プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Arcelik

Arcelik、コロナウイルスに苦しむ国々へ人工呼吸器を継続的に提供

AsiaNet 85259

– Defy(南アフリカにあるArcelikの子会社)が、人工呼吸器製造の功績を称えられ、英国ロイヤルエンジニアリングアカデミーより感染症予防に関する学長特別賞を受賞しました。

– このイニシアチブは同社のコロナウイルス支援事業の一環として実施されたものです。6月時点でArcelikは5,000台の救命用人工呼吸器を生産し、国内と海外の医療機関に提供しました。

【イスタンブール、2020年8月25日、PRNewswire】ケンブリッジ大学オープン人工呼吸器システムイニシアチブチームが、欧州を代表する消費者用品メーカーArcelik、その子会社であるBeko(イギリス)とDefy(南アフリカ)と共同で、感染症予防に関する学長特別賞を受賞しました。この賞はロイヤルエンジニアリングアカデミーより、感染症拡大に際して発展途上国向けに安価で人工呼吸器を提供しようという同チームの功績を称えて授与されたものです。

ロイヤルエンジニアリングアカデミーの賞は、社会に対して素晴らしい貢献をした、最も秀でた工業開発努力を表彰するものです。

同イニシアチブではケンブリッジ大学の専門家達が、南アフリカで高性能人工呼吸器を製造することを目指し、南アフリカのDefyとDenel、イギリスのProdriveとBeko、そしてトルコのArcelikから成るグローバル開発チームを立ち上げました。この人工呼吸器は、アフリカ大陸で製造される初の集中治療用人工呼吸器となりました。

このチームは研究、デザイン、製造、検査といった分野の広範な専門知識を結集することで、対費用効果の高い人工呼吸器の大量生産を可能にしました。この人工呼吸器はImpiloと名付けられ、クワズール・ナタール州にあるDefyのJacobs工場で生産されます。

この事業はArcelikによるコロナウイルス支援事業の一環で、支援事業全体としては現在までにトルコの自社電化製品工場で5,000台の救命用人工呼吸器を生産し、非営利で国内外の医療機関に提供してきました。そのうち2,607台はすでに世界18カ国に届けられていますが、その中にはアフリカでコロナウイルスの大打撃を受けているソマリア、チャド、ナイジェリア、ニジェールやリビアといった国々も含まれています。Arcelikの擁する先進技術と製造能力、販売チェーン 、ブランド力といった要素が、今回他機関や企業との協働により、特にアフリカでより多くの人命を救助するために役立っています。

ArcelikのCFOでサハラ以南アフリカでのビジネスを任されているポラット・セン氏は、「素晴らしい学者やエンジニア達とともに、このオープン人工呼吸器システムイニシアチブに関わることができ光栄に思います。ロイヤルエンジニアリングアカデミーの受賞は大変誇らしいことで、このイニシアチブが発展途上国に大きな影響を与えるものだと実感しています。我が社のチームはコロナウイルスとの戦いにおいて素晴らしい功績を残しました。今回の事業は、業界の垣根を超えた協働という点でお手本となるものです。Arcelikは各ビジネス、政府と共に世界中でコロナウイルスに立ち向かっていくことで、社会に貢献できる企業でありたいと願っています。」とコメントしました。

Arcelik(アルチェリッキ)について
世界中に3万人を超える従業員、12のブランド(Arcelik、Beko、Grundig、Blomberg、ElektraBregenz、Arctic、Leisure、Flavel、Defy、Altus、Dawlance、Voltas Beko)、34カ国に営業およびマーケティングオフィス、9カ国に23の製造施設を有するArcelikは、140カ国以上で製品とサービスを提供しています。数量ベースの市場シェアランキングで欧州第2位の白物家電企業であるArcelikは、2019年に50億ユーロの連結売上高を達成しました。収益のほぼ70%を国際市場から得ているArcelikは、トルコの研究・開発(R&D)リーダーであり、トルコの15のR&Dおよび設計センターと5カ国にまたがるR&Dオフィスの1600人の研究者の努力により、これまでに3000以上の国際特許を出願しています。
www.arcelikglobal.com

Impiloについて:
Impiloはフル性能の人工呼吸器です。従って、患者が鎮静状態にある場合に強制換気モードで使用することも、起きている間に自発呼吸をしていて補助的に人工呼吸が必要な場合(補助換気モード)にも、また、自発呼吸モードでも使用することができます。

Impiloのプロトタイプは英国の医薬品・医療製品規制庁(MHRA)とWHOの人工呼吸器に関するガイドラインに従って生産されました。次に生産前段階バージョンがイギリスと、南アフリカのDefyとDenelランド・システムにおいて生産されました。そして現在本生産に向けて、南アフリカでの販売用バージョンがDefyアプライアンスとDenelランド・システムにより急ピッチで進められています。

写真: https://mma.prnewswire.com/media/1243290/Arcelik_Ventilator_Guney_Afrika.jpg
写真: https://mma.prnewswire.com/media/1243291/Arcelik_Impilo_Ventilator.jpg
ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/839270/Arcelik_Logo.jpg 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ