレットTCL 10 TABMAXとTABMID、TCL MOVETIME Family Watch MT43A、真の無線ヘッドフォンTCL MOVEAUDIO S200を発売する。TCLはスクリーンと紙の両方の利点を組み合わせることを狙ったTCL NXTPAPERテクノロジーも公開する。

▽スポーツ・スポンサーシップ
IFA 2020で、TCLはFIBAとのコラボレーションを強化し、FIBA Global Partnerとして国際バスケットボールコミュニティーへの帰属を継続することを発表した。

バスケットボールは単なるゲームではなく、多くの当社ファンにとって生き様である。このパートナーシップはTCLの最新製品およびテクノロジーによって、より高い可能性を「スイッチオン(発揮)」し、世界の当社ファンにバスケットボールを提供する。

(注)The NPD Group, Inc., US Retail Tracking Service, LCD TV, based on unit sales, Jan.- Mar. 2020 combined, March 2020, and April 5-11, 2020

ソース:TCL Electronics

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ