プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

UL

UL 3300調査概要が消費者、サービス、教育ロボットの安全性前進をサポート

AsiaNet 85314(1427)

【ノースブルック(米イリノイ州)2020年8月31日PR Newswire=共同通信JBN】
*ULの史上初の消費者向けおよび業務用ロボット認証ドキュメントの導入で、人間とロボットとの相互作用の安全性の懸念に対処

安全科学の世界的リーダーであるULはサービス、通信、情報、教育、娯楽(SCIEE)ロボットの調査概要(Outline of Investigation、OOI)であるUL 3300(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2901725-1&h=2655258081&u=https%3A%2F%2Fwww.shopulstandards.com%2FProductDetail.aspx%3FproductId%3DUL3300_1_O_20200824&a=UL+3300 )を発行した。このドキュメントは、多方向移動、火災・衝撃の危険、外部操作、ユーザークラス、使用環境に焦点を当て、ロボット操作の安全性を評価するために使用される要件を説明している。SCIEE(「スカイ」と発音)ロボットは通常、人間の近くで動作するため、この概要は、人がいるさまざまな環境でのロボットの安全な動作に重点を置いている。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

UL消費者テクノロジー部門のMichael Sakamoto上級マネジャーは「ロボット技術とアプリケーションは、産業・製造セグメントから公共・商業スペースに、そして家庭内に急速に拡大し、人々の生活の質を支援、改善している。この傾向が加速するにつれ、ロボットと人間の相互作用に関連するものを含む、追加的な安全上の懸念事項を特定して対処する必要がある」と語った。

急速な技術進歩により、オープンスペースでさまざまなタスクを実行し、人と一緒に作業できる新世代のロボットが生まれている。次世代ロボットは、すでに産業および製造部門の主力となっているが、食料品店、ホテル、空港、銀行、ショッピングモール、歩道や公園などの公共スペースなど、従来とは異なる環境で利用されている。さらに、ロボットはますます家庭に出現している。一人暮らしをする人が増えるにつれ、サービスロボットは世帯に歓迎される追加となることができる。International Federation of Robotics(IFR)が開催したWorld Robotics 2019でのプレゼンテーションによると、国内および専門のサービスロボット部門は、今後3年間で年平均40%超成長すると予測されている。IFRによると、同部門はすでに172億ドルの産業だが、COVID-19によりパンデミックに対処するためのソリューションの積極的な開発が推進されている。

ロボットは効率と生産性を向上させるために利用されている。最新のロボット技術革新により、顧客サービスの向上、業務の柔軟性の向上、ブランド価値の向上にも活用されつつある。ブランド、マーケティング、顧客体験のリーダーシップからビジネスストラテジストやIT責任者まで、組織のすべての領域でロボットへの関心が高まっていることから、ロボットの安全な導入と運用は、特に公共ドメインで、世界中のビジネスにとって重要な関心事となっている。

Sakamoto氏は「UL 3300は、ロボット安全基準の開発、技術委員会、業界のワーキンググループへの積極的な参加とリーダーシップに示されるように、ますます複雑化する消費者および業務用ロボットに対処する方法を示している。革新的なロボットテクノロジーの迅速な市場投入を支援するわれわれのチームは、製品設計段階の早い段階でロボット機器・部品メーカーと協力して、潜在的な安全問題を先取りし、最終的損益と顧客の信頼に影響を与える後期段階の生産遅延を回避する準備を整えている」と語った。

ULの非営利子会社であるUL Standards division of Underwriters LaboratoriesはUL 3300 OOIをシードドキュメントとして使用して、コンセンサス標準を開発するプロセスを開始しつつある。標準テクニカルパネルへの参加を申し込むには、Underwriters LaboratoriesのDeborah Prince標準プログラムマネージャーに問い合わせを。UL 3300のコピー購入は、https://shopULstandards.com にアクセスを。詳細な情報ないし評価および/または製品認証の見積もりのリクエストはctech@ul.com にコンタクトを。

▽ULについて
UL は、科学の活用によって安全、セキュリティー、サステナビリティ(持続可能性)における課題を解決し、よりよい世界の創造に寄与する。そして、先進的製品/技術の安全な導入を実現することで、信頼を高める。UL のスタッフは世界をより安全な場所にするという情熱を共有している。第三者調査および規格開発から、試験、認証、分析/デジタルソリューションの提供まで、ULはすべての業務を通じて、グローバルな幸福の改善をサポートする。企業、業界、政府、規制当局、一般市民は、より賢明な意思決定を下せるようにわれわれを信頼している。詳細はwww.UL.com を参照。ULの非営利活動についてはUL.org を参照。

▽メディア関係問い合わせ先
Steven Brewster, UL
steven.brewster@ul.com
1+847.664.8425

ソース:UL

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ