プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

「 大和ハウスグループ統合報告書 2020 」発行

2020年8月31日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井敬一
大阪市北区梅田3-3-5

「 大和ハウスグループ統合報告書 2020 」発行

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2020年8月31日、「大和ハウスグループ統合報告書 2020」を発行しました。
 当社では、2016年より「大和ハウスグループ統合報告書」を発行し、株主・投資家をはじめとしたステークホルダーの皆さまに、中長期的な企業価値向上を目指す当社グループの事業展開を紹介しています。
 本書では、経営ビジョンに掲げる「人が心豊かに生きる社会の実現」のために、マテリアリティ(経営課題)の解決に向けた取り組みを紹介しています。
 また、より実効性の高いコーポレートガバナンスの実現に向けた「大和ハウスグループのガバナンス強化策」の取り組みや、不動産開発事業の考え方についても説明しています。
 ESG投資が注目される中、当社は本書を株主・投資家の皆さまとの建設的な対話のためのコミュニケーションツールとして活用することで、持続的な成長と企業価値の向上を目指します。

●「大和ハウスグループ統合報告書 2020」の概要
第1章 価値創造ストーリー
世の中に役立つ「事業の推進」と事業を支える「基盤の強化」の好循環によって社会課題を解決する大和ハウスグループの価値創造プロセスや、最大の強みである複合的な事業提案力を紹介し、将来像について説明します。

第2章 CEOメッセージ
第6次中期経営計画の1年目を振り返るとともに、ガバナンス強化策や、新型コロナウイルス感染症への対応と影響について説明します。

第3章 事業の推進
大和ハウスグループの事業を取り巻く社会課題と、各事業における事業戦略や今後の取り組みについて説明します。

第4章 基盤の強化
価値創造の源泉である3つの基盤(人財、顧客、技術・ものづくり基盤)の強化と環境への取り組み、経営体制について説明します。

第5章 CFOメッセージ
第6次中期経営計画における投資計画の進捗や、財務戦略、株主還元について紹介します。

■「大和ハウスグループ統合報告書 2020」について: https://www.daiwahouse.com/ir/ar/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ