プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

Arm Treasure Dataと プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始

2020年8月26日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、Arm Treasure Dataと
プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始
―Cookieやアプリ、個人情報関連など様々な分野において同意取得に対応、
プライバシー保護を徹底したDX推進を実現―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、英Arm社の日本法人であるトレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:内海 弦 以下、Arm Treasure Data)と共同で、企業のプライバシーマネジメントに関するサービスを提供開始します。国内外における個人情報保護の重要性が高まる中、ウェブサイトの閲覧履歴を記録する「Cookie」だけでなくアプリや個人情報関連など様々な場面でのユーザーへの個人情報データの同意取得を行うほか、同意取得後のデータ利用停止請求権等への対応も含めた適正なプライバシーデータ保護を徹底し、積極的なデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を推進します。

昨今、企業によるマーケティング活動は、オンライン上のユーザーのデータ収集や活用が重要な戦略手段となっています。一方で、個人データ利用規制に対する社会や消費者のニーズも強まり、海外では2018年に欧州でEU一般データ保護規則(GDPR)が施行されるなど個人データ保護規制が強化されています。また日本でも、今年6月に事業者の個人情報の取り扱いについての規制を厳格化した改正個人情報保護法が成立しました。

欧米では、プライバシー保護に対応しながら企業のビジネス活動を支援する新しいテクノロジー「プライバシーテック」が普及しており、特に、ウェブサイト訪問者に対して個人情報データ収集や利用目的についての同意を取得・管理するツール、CMP(同意管理プラットフォーム:Consent Management Platform)の導入が進んでいます。

一方、日本では多くの企業がプライバシーマネジメントを基調としたマーケティング活動への移行に課題を抱いています。法規制に対する「守り」の姿勢を優先するあまりマーケティング活動に注力できないほか、法律とITインフラを適合させた実務面でのノウハウ不足など、様々な課題に直面しています。

このような背景から、マーケティング全領域におけるソリューションへの知見及び顧客体験設計に専門性がある電通デジタルは、CMP導入を通じてあらゆる場面でのユーザーへの個人情報データ収集等の同意取得を行い、データ利活用を推進してきました。この度、欧米企業向けのGDPR対応を通じたプライバシー保護への実績を有するArm Treasure Dataとノウハウを掛け合わせ、本サービスを提供します。

具体的には、多種多様のデータ統合連携が可能なカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP※」を活用しデータ活用戦略設計から同意済みデータの施策連携をワンストップで行い、最適な顧客体験を創出します。従来のプライバシーマネジメントは、CMP導入による同意取得のみにとどまっていましたが、CMPとArm Treasure Data CDPの連携によって同意取得後に起こりうるユーザーからのデータ利用停止請求等への対応も行い、プライバシーデータの一元管理を可能にしました。さらにはそのデータを活用し、CRM等の各種プラットフォーム施策、広告配信、分析レポーティングなど様々な顧客体験価値を生み出し、企業のDX推進を一気通貫でサポートします。

これにより、クライアント企業は、プライバシーデータ管理運用への作業を負担することなく徹底したプライバシー保護のもとでマーケティング活動に注力し、事業成果を最大化することができます。

<プライバシーマネジメントのサービス概要>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202008243410-O1-zxSduHC4

また、電通グループとして先行開発しているマイデータ・インテリジェンス社が提供するCMPサービスに加え、電通デジタルは、Trust360(Priv Tech社)などの国内法対応ソリューションから、OneTrust(OneTrust社)など海外法対応ソリューションまで、顧客企業のニーズに応じて多岐にわたるCMPの導入支援を行っています。

今後も電通デジタルは、Arm Treasure Dataとの連携を強化し、プライバシー保護に対応した適切なデータ活用によるマーケティング施策を提供し、攻守両面からクライアント企業の事業成長をサポートしてまいります。

<本サービスにおける両社の役割>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202008243410-O2-7v7sZXmK

※:Arm Treasure Data CDPについて
顧客一人ひとりのオンライン・オフラインでの行動から収集するデータやIoTデバイスが生成するデータなどを統合することで、優れた顧客体験の提供やデジタルによるビジネス変革を可能とするプラットフォームです。

【株式会社電通デジタルについて】https://www.dentsudigital.co.jp/
電通デジタルは、2016年7月に国内電通グループのデジタルマーケティング専門会社として設立しました。デジタルマーケティングの全領域に対して、「コンサルティング」、「開発・実装」、「運用・実行」の機能を持ち、統合的で最先端のマーケティングサービスを提供しています。テクノロジーやデータ、クリエ―ティブなど各領域のプロフェッショナルが、電通グループ各社との連携によりシナジーを創出し、クライアントの事業成長パートナーとしてビジネスの成功に貢献します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ