プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Locus

Locusがガートナーの輸送業界のハイプ・サイクル2020でサンプルベンダーに選ばれる

AsiaNet 85299 (1418)

 
【サンフランシスコ2020年8月27日PR Newswire=共同通信JBN】流通における人間の判断を自動化するB2B SaaSのグローバルカンパニーであるLocusは27日、ガートナー(Gartner)の「輸送業界のハイプ・サイクル2020(Hype Cycle for Transportation Industry, 2020)」(注1)で、ラストマイルデリバリー・ソリューションズ(Last-Mile Delivery Solutions)のサンプルベンダーに選ばれたと発表した。ガートナーは世界有数のリサーチ&アドバイザリー企業である。

ガートナーは調査リポートの中で「これらのソリューションは、ルートを再計画してディスパッチャーがプロセスをコントロールするという従来のルーティングおよびスケジューリングを採用している。これらのソリューションの多くはAIとマシーントレーニングを使用して最適化プロセスを加速し、リアルタイム情報に基づいて発生と影響を予測する」と指摘した。

Locusプラットフォームはディープマシーンラーニングと独自のアルゴリズムを使用し、ルート最適化、リアルタイムトラッキング、インサイト、アナリティクス、ビート最適化、効率的なウエアハウス管理、車両の配車・利用などのスマートな流通ソリューションを提供する。Locusは同社の戦略的なコンサルティングを提供して、企業がエンドツーエンドのサプライチェーンを最適化することも支援する。

Locusは現在、東南アジア、北米、欧州、インドの有力クライアントと提携している。Locusは米国、インド、インドネシア、ベトナムにオフィスを構えている。同社の経営陣には、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、バークレイズ・キャピタル、Google、BlueDart(DHLの子会社)の幹部に加え、カーネギーメロン大学やイリノイ大学の博士号を持つデータサイエンティストが含まれている。

LocusのNishith Rastogi最高経営責任者(CEO)は「COVID-19パンデミックによってラストマイルデリバリーがより一層重要になった。顧客の期待が高まるにつれ、ラストマイルデリバリーは企業の成功にとってより重要性をまし、事実上ブランド間の重要な差別化要因になる。われわれはガートナーの『輸送業界のハイプ・サイクル2020』でサンプルベンダーに選ばれ、ラストマイルデリバリー・ソリューションズが『高い』ベネフィット評価を受けたことを大変うれしく思う」と語った。

さらにLocusは最近、ガートナーの「車両ルーティングおよびスケジューリングのマーケット・ガイド(Market Guide for Vehicle Routing and Scheduling)」リポート(注2)で代表的ベンダーにも選ばれた。

同社はこれまでに、Tiger Global、Falcon Edge、Blume Ventures、Exfinity Venture Partners、growX venturesなどのティア1投資家から2900万ドルを調達した。

ガートナーのサブスクライバーは、ウェブサイトにログインして、調査リポート全部を読むことができる。

(注1)Gartner, “Hype Cycle for Transportation Industry, 2020,” Ivar Berntz, Venecia Liu, Thierry Kuperman Le Bihan, Pedro Pacheco, 13 August 2020.

(注2)Gartner, “Market Guide for Vehicle Routing and Scheduling,” Oscar Sanchez Duran, Bart De Muynck, 23 June 2020.

▽ガートナーの免責事項
ガートナーは、調査出版物に記載されているベンダー、製品、サービスを推奨しているのではなく、テクノロジーユーザーに、最高評価またはその他の評価をされたベンダーのみを選択するよう勧めてもいない。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述と解釈されるべきではない。ガートナーは、商品適格性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本調査に関する明示的または黙示的な一切の保証を拒否する。

▽Locusについて
Locusはサプライチェーンの中で人間の決定を自動化する、ディープテックプラットフォームであり、ロジスティクス事業に効率性、透明性、一貫性を提供する。

このプラットフォームは、ディープマシーンラーニングと独自のアルゴリズムを活用し、ルートの最適化、リアルタイム追跡、知見と分析、持ち場の最適化、効率的な倉庫管理、車両配置と活用など、優れたロジスティクス・ソリューションを提供している。Locusは東南アジア、インド亜大陸、欧州、北米で1日に200万件を超すデリバリーの原動力となっている。詳細はwww.locus.shを参照。

▽メディア関係問い合わせ先
Marketing@locus.sh

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1197609/Locus_Logo.jpg

ソース:Locus

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ