プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DoubleVerify

DoubleVerify Global Insights Report: APACの広告主はブランドスータビリティ(適合性)に取り組むことが必要

AsiaNet 85177

DoubleVerify Global Insights Report: APACの広告主はブランドスータビリティ(適合性)に取り組むことが必要

【シンガポール2020年8月20日PR Newswire】デジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームであるDoubleVerify(DV)(https://doubleverify.com/ )は20日、世界中の広告主のために、現在および今後のメディア品質に関する状況を世界各国市場別のベンチマークとして提供する、2020 Global Insights Reportをリリースした。

レポートの作成にあたり、DVは2019年5月から2020年4月にかけて80カ国、2000以上のブランドを保有する広告主のデータを分析した。

レポートは急増する新たなトレンドに関する見解も提供している。それらは、コネクテッドTV(CTV)上のアドフラウドの急増や、モバイルアプリ上のブランドスータビリティ(適合性) に関する事象発生率の上昇など、広告主の現在抱えている様々な課題 (クロスチャネルマーケティング、ターゲティング、プライバシーなど)に大きな影響を与えると考えられている。

2020年の主なグローバル調査結果は以下の通り:

*ブランドスータビリティ(適合性) 率は前年比で引き続き上昇。広告主がブランドスータビリティ(適合性)プログラムを最近採用したアジア太平洋(APAC)、中南米(LATAM)では最も顕著

*グローバルモバイルアプリ上のブランドスータビリティ(適合性)インシデント発生率は昨年31%増加。昨年の約200%増に比べれば低いものの、他のデバイスよりは高い

*アドフラウド全体は減少したが、フラウド詐欺グループはオーディエンスや広告主のメディア投資を追い続けており、特にコネクテッドTV (CTV) 上での活動を強化している

▽APAC:広告主はデジタル広告キャンペーン強化のためにブランドスータビリティ(適合性)の管理に取り組む

ブランドスータビリティ (適合性)は、確実にブランドの広告が不適切なコンテンツ上、またはそれらに隣接して現れないようにする。ブランドスータビリティ(適合性)に万能のアプローチはなく、ブランドの安全環境は各ブランド独自のものとされる。DVのブランドスータビリティ(適合性)率は、ブランドの適合性基準を満たさないコンテンツのサイトかアプリ上、あるいは隣接して使われた広告の事象 (インプレッションのブロックやブランドの適合基準外と判断されたものなど) を記録する。

APACでは当初、ウェブサイト、アプリ、コネクテッドTV(CTV)のアドフラウド削減に注力したため、全体的なブランドスータビリティ (適合性)は急劇に改善している。ブランド適合性プログラムは北米と欧州の方が成熟しているが、APAC地区の広告主は現在、様々なウェブサイト上でメディアキャンペーンを運用する上でのブランドスータビリティ (適合性) を評価し始めた。APAC地区は前年比66%増の11.4%で、欧州・中東・アフリカ(EMEA)の24%、北米の11%より増加率が高く、ほかの地区より全体的に高いブランド適合率を示している。

DoubleVerify APACマネジングディレクターのJordan Khoo氏は「APACの広告主はアドフラウドを減少させビューアビリティを向上し、メディア投資のブランド安全性を確実にする指針を定め始めているようだ。このレポートは、APACのブランドがブランド適合性とターゲティングの適切なパラメーター確立に乗り出し、デジタル広告をよりよく管理できることに気付いたことを示した。来年の焦点は、広告のインプレッションが正しく認証され、メディア品質とブランド適合性を広告主が最優先課題とすることになるだろう」と語った。

2020 Global Insights Report全文はhttps://doubleverify.com/spotlight-global-insights-report-2020 を参照。

Logo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200623/2838527-1logo

▽DoubleVerifyについて

DoubleVerify(DV)はデジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームである。DVのミッションは、世界のメジャーブランド、パブリッシャー、デジタル広告プラットフォームがデジタル広告の品質と有効性を担保するため、高い透明性とデータに基づいたインサイトの最も信頼できる情報源になることである。DVのテクノロジープラットフォームは常に一貫したバイアスのないデータと分析を広告主に提供し、デジタル広告投資の品質を最適化し、ROIの最大化を可能にする。DVは2008年以来、よりよい業界の構築を支援するため、デジタル広告のエコシステムにクラス最高のソリューションを提供し、多くのフォーチュン500企業のメディア投資のROI最大化を支援してきた。詳細はwww.doubleverify.com を参照。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ