プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ランゲージワン株式会社

ランゲージワンは帝都典礼の葬祭事業に24時間365日対応の3者間多言語電話通訳サービスを提供いたします

2020年9月1日
ランゲージワン株式会社
https://www.languageone.qac.jp/

  ランゲージワン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井 純一、以下 ランゲージワン)は、帝都典礼株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 荒井行雄、以下 帝都典礼)の葬祭事業に 2020年9月1日より24時間365日・6ヶ国語対応の多言語電話通訳サービスを提供開始いたします。

【提供サービス概要】
 ・対応言語
   英語・中国語(北京語)・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語(6ヶ国語)
 ・対応時間
   24時間365日
 ・電話相談窓口に 3地点3者間通訳を提供
 ・ご遺族のご自宅や帝都典礼の支社・支店・自社会館などで、受話器受け渡しによる
   2地点3者間通訳を提供

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008253411-O2-p7J8k3HE

【サービス開発の背景】
  日本国内の在留外国人(特別永住者・中長期在留者)は年々増加傾向にあり、2019年末時点で前年度比7.4%増の293万3,137人と過去最高となりました。(※1)
 在留・在日外国人の増加に伴い、葬式・葬祭事業ではさまざまな宗教・宗旨での葬式・葬祭への対応が求められています。

 帝都典礼は仏式・神式・キリスト教・無宗教など、あらゆる宗教・宗旨で、家族葬(※2)から社葬・国葬(※3)まで幅広く対応している昭和21年創業の葬儀専門の企業です。
 このたび帝都典礼では、日本語でのコミュニケーションが困難な外国人遺族や参列者への対応力強化として、電話受付窓口やご遺族の自宅や支社・支店・自社会館などに三者間通話に対応した多言語電話通訳を導入することとなりました。

 ランゲージワンは24時間365日対応の多言語コールセンター(※4)による3者間電話通訳サービスで、帝都典礼と外国人遺族や参列者間のコミュニケーションを6ヶ国語対応でサポートいたします。

 【参考】
  ◆法務省ホームページ
   ※1「令和元年末現在における在留外国人数について」
     http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00003.html
  ◆帝都典礼ホームページ
   ※2「家族葬、葬儀・葬式のことなら帝都典礼へ」
     https://teitotenrei.co.jp/
   ※3「帝都典礼株式会社」
     https://teitotenrei.co.jp/shaso/index.html
  ◆ランゲージワンホームページ
   ※4「多言語ソリューション」
     https://www.languageone.qac.jp/solution/

  ランゲージワンの多言語通訳サービスは・安心のセキュリティ・高い業務品質・豊富な経験と実績により高い評価をいただいています。
 ランゲージワンは引き続き、多言語通訳ソリューションサービスの提供を通じて官公庁・自治体・医療機関・教育機関・企業のご担当者さまと、在日・訪日外国人とのコミュニケーションの向上をお手伝いしてまいります。

 本プレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
掲載している情報は発表時点のもので、その後予告なしに変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ランゲージワン株式会社はキューアンドエーグループの関係会社です
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008253411-O1-YDa16OJu
【本リリースに関するお問い合わせ】
 ランゲージワン株式会社
 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6 笹塚センタービル 5F
 TEL: 03-6301-1001 FAX:03-3372-2757
  Homepage:https://www.languageone.qac.jp/
  お問い合わせフォーム: https://www.languageone.qac.jp/contact/ 

ランゲージワンは帝都典礼の葬祭事業に24時間365日対応の3者間多言語電話通訳サービスを提供いたします
キューアンドエーグループ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ