プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

成都ハイテク産業開発区

テンセントが成都ハイテク産業開発区に新たなカルチャーおよびクリエーティブ本部を設置

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008273559-O1-g16vVuwU

AsiaNet 85280(1407)

 
【成都(中国)2020年8月26日PR Newswire=共同通信JBN】中国最大の統合インターネットサービスプロバイダーで、世界のトップ500社の1つであるテンセント(Tencent)は、成都での投資を増強し、カルチャーおよびクリエーティブ産業に進出した。テンセントは最近、同社の新しいカルチャーおよびクリエーティブ本部プロジェクトで、成都ハイテク産業開発区(Chengdu High-tech Zone(CDHT))との投資・協力協定に調印し、このテクノロジー巨大企業にとって中国初となる重要機能本部を開設する。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200826/2899949-1

総投資額50億人民元に上るテンセントの新しいカルチャーおよびクリエーティブ本部は、成都のニューエコノミー活性化地区であるCDHT南部パークに設置される。これは、ゲーム、eスポーツ、アニメーション、ビデオ、文化観光などの新しいカルチャーおよびクリエーティブ企業の育成に重点を置き、IPオペレーション、ゲーム&アニメーション、eスポーツコンテスト運営、ライブストリーミング、リブロードキャスティングなどの産業チェーンのアップストリームおよびダウンストリーム企業を誘致し、テンセントの新しいカルチャーおよびクリエーティブ産業エコシステムを構築する。

テンセントは2012年から、IPを同社のコアコンピタンスと位置付けてきた。「pan-enntertainment」戦略の下で、テンセントはゲーム、文学作品、アニメーション、映画・テレビ、eスポーツなど、さまざまなデジタル事業をカバーしながら、徐々にデジタルカルチャーエコシステムを構築し、国内外の多数の分野で指導的地位を獲得した。

テンセントに加え、アリババ、NetEase、バイドゥ、Kuaishou、iQiyi、VIPkid、その他のニューエコノミーの業界最大手による投資プロジェクトが今年、連続して開始され、成都ハイテク産業開発区のニューエコノミーの活力を発揮した。

成都は近年、戦略的選択肢としてニューエコノミーの開発と、新しい成長要因の開拓に取り組み、都市部の変革を促進してきた。ニューエコノミー活性化指標で中国第3位にランク付けされる成都は、ニューエコノミー開発にとって最適な都市になることを急いでいる。

成都のニューエコノミー開発で優位に立つ成都ハイテク産業開発区は、5G通信・人工知能(AI)、ネットワークオーディオ&ビデオ・デジタルカルチャー創造、ビッグデータ・ネットワークセキュリティー、その他のニューエコノミー産業に重点を置き、成都でのニューエコノミー活性化地区の建設を推進している。

統計によると、成都ハイテク産業開発区は、9万以上のニューエコノミー企業が所在し、383社の成長株の中小企業、5社のユニコーン企業を育成してきた。

ソース:Chengdu High-tech Zone

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=369998
画像説明:成都のニューエコノミー活性化地区

成都のニューエコノミー活性化地区
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ