プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GAC MOTOR

GAC Tech Dayで水素燃料電池技術が注目され、GACの科学力の深さと技術能力を強調

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009013742-O1-q0lFua9H

AsiaNet 85332 (1438)

 
【広州(中国)2020年8月31日PR Newswire=共同通信JBN】GAC Groupは最近開催されたGAC Tech Day 2020で、2つの主要プラットフォーム技術と3つの未来志向技術を含む同社の最新の科学的かつ技術的成果を公開した。GAC Groupの現行イノベーションを推進するのは、従来の燃料動力を組み込んだGlobal Platform Modular Architecture(GPMA)とGAC Electric Platform(GEP)2.0である。これらのプラットフォームに基づき、GAC Groupは3つの技術的な躍進を発表した。それは、ADiGO 3.0インテリジェントドライビング相互接続エコシステム、液体水素燃料電池車両Aion LX Fuel Cell、3DGグラフェン調製技術であり、これらの有力技術によってGAC Groupは近い将来にさらに多くを達成することが可能になる。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200831/2903236-1

今回のイベントで、GACは最初の水素燃料電池自動車Aion LX Fuel Cellを公開し、高速の充電、長いバッテリー寿命、公害なしという主要なメリットで主な業界ウオッチャーやメディアを魅了した。Aion LX Fuel Cellはゼロカーボン排出の車両に向けた環境にやさしい人気のソリューションになると期待されており、業界専門家は水素燃料電池車両の出現を称賛した。

GAC Groupは戦略として気候問題の議論を最優先にしており、21世紀の「究極エネルギー」として知られる液体水素ベースのクリーンエネルギーに焦点を合わせている。水素燃料電池車両は、有望な発展の可能性を秘めた未来志向の技術になった。

GAC Groupは、Aion LX Fuel Cellの発売を通じて水素燃料電池技術で業界をリードする優位性を達成した。GEP 2.0プラットフォームで開発されたこの液体水素ベースの車両は、GAC Groupが独自開発した水素燃料電池システムを装備している。

GACの水素燃料電池車両は、現在の再生可能エネルギー車両の問題を解決することを実証した。第1に、これは毎回の充電にわずか3-5分しかかからず、大半の電動車両の充電時間よりも短い。第2に、この車両のNEDC走行距離は650キロを超え、国際水準に到達している。第3に。この車両はセ氏マイナス30度という低温気候での点火、走行の問題も解決する。ワンボタンの低温始動は、走行距離に影響を与えることなく外部熱源なしで実現されている。最も重要なことに、排出するのはただの水だけであり、搭載されたフィルターエレメントは呼吸域粉塵の99%をフィルターするため、汚染を軽減するだけでなく周囲の空気を浄化する。

Aion LX Fuel Cellは全面的にアップグレードされ、安全性期待値を上回っている。オリジナルモデルAion LXの5つ星の安全性に基づき構築されたAion LX Fuel Cellは、32km/hの側面支柱衝突や80km/hの後部衝突などの難しい安全試験も通過した。

テクノロジーとデジタル化の波に乗って、GAC Groupは技術革新において業界全体にわたる戦略的なロードマップの策定でリードしてきた。GAC MOTORは近年、海外市場で急速に発展してきた。GroupはGAC Groupの強力な科学的および技術的な支援によってサポートされ、最先端技術のドライビング体験を世界中の人々に提供し、人類のためのモビリティーのライフスタイルの価値を創造していくことにコミットしている。

ソース:GAC MOTOR

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370218
画像説明:Aion LX Fuel Cell

Aion LX Fuel Cell
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ