プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

JA Solar Technology Co., Ltd.

JAソーラーが韓国最大の太陽光・風力ハイブリッドプロジェクトにモジュールを供給

AsiaNet 85276 (1408)

 
【北京2020年8月26日PR Newswire=共同通信JBN】JAソーラー(JA Solar)は、韓国最大の山岳太陽光発電所プロジェクトにモジュールを供給したと発表した。同プロジェクトは、93MWの容量があり、40MWの既存の風力発電所敷地内に建設されている。新たに太陽光発電所を導入することで、この風力・太陽光ハイブリッドプロジェクトはこの分野で韓国最大となり、総設備容量は133MWとなる。

風力・太陽光ハイブリッドプロジェクト全体では、約3万世帯のニーズを満たす年間1億2000万kWhの電力の生成および年間約300億ウォン(約2500万米ドル)の収入をもたらすと見込まれている。93MWの太陽光発電所は、年間約5万6000トンの温室効果ガス排出量を削減することが期待されている。これは植林されている松の木31万本の量に相当する。

このプロジェクトは、土地の効率的な利用を高めるとともに、クリーンエネルギーに対する韓国市場の増大する需要を満たすため、太陽光発電所の施設には風力発電所の予備地を使用する。この風力発電と太陽光発電の新しいアプリケーションにより、電力供給の信頼性は向上し、コストは削減される。

この最新プロジェクトは、太陽光発電の技術開発に焦点を当てながら、再生可能エネルギーの革新的なアプリケーションを積極的に探求するというJAソーラーの継続的な取り組みの一環だ。JAソーラーはこれまで、中国・青海省のHuanghe Hydropowerの供給量490MWの超高電圧(UHV)送電プロジェクト、北海道での32MWの太陽光+備蓄プロジェクト、マレーシアでの初の両面二重ガラス+追尾装置プロジェクトなどで、最新テクノロジーと太陽光発電製品を組み合わせたプロジェクト向けモジュールを提供してきた。当社は、高度太陽光発電製品のこれらの革新的なアプリケーションを通じて、継続的に太陽エネルギーの効率的な使用と開発を推進している。

JAソーラーは、2011年に韓国の太陽光発電市場に参入して以来、自社の高品質の製品とサービスにより、急速に成長するこの太陽光発電市場で、優れた評判と忠実な顧客基盤を築いてきた。JAソーラーの高効率製品は、韓国産業規格(KS)の製品認証を取得しており、地元の業界メディアや顧客に評価されている。JAソーラーは2018年、韓国支店を正式に設立し、現地の顧客によりタイムリーで効率的なサポートとサービスを提供している。2019年には、South Korea Solar/ESS Industryの「Best Market Performance Award(最優秀市場業績賞)」 を同支店が受賞した。

ソース:JA Solar Technology Co., Ltd.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ