プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HEVC Advance

HEVC Advance、VVCライセンスプログラム概要案を発表 – VVCおよびHEVC複合ライセンスを含む

AsiaNet 85204

 
HEVC Advance、VVCライセンスプログラム概要案を発表 – VVCおよびHEVC複合ライセンスを含む

特許プールフォーカス分野の拡大に伴いAccess Advance LLCへの名称変更も発表

ボストン, 2020年8月20日 /PRNewswire/ —  映像符号化技術分野での大手独立ライセンスアドミニストレーターであるHEVC Advance LLC(「Advance」)は本日、過去数カ月間にわたる特許権者50社近くとの協議の結果としてVVCライセンスプログラム概要案のリリース(7月に初回配布)を発表しました。AdvanceのHEVCプログラムの成功をベースとする同ライセンスプログラムは、「映像コーデック用Advanceライセンスプラットフォーム」を確立するものです。Advanceが2021年開始を予定している同プラットフォームのライセンス構造は、スタンドアロン型「VVCプラットフォームライセンス」、スタンドアロン型簡略版「HEVCプラットフォームライセンス」、そして最も重要な、VVC技術とHEVC技術の両方を用いる製品に大幅な割引を提供すると期待される「HEVC + VVC複合プラットフォームライセンス」を提供します。Advanceの現在のHEVCライセンス(現在または将来のライセンシーが望む限り提供を続ける予定)に比べ、この新しいプラットフォームライセンス構造は簡素化され、現在また将来のライセンシーがいつでも一つ以上のプラットフォームライセンスに容易に移行することを可能とするものです。同プラットフォーム構造では、将来に別の次世代映像技術を効果的に追加することも可能となります。

「VVCライセンスプログラム概要案のリリースを、過去数カ月間にわたり我々との協議にご協力いただいた多数のライセンサーや他の特許権者の皆様に発表できることを非常に喜ばしく思います」とAdvanceのピーター・モーラー(Peter Moller)CEOは述べています。「MC-IFプロセスでの意見を含め、市場では特許権者と特許実施者の双方ができる限り速やかにVVCに対するライセンスの透明性と、複数の映像コーデックを一つのライセンスプラットフォームにシームレスに統合できるライセンス構造を希望していることが明らかになりました。料金や他の特定の条件に関して最終合意に達するためになおも作業を行う必要はあるものの、概要案は幅広い承認を得られる構造を提供し、大多数のステークホルダーのニーズに応え、市場が現在希望する透明性を提供する、VVCおよびHEVCのための『ワンストップ・ショップ』型ライセンスプラットフォームの構築を実現することができると我々は確信しています。一つ以上のVVC必須特許を保有すると誠実に考えるすべての企業に、この協議に参加していただき、概要案のコピーを手にしていただきたいと思います。また、VVC特許を持たない特許実施者を含め、概要案を受け取る誠実な理由があるすべての人々に対して、概要案の何らかのバージョンを利用できるようにしたいと考えています。下記のコンタクト情報から、弊社までご連絡ください。」

Advanceはまた、Access Advance LLCへの名称変更を発表しました。2015年の設立以来、「Advance」という名称をベースに信用が築かれ認知度を高めてきたことに鑑み、「Advance」の名称を残し、今後も商号として使用していきます。モーラーCEOは次のように述べています。「HEVC Advanceという名称は良い結果をもたらしてきましたが、VVCプログラムの開始を準備する中、その名前を一新し、フォーカス分野の拡大を伝える時期が来ました。」 名称変更は、今後数カ月間にわたり段階的に実施される予定です。

Access Advance LLC(旧称HEVC Advance LLC)について
Access Advance LLC(「Advance」)は、最も重要な規格に基づく映像コーデック技術の必須特許ライセンシングのための特許プールを発展、運営、管理推進するために設立された、独立系ライセンスアドミニストレーターです。Advanceは、特許権者および特許実施者の両方に透明性のある効率の高いライセンスメカニズムを提供しています。Advanceに関する詳細情報は、www.hevcadvance.comをご覧ください。VVCライセンスプログラムに関しては、Paul Bawel(paul.bawel@hevcadvance.com)および/またはライセンシングチーム(licensing@hevcadvance.com)までEメールにてご連絡ください。
連絡先:press@hevcadvance.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ