プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Absolute Markets Insights

自動採血管ラベラーと検体輸送箱市場の現状、成長機会、上位キープレーヤー、2027年までの予測-Absolute Markets Insightsのレポート

AsiaNet 85282 (1409)

 
【プネ(インド)2020年9月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*自動採血管ラベラーと検体輸送箱の2018年の世界市場規模は9725万ドルで、2027年までに年率6.1%の成長を遂げ、1億3815万ドルに達すると予測されている。

このレポートのサンプルの入手は以下まで
https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=649

*検査室やその他の医療施設では、持ち込まれる検体量の急増を受け、何らかの形の自動化によって作業ペースを維持しており、自動採血管ラベラーや検体輸送箱の需要が高まっている。また、これらの機器は、できるだけ早期にケアを提供できるよう、検査結果が出るまでの所要時間を短縮してくれる。

*COVID-19パンデミックは、効果的なワクチンを開発するための臨床研究活動を加速させている。こうした活動が、抗体やその他の試験で使用される多数のチューブにラベルを貼る自動採血管ラベラーの需要を生み出している。

*北米地域は、2018年の自動採血管ラベラーと検体輸送箱の世界市場で最大のシェアを占めた(https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Automated-Blood-Tube-Labeler-and-Specimen-Transport-Box-Market-2019-2027-649 )。アジア太平洋地域では、交通事故や感染症の増加により多くの血液検査が行われるようになるため、予測期間中に最高の成長率を記録すると予測されている。

購入前の問い合わせは以下まで
https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=649

*自動採血管ラベラーと検体輸送箱市場で事業展開しているプレーヤーは、Advance International Corp、Ambica Pharma Machines Pvt. Ltd.、Brooks Life Sciences、CPC Diagnostic Pvt Ltd.、Energium Co., Ltd、Fresenius Health Care Group(Fresenius Kabi India Pvt. Ltd)、HERMA GmbH、小林クリエイト株式会社、KPI Healthcare India Pvt Ltd.などである。

この詳細な調査研究は、自動採血管ラベラーと検体輸送箱市場の定性的、定量的分析を提供している。需要側の分析は、地域全体、さらには全ての主要国全体の市場収益をカバーしている。供給側の分析は、主要な市場プレーヤーとその地域的、グローバルなプレゼンスと戦略をカバーしている。地域別の分析は、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米の各主要国に重点を置いている。

このプレミアムレポートの全文の入手は以下まで
https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/Automated-Blood-Tube-Labeler-and-Specimen-Transport-Box-Market-2019-2027-649

▽Absolute Markets Insightsについて
Absolute Markets Insightsは、製品、市場、マーケティング、競合他社、および顧客に関するインサイトを提供することで、貴社がビジネス上の決定を下す際のパートナーになることを目指している。(https://www.absolutemarketsinsights.com/about_us )を参照。

▽問い合わせ先
Email id: sales@absolutemarketsinsights.com
Contact Name: Shreyas Tanna
Phone: +91-740-024-2424

Logo:https://mma.prnewswire.com/media/831667/Absolute_Market_Insights_Logo.jpg

Photo:https://mma.prnewswire.com/media/1244160/Global_Automated_Tests_Market.jpg

ソース:Absolute Markets Insights

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ