プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Apstra

Starview Internationalがクラス最高のデータセンター・ネットワーク・オートメーションに向け、Apstraを組み入れるために製品を拡大

AsiaNet 85216 (1377)

 
【メンローパーク(米カリフォルニア州)2020年8月24日PR Newswire=共同通信JBN】インテントベースのネットワーキングおよびデータセンター・ネットワークを自動化する多国籍ソフトウエア企業のパイオニアであるApstraは24日、Starview Internationalが、Apstra Partner Advantage(APA)ProgramでPlatinum Partner Statusを獲得したと発表した。Starview Internationalは、SVIブランドのオプティカルネットワーキング製品・付属品の付加価値のあるディストリビューターおよびサプライヤーとしての Apstraの卓越性基準を満たすことでこのレベルの資格を獲得した。Starview Internationalは、Apstraとの緊密な戦略的および技術的な連携に取り組んでいる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1166841/Apstra_Logo.jpg

Starview InternationalのマネジングディレクターであるYuh Joo Choo氏は「ネットワークの自動化がオープンシステム・アプローチにとって非常に重要なので、当社の顧客に効率的で費用対効果の高いネットワーキングソリューションの提供を広げるには、最高の技術を必要とした。Apstraの価値と、当社のネットワーク、コンピューティング、ストレージの取り組みとを連携させることで、説得力がある自然なパートナーシップが実現した」と述べた。

Starview Internationalはこのほど、Apstraのパートナープログラム・トレーニングを修了した。これによってすべてのパートナーは、新しい収益機会を生み出し、収益性と利幅を増やし、ApstraのAOSを使用して補完的な付加価値サービスを作り出せるようになる。同社の4人の販売スタッフと2人の技術スタッフがPlatinum Statusの基準を満たした。

ApstraのJeff Jones国際販売担当副社長は「複数のハードウエアベンダーやオープンネットワーキング製品と連携する柔軟なソフトウエアを求めるアジア太平洋の企業が急増している。当社のオープンなアプローチにより、Starview Internationalは顧客のニーズを満たす確固たる地位を築き、収益性を向上させるだろう」と述べた。

▽Apstra Partner Advantage Programについて
2020年3月に導入されたApstra Partner Advantage Program for Channel Partnersは、ビジネス上の利点を生み出すため、パートナーが自社のデータセンター・ネットワークに高度な自動化と検証を導入出来るように設計されている。Apstraと連携することで、チャンネルパートナーは販路を拡大し、Apstraのパートナーエコシステムの専門知識とコネクションを利用し、ビジネスを成長させながら自社の顧客ニーズに対応するのを支援することができる。

Apstra Partner Advantage Programの詳細については、https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2891486-1&h=524561919&u=https%3A%2F%2Fapstra.com%2Fcompany%2Fpartners%2F&a=here を参照。

▽Starview Internationalについて
Starviewは、オープンシステムの大手ディストリビューターだ。Starviewはまた、オープン・プログラマブル・トランシーバーの設計と製造を行っており、シンガポール、米国、中国、オーストラリアでこの技術の特許を所有している。オープンシステムのトータルソリューションを備えたStarviewは、ネットワーク、コンピューティング、ストレージのソリューションを提供し、コモディティのハードウエアと商用サポートされているオープンソース・ソフトウエアの最適な組み合わせを使用することで、顧客がプライベートクラウドを構築するサポートをする。オープンシステムに基づくクラウドインフラストラクチャーは、ソフトウエアで定義されたネットワーク、コンピューティング、ストレージリソースの弾力性を備え、ベンダーロックインなしに、世界最大のクラウドプロバイダーと同様の利点を顧客に提供する。2010年に設立されたStarviewは、今日のオープンシステムを可能にするオープンシステムのハードウエアおよびソフトウェアベンダーの最高のプロバイダーを代表する。

▽Apstra, Incについて
Apstra(R)は多国籍ソフトウエア企業で、データセンター・ネットワークのアーキテクチャーおよび運用を自動化する統合ソリューションを提供している。Apstraのフラグシップ製品であるAOSは、組織がネットワークの設計、構築、展開、運用のあらゆる側面を自動化することを支援し、ネットワークを迅速かつ確実に変更するとともに、人的資源を有効活用して、ハードウエアのベンダーロックインから脱却することを可能にする。AOSを使用する組織は、OpExの80%以上の削減、アジリティーの99%向上、70%以上の信頼性の向上を体験している。AOSは、Apstraの高度なインテントベース・アナリティクスを使用し、ネットワークの正当性を絶えず確認しており、このため複雑性、脆弱性、障害を排除しセキュアでレジリエントなネットワークを実現する。

Apstraは2014年、定評があり実績があるネットワーキング業界リーダーのDavid Cheriton、Mansour Karam、Sasha Ratkovicの3氏によって創設され、米カリフォルニア州メンローパークに本社を置き世界中にオフィスを展開している。

▽問い合わせ先
Sarah Erickson
Walker Sands for Apstra
sarah.erickson@walkersands.com
312-561-2491

ソース:Apstra

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ