プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロン株式会社

人や物との距離を3次元でリアルタイムに測定する組み込み型TOFセンサモジュール「B5Lシリーズ」を発売

~機械の目となる3Dセンサーで高い外乱光耐性、長寿命を実現し、活用シーンが広がるロボットの普及に貢献~

                                                                                                                     2020年9月1日

                                                                                                                 オムロン株式会社

 

人や物との距離を3次元でリアルタイムに測定する 組み込み型TOFセンサモジュール「B5Lシリーズ」を発売~機械の目となる3Dセンサーで高い外乱光耐性、長寿命を実現し、 活用シーンが広がるロボットの普及に貢献~

オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長 CEO: 山田義仁)は、組み込み型3D TOFセンサモジュール「B5Lシリーズ」を9月1日から日本国内、10月1日からグローバルで発売します。「B5Lシリーズ」は、独自の光学設計技術により太陽光の下でも広範囲の3次元距離情報を安定して測定でき、また長期間の連続稼働にも耐えられる機器組み込用途に最適化された仕様となっています。これにより、周囲の状況をより正確かつ簡単に把握することができる「機械の目」として、人々の生活シーンで活用が進む自律走行ロボットを始めとした機械・機器の自律化と普及に貢献します。

 

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008313666-O2-sM5s0dm2】 3D TOFセンサモジュール「B5Lシリーズ」

近年、自律走行ロボットは、労働力人口の不足や、コロナ禍での3密回避による省人化ニーズの高まりにより、工場や物流倉庫内の搬送などの産業用途のみならず、公共施設や病院、駅、商業施設での使用も広がっています。また、搬送などの単純作業に加え、アームを搭載することで部品の組立てなどのより高度な作業領域での活躍も期待されています。こうした多様な環境下で、ロボットなどの機械・機器の自律化を実現するためには、人や障害物、段差を避けるため周囲の状況を3次元で正確に把握する3D視覚センサーが必要不可欠です。しかし、従来この用途で主に使用されているカメラや2D LiDARでは、検出範囲が限られるため、複数の機器を組み合わせる必要があり、構造が複雑化するといった課題がありました。

今回発売する「B5Lシリーズ」は、0.5~4.0mの近距離で、広範囲の人や物との距離をリアルタイムで測定できる3Dセンサモジュールです。検出原理にTime of Flight(ToF)を採用しながらも、独自の光学設計技術により、ToFの弱点であった太陽光下でも安定した検出を実現することで、様々なシーンでより正確に対象物との距離が検知できるようになります。また、機器への組み込みに最適化した高精度±2%(検出距離:2m時)、連続駆動5年相当*¹もの長寿命を備えてモジュール化するとともに、温度補正機能などを内部搭載して設計者側の補正処理を不要とすることで、幅広い用途で活躍する自律走行ロボットなどの機器への搭載が容易となります。

この「B5Lシリーズ」はロボットのみならず、介護見守りなど、プライバシーを保護しながら、広範囲で動きまわる人を検知する必要がある用途での使用も可能です。

 

オムロンは、今後も、人と機械を快適につなげるセンサーなどの先進的な電子部品をグローバルに提供し、さまざまな場面における人々の暮らしを支え、スマート社会の実現に貢献してまいります。

 

主な用途

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008313666-O3-zpix2LDV

 

 

 

 

 

 

 

活用イメージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008313666-O4-IYsri0UP

 

 

 

 一般カメラ画像(屋外)        3D TOFセンサモジュール【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008313666-O5-Z3HBOwl1

 

 

   一般カメラ画像(屋内)       3D TOFセンサモジュール

            【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008313666-O6-GCMEW5L3

             ※屋外、屋内ともにボード位置は1m、2m、4m

 

主な特長

(1)耐外乱光    強い太陽光耐性だから、明るい場所でも飽和せず、安定検出。

                    耐太陽光強度100,000lx 相当に対応。*²

(2)高精度       補正済みの信号出力で高精度を実現。±2%(検出距離2m時)

(3)長寿命       独自の回路設計と放熱設計により長寿命を実現。連続駆動5年相当。*¹

(4)干渉防止    相互干渉防止機能付き。(最大17台 業界最多クラス)*³

                    ロボットなど複数台を同時使用するアプリケーションにも最適

 

主な仕様 定格/性能仕様

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102197/202008313666/_prw_PT1fl_3a30759e.png

*¹ 長寿命:2020年3月 当社調べ(当社評価方法 周囲温度20℃、湿度:65%RH を基準にした信頼性加速度試験結果)による)

*² 耐太陽光強度100,000lx:使用条件によっては機能や性能が低下する場合もあります。

*³ 干渉防止機能(最大17台):2020年3月 当社調べ(ただし、製品仕様を保証するものではありません。)

*⁴ フレームレート、距離精度: 距離精度および繰返精度は、以下の条件。 ①弊社測定環境による ②周囲温度:25℃ ③標準モード/ LED投光周波数ID = 8(デフォルト)

*⁵ 電源投入から通信可能になるまでの時間

*⁶ 電源投入から性能が安定するまでの時間

 

TOF センサモジュール「B5Lシリーズ」について

商品の詳細は、以下ページをご参照ください。

https://www.omron.co.jp/ecb/product-detail?partNumber=B5L

 

<オムロン株式会社について> 

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、社会システム、ヘルスケアなど多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約30,000名の社員を擁し、約120の国と地域で商品・サービスを提供しています。詳細については、https://www.omron.co.jp/ をご参照ください。

 

■事業に関するお問い合わせ先/一般のお客様からのお問い合わせ先

  オムロン株式会社 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー 

  事業統轄本部 アプリ商品事業部 事業企画部

  TEL:075-344-7146

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ