プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本映画放送株式会社

「てなもんや三度笠」 第10回 衛星放送協会オリジナル番組アワード 編成企画部門 最優秀賞受賞

2020年9月1日
日本映画放送株式会社
時代劇専門チャンネル

第10回 衛星放送協会オリジナル番組アワード“編成企画部門 最優秀賞” 受賞

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O3-y74e577L
半世紀ぶりに奇跡の復活!「てなもんや三度笠」
さらに、時代劇専門チャンネルにて10月より第2弾の放送決定!

 日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 杉田成道)が運営する時代劇専門チャンネルにて、2019年に約半世紀ぶりに放送された「てなもんや三度笠」が、「第10回衛星放送協会オリジナル番組アワード」<主催:一般社団法人衛星放送協会(東京都港区、会長 小野直路)>で編成企画部門 最優秀賞を受賞しました。
 9月1日(火)、東京・大手町のよみうり大手町ホールで授賞式が開催され、本作を演出した澤田隆治氏が登壇。当時の放送事情や、素材の問題を乗り越えて、半世紀ぶりに番組が放送された思いを語りました。

 
澤田 隆治 氏コメント
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O13-JmI5OO12
 「5 0年前位に、ソニーのオープンリール方式のビデオテープレコーダーで収録された「てなもんや三度笠」を放送しようと企画された時代劇専門チャンネルのスタッフの熱意に感謝しております。さらに作品の放送だけでなく、特別番組として解説をつけることも企画。舞台装置が評判だった番組のクオリティを引き継ごうと、おなじみの辻堂(道端に建っている仏堂)を中心に時代劇のセットを再現し、当時のゲスト出演者を集め、徳光和夫さんの司会で解説をつけるという番組作りにかけた情熱と愛情は、放送を見て電話をかけてくれた当時のスタッフが絶賛していたものです。87歳、生きていてよかったと思いました。」
<澤田隆治 87歳 演出家・プロデューサーとして、「新婚さんいらっしゃい!」、「花王名人劇場」、「ズームイン!!朝!」などを手掛ける。>

 
■「衛星放送協会 オリジナル番組アワード」とは・・・
 一般社団法人衛星放送協会が2011年、専門チャンネルの強みを生かして制作された優れたオリジナル番組や、話題性のある編成企画を表彰すると共に、その認知度の向上を目的に創設したテレビ賞。

 

【作品紹介】「てなもんや三度笠」
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O9-dQ5yzr6P
 1960年代、最高視聴率64.8%を記録し、大流行語「あたり前田のクラッカー」を生み出した、藤田まこと×白木みのるの名コンビで人気を博した伝説の番組。
 昨年、時代劇専門チャンネルで約半世紀ぶりに放送。デビュー間もない山本リンダやザ・タイガースがゲストのお宝回から、放送以来1度も目にすることのできなかった幻の回などが放送された。

 
<概要>
渡世人・あんかけの時次郎(藤田まこと)と小坊主・珍念(白木みのる)が全国の街道を旅しながら各地で騒動に巻き込まれていく時代劇風コメディ番組。毎回、当時の豪華スターたちがゲストとして行く先々の登場人物を務め、藤田・白木のてなもんやコンビと軽妙なやりとりを見せた。
ABCホールでの公開収録形式で、収録ではあったが基本一発本番で行われた。

<「てなもんや三度笠」の“ここ”が伝説>
①平均視聴率37.5%、最高視聴率64.8%(ともに関西)を記録した、元祖お化け番組!
②半世紀たってなお残り続ける名フレーズ「あたり前田のクラッカー」
③とにかく全てが規格外!公開収録中の舞台で、本物の大砲に火薬を入れてぶっ放す!
④クレイジーキャッツ、ザ・タイガース、山本リンダ、コント55号、舟木一夫、橋幸夫、横山やすし・西川きよし」etc。
映画スター、歌手、コメディアン、アイドル問わず当時のスターは全員出演!
⑤「新婚さんいらっしゃい!」、「花王名人劇場」、「ズームイン!!朝!」を創った男・澤田隆治の最高傑作。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O10-fex0aE21
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O11-X6LO9M3a
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013749-O12-qqfhn1H7
原作:香川登志緒 演出:澤田隆治 音楽:野口源次郎 殺陣:的場達雄 タイトル:川串誠 制作:朝日放送
レギュラー出演:藤田まこと/白木みのる/財津一郎(第218話‐第255話/第270話‐第309話)
放送: 1962年5月6日~1968年3月31日 (全309回)

 
<放送情報>
時代劇専門チャンネルにて、10月4日(日)よる9:00~ 5週連続放送!
※現存する素材の中から、映像状況等を加味して選定した10話を放送

●10月4日(日)よる9:00
 第301話 「長島の難船」(1968年)
     出演:山本リンダ/西川きよし/横山やすし/石田暎二/トニー谷/EHエリック/
        ザ・タイガース(沢田研二/岸部おさみ(現・岸部一徳)/瞳みのる/加橋かつみ/森本太郎)
 第250話 「深川の脱走」(1967年)
     出演:美川憲一/ミヤコ蝶々/平参平/晴乃チック・晴乃タック/前田五郎

●10月11日(日)よる9:00
 第252話 「柳橋の乱戦」(1967年)
    出演:南利明/野川由美子/三角八郎/丸井太郎/関敬六/芦屋雁之助/里見浩太郎(現・里見浩太朗)
         かしまし娘(正司歌江/正司照江/正司花江) ほか
 第253話 「本願寺門前」(1967年)
    出演:野川由美子/金田銀八/芦屋雁之助/千葉信雄/玉川良一/里見浩太郎(現・里見浩太朗) ほか

●10月18日(日)よる9:00
 第254話 「花の御殿山」(1967年)
     出演:野川由美子/三角八郎/丸井太郎/関敬六/千葉信雄/玉川良一/里見浩太郎(現・里見浩太朗) ほか
 第255話 「上野の戦争」(1967年)
     出演:野川由美子/千葉信雄/金田銀八/三角八郎/丸井太郎/芦屋雁之助/芦屋小雁/
        里見浩太郎(現・里見浩太朗) ほか

●10月25日(日)よる9:00
 第258話 「日野の悪玉」(1967年)
     出演:てんぷくトリオ(三波伸介/戸塚睦夫/伊東四朗) /水原弘/南利明/瀬戸わんや/獅子てんや
 第259話 「八王子の女侠」(1967年)
     出演:清川虹子/てんぷくトリオ(三波伸介/戸塚睦夫/伊東四朗)/京唄子/鳳啓助/佐々十郎
        穂坂光子/穂坂玲子/岡八郎 ほか

●11月1日(日)よる9:00
 第268話 「月の鰍沢」(1967年)
     出演:三田明/てんぷくトリオ(三波伸介/戸塚睦夫/伊東四朗)/平凡太郎/西尾三枝子
        西川きよし/横山やすし ほか
 第269話 「身延の寄進」(1967年)
     出演:水前寺清子/てんぷくトリオ(三波伸介/戸塚睦夫/伊東四朗)/南利明/京唄子/鳳啓助
        佐々十郎/藤村有弘/坂田利夫 ほか

「てなもんや三度笠」©朝日放送テレビ
「てなもんや三度笠」©朝日放送テレビ
「てなもんや三度笠」©朝日放送テレビ
「てなもんや三度笠」©朝日放送テレビ
「てなもんや三度笠」©朝日放送テレビ
澤田隆治氏
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ