プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

Smart PV:砂漠に生命を吹き込む

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009033879-O2-7yTD356n

AsiaNet 85393 (1468)

 
【銀川(中国)2020年9月3日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)のSmart PV(太陽光発電)solutionはデジタル技術を利用して、太陽エネルギーを超効率的に電気に変換し、クリーンエネルギーの採用を促進し、より持続可能な世界を創造する。

クリーンエネルギーの採用

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2018年10月、工業化以前の水準から1.5℃の地球温暖化による影響に関する特別報告を発表した。報告は、地球温暖化を2°Cでなく1.5°Cに抑えれば、人間と自然生態系にとって明らかな利益となるだけでなく、結果的により持続可能で公平な世界をもたらすと指摘した。

報告は、地球温暖化を1.5°Cに抑えるためには、土地、エネルギー、産業、都市で「急速かつ広範な」移行を達成する必要があることも強調した。全世界の人為的な正味二酸化炭素(CO2)排出量は、2030年までに2010年の水準から約45%減少させ、2050年までに「正味ゼロ」を達成しなければならない。

クリーンエネルギーの利用を増やし、資源とエネルギーの利用効率を高め、より環境に優しいエネルギーインフラを開発することは、エネルギー危機と気候変動に対処するための基本である。

危機を機会に変える

ファーウェイとBaofeng Groupはいずれも、エネルギー不足、汚染、環境破壊などの問題に積極的に取り組んでいる。両社はテクノロジーの力を信じ、クリーンかつ効率的なエネルギーシステムの実際的行動を求める世界的な要請に応えつつある。

寧夏回族自治区の黄河東岸にあるBinhe新区は歴史的に砂漠が広がり過酷な生態系を形成している。

Baofeng Groupは2014年、アルファルファを植えることにより土壌を改良し、107平方キロの砂漠化した土地の管理を開始した。同社はその後、寧夏回族自治区で1000年前に遡る事業であるゴジベリー(クコの実)の植え付けを開始した。ゴジ農業はまた、これがなけれは死の砂漠が広がっていたはずの地域を復活させた。

Huawei Smart PVは、自然から与えられた土地資源を最大限に活用するため、ゴジ農園の上に太陽光発電システムを構築することによりBaofeng Groupを支援し、事実上、土地を緑で覆った。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2906156-1-a

ゴジ農業とスマートPVテクノロジーは完全に調和して統合され、太陽電池の自然のままの青い海が上に広がる「食用ルビー」の豊かな層を生み出している。これは、農業と太陽光発電という2つの補完的な産業が関わる混合土地利用の新しいモデルを表している。このモデルは、寧夏回族自治区のゴジ農業と新エネルギーの変革を先導している。

太陽の下で、砂漠はオアシスとなる

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2906156-1-b

計画されている1GWpの太陽光発電システムは、総面積20平方キロをカバーする。すでに建設された640MWのPV発電所は送電網に接続されており、スマート追跡装置を備えた世界最大のPV発電所を生み出している。

ファーウェイのsmart PV solutionは、世界をリードする水平単軸自動追跡技術を採用しているため、太陽電池パネルはヒマワリのように太陽を追跡することができ、従来のPV発電所と比較して発電量が大幅に向上する。

これまでの統計のストーリー

太陽光発電所は、土地の水分蒸発を30%-40%効果的に減らすことができる。

植生被覆率が85%増加し、同地域の気候が大幅に改善される。

Baofeng PV Parkは38億7500万kWhの電力を発電し(* 送電網に接続されて以来、2020年7月31日までに)、8000万本の木を植えることに相当する18億4100万キロのCO2排出量を削減した。

1年当たりの予想削減量

プロジェクトが完成すると、毎年55万7600トンの石炭が節約され、毎年CO2の排出量は169万5000トン、二酸化硫黄(SO2)は5万1000トン、窒素酸化物(NOx)は2万6000トン、粉塵は46万2000トン削減される。これにより、寧夏回族自治区のエネルギー部門の将来の成長のために、年間環境能力が約223万トン増加する。

太陽はまだこの土地に照り付けるが、かつて不毛だった果てしない砂漠は、未来と希望を表す経済的な青い海にゆっくりと変化してきた。これはすべて、時間と技術進歩のおかげである。

ファーウェイとBaofengは、寧夏回族自治区のゴジ農業と新エネルギーの変革を先導しつつあり、新しい技術、産業、ビジネス、モデルの開発を加速している。この新しい農業+PV、複数の土地利用モデルは寧夏回族自治区に新しい命をもたらすだけでなく、人間と自然が調和して共存する新しいエコシステムを構築し、世界に緑のシェードをさらに加える。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2906156-1-c

「私が初めてここに到着したとき、自分の元々のビジョンは環境の変化を助けることだった。ゴジ-PVプロジェクトがそれを実行し、地元農家にも利益をもたらすとは予想しなかった」-Baofeng Farmの従業員

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2906156-1-d

「土地は昔は不毛だったが、ゴジ・ベリーを植え太陽電池を設置したため、一年中仕事ができ、以前よりずっと暮らしやすくなっている」-寧夏回族自治区の村人

太陽光で世界に電力を供給

ファーウェイのSmart PV solutionは、砂漠を緑で覆い、寧夏回族自治区に新しい命を吹き込むテクノロジーを採用している。ファーウェイとBaofengは、新しい農業+PVモデルを引き続き使用し、クリーンエネルギーを生成し、砂漠地帯の気候を改善する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200903/2906156-1-e

ファーウェイは、世界中でより多くのパートナーと協力し、化石燃料への依存度を減らし、再生可能エネルギーに向けて積極的に取り組むことで、人類を省資源、環境に優しい低炭素の持続可能な開発の道に導くことを楽しみにしている。当社はテクノロジーの力を活用して、地球規模の気候変動に対応する新しいプラクティスを開発し、われわれの家である地球を保護し続ける。

ファーウェイのSmart PV solutionの詳細はhttps://solar.huawei.com/ を参照。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370480
写真説明:砂漠に生命を吹き込むSmart PV

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370482
写真説明:太陽光発電所でゴジ・ベリーを運ぶ従業員

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370483
写真説明:Baofeng Farmの従業員

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370484
写真説明:Baofeng Farmの従業員

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370485
写真説明:砂漠に生命を吹き込むSmart PV

砂漠に生命を吹き込むSmart PV
Baofeng Farmの従業員
Baofeng Farmの従業員
太陽光発電所でゴジ・ベリーを運ぶ従業員
砂漠に生命を吹き込むSmart PV
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ