プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

「Block 98 Project(ブロック ナインティエイト プロジェクト)」概要決定

2020年9月3日

大和ハウス工業株式会社
西日本鉄道株式会社

テキサス州ヒューストンにおける超高層賃貸住宅開発事業
「Block 98 Project(ブロック ナインティエイト プロジェクト)」概要決定

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と西日本鉄道株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長執行役員:倉富純男、以下「西日本鉄道」)は、アメリカ合衆国(以下、「米国」)テキサス州ヒューストンにおいて進めている、超高層賃貸住宅開発事業「Block 98 Project(ブロック ナインティエイト プロジェクト)」(以下、「ブロック98プロジェクト」)の概要が決定しましたのでお知らせします。

 同事業は、大和ハウス工業の米国現地法人Daiwa House Texas, Inc.(ダイワハウス テキサス)と西日本鉄道の米国現地法人NNR Realty Investments USA, Inc.(エヌエヌアール リアルティー インベストメンツ ユーエスエー)、米国大手不動産会社Trammell Crow Company, LLC(トラメル クロ― カンパニー)の子会社であるHigh Street Residential(ハイストリート レジデンシャル)などが2019年11月25日に設立した「Block 98 Houston LLC(ブロック ナインティエイト ヒューストン)」を通じて行うプロジェクトです。
 「ブロック98プロジェクト」は、テキサス州ヒューストンのダウンタウンに位置した、地上43階建ての超高層賃貸住宅を開発するプロジェクトで、総戸数307戸、敷地面積1,860㎡、延床面積66,084㎡、竣工は2023年4月を予定しています。

●ポイント
1.地上43階建て、総戸数307戸の超高層賃貸住宅プロジェクト
2.人口増加が著しいテキサス州ヒューストンでの賃貸住宅開発事業
3.ヒューストンのダウンタウンに位置した好立地

1.地上43階建て、総戸数307戸の超高層賃貸住宅プロジェクト 
 当プロジェクトは、テキサス州ヒューストンのダウンタウンに位置した、地上43階建て、総戸数307戸の超高層賃貸住宅を開発するプロジェクトです。
 共用部には、入居者専用の会議室、コワーキングスペース、クラブルーム、屋外でバーベキュー等が楽しめる屋外テラスを設置。また、ドアマンを配置するなど、セキュリティに配慮しています。あわせて、最上階の43階には屋外プールを設置し、ヒューストンのダウンタウンの景色を楽しむことができます。
 間取りは、幅広いお客さまにご満足いただけるよう、スタジオタイプ(※1)から1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルーム、ペントハウス(※2)の5種類26パターンと多彩な間取りをラインアップしました。
※1.ワンルームタイプのこと。
※2.上層階に設けられるメゾネットタイプ等の特別仕様の部屋のこと。

2.人口増加が著しいテキサス州ヒューストンでの賃貸住宅開発事業
 テキサス州ヒューストンは、テキサス州の南東部に位置し、人口約700万人、全米第5位の人口を誇る都市圏(※3)です。人口増加予想によると、2019年の約700万人から2023年には約780万人に増加する予定です。
※3. ヒューストンを中心とするHuston-The Woodlands-Sugar Land(ヒューストン・ザ・ウッドランズ・シュガーランド都市圏)。

3.ヒューストンのダウンタウンに位置した好立地
(1)公園やショッピングセンターに徒歩圏内
 ヒューストンのダウンタウン中心地には、湖や芝生の広場、イベントが行えるステージなどがある約48,500㎡(※4)の広さを誇る公園「Discovery Green(ディスカヴァリー・グリーン)」があり、年間300件以上のイベントが実施されています。
 また、MLBベースボールスタジアム「Minute Maid Park(ミニッツメイド・パーク)」(ヒュートン・アストロズの本拠地)やNBAバスケットボールスタジアム「Toyota Center(トヨタセンター)」(ヒューストン・ロケッツの本拠地)なども徒歩圏内に位置しています。
 あわせて、当プロジェクトは、ダウンタウンにある大型ショッピングモール「The Shops at Houston Center(ザ・ショップス・アット・ヒューストンセンター)」と一部のオフィスビルが、空中歩道でつながっているため、天候を気にせずオフィスやショッピング、レストランに行くことができます。
※4. 東京ドーム約1個分。

(2)交通利便性の高い立地
 当プロジェクトから徒歩2分の場所には、ライトレール駅「Convention District(コンベンション・ディストリクト)」があり、交通の利便性の高い場所に位置しています。
 また、国際空港「George Bush Intercontinental Airport(ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港)」まで車で約30分、「William P. Hobby Airport(ウィリアム・P・ホビー空港)」まで車で約20分と、全米をはじめ、世界各地へもアクセスが良い立地です。

■建物概要
名称:「Block 98 Project(ブロック ナインティエイト プロジェクト)」
事業主:Block 98 Houston LLC(ブロック ナインティエイト ヒューストン)
所在地:808 Crawford Street, TX 77002
テキサス州ヒューストン クローフォードストリート808
建物用途:1階:ロビー等、2階~12階:駐車場(420台)、14階:共用部、14階~42階:住居、43階:屋外プール
主な共用設備・サービス:会議室、コワーキングスペース、クラブルーム、屋外テラス、屋外プール、フィットネスルーム、駐輪場、トランクルーム、コンシェルジュ、ドアマン、トランクルーム、ゲストルーム2戸他
敷地面積:1,860㎡ 
建築面積:1,803㎡
延床面積:66,084㎡ 
賃貸可能面積:34,028㎡
総戸数・構造・階数:307戸・RC造・43階建て(高さ:132m)
着工:2020年7月13日
竣工予定:2023年4月
入居開始予定:2022年6月(完成済みの住居より入居開始)
一戸あたりの居住面積 :56㎡~320㎡
間取り:スタジオタイプ27戸、1ベッドルーム 183戸、2ベッドルーム 75戸、3ベッドルーム 18戸、ペントハウス 4戸
家賃:20万円台~160万円台
総事業費:約150億円

■事業主体
会社名:Block 98 Houston LLC(ブロック ナインティエイト ヒューストン)
<出資会社>
Daiwa House Texas, Inc.(大和ハウス工業 米国現地法人)
NNR Realty Investments USA, Inc. (西日本鉄道 米国現地法人)
Trammell Crow Company, LLCの子会社High Street Residential他
設立日:2019年11月25日
事業内容:不動産開発等

■各社概要
<大和ハウス工業株式会社>
 1955年4月5日、「建築の工業化」を企業理念に創業。以来、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、事業施設(物流施設、医療・介護施設等)、環境エネルギーなど幅広い領域で事業を展開しています。
 米国では、1976年に「ダイワハウス コーポレーション オブ アメリカ」を設立し、分譲住宅1万戸を建設しました。その後、2011年に再進出し、これまでに11物件、約4,300戸の賃貸住宅を手掛けてきました。また、2017年には米国東部で戸建て住宅事業等を行うスタンレーマーチン社、2020年2月には米国西部で不動産開発事業等を行うトゥルーマーク社がグループ入りし、米国事業の拡大を進めています。

<西日本鉄道株式会社>
 1908年12月17日、前身会社「九州電気軌道株式会社」設立。「まちに、夢を描こう」を企業メッセージとして掲げ、福岡を中心とした北部九州を事業基盤とし、鉄道・バスの運輸業を中核に、商業施設の運営や住宅などの不動産業、ホテル・レジャー業、流通業など地域の生活に密着した幅広い事業のほか、国際物流事業では、世界28カ国・地域116都市(2020年6月末現在)に展開しております。海外における不動産開発としては、分譲住宅を中心に、2015年のベトナム進出以降、インドネシア、タイおよび米国に進出し、現在までに13プロジェクト(約20,000戸)に参画してまいりました。米国では、収益不動産開発事業として2018年から賃貸住宅開発、2019年から物流施設開発を進めております。

<High Street Residential(ハイ ストリート レジデンシャル)>
 High Street Residentialは、Trammell Crow Company(トラメル クロー カンパニー)の全額出資子会社で、集合住宅の開発を専門としています。都市型複合住宅地開発の他、既存施設の再開発等に関して多くの実績があります。過去15年間に手掛けたプロジェクトは合計15億  ドル超にのぼり、現在は約3,500戸の案件を擁しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ