プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シュナイダーエレクトリック株式会社

シュナイダーエレクトリック、「Air Connect for Machine Advisor」を発売

2020年8月19日
シュナイダーエレクトリック

・製造装置の遠隔監視クラウド化をシンプルに実現
・コネクシオ株式会社との共同開発により4Gルーター、4G通信(SIM)契約、クラウドプラットフォームをトータルパッケージで提案
・年間契約での一括前払いに対応。海外輸出用装置にも適応可能

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューション、「Air Connect for Machine Advisor」を2020年8月24日より発売します。

ニューノーマルを見据えた社会環境の変化に伴い、製造現場でも接触機会を減らす活動の一環としてリモート監視などの導入が叫ばれ、クラウド接続のニーズは今までにないほど高まっています。一方で装置メーカーにとっては、コストの問題や設定の複雑さからクラウド化に多くのハードルがあるのが現状です。また、既に出荷済みの装置の場合、制御プログラムの書き換えや性能テスト、複雑な通信設定などの問題があり、クラウド化の障害になっています。

昨年、シュナイダーエレクトリックでは、世界各拠点に出荷した装置をクラウドベースで常時遠隔監視するサブスクリプションモデルのプラットフォームEcoStruxure Machine Advisorの提供を開始しており、装置のモニタリングをクラウドで簡単に行うための土壌を既に整えていました。
今回販売を開始する「Air Connect for Machine Advisor」は、装置メーカーにとって大きな課題となっていた出荷済み装置のクラウド化のハードルを一気に解消するため、4Gルーター・4G-SIM契約・クラウドプラットフォームの全てをワンストップで提供するソリューションです。IoT向けモバイル通信サービスを提供するコネクシオ株式会社(以下コネクシオ社)との共同開発により、このソリューションが実現しました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008183240-O1-K5GfvRRE
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008183240-O2-4rR25RW5

Air Connect for Machine Advisor パッケージ概要
●4Gルーター:コネクシオ社製 CONEXIOBlackBear
●通信サービス:TRIBE-biz モバイル,TRIBE-biz VPN モバイル
● ネットワーク網:NTTドコモ網
●クラウドプラットフォーム:EcoStruxure Machine Advisor 

Air Connect for Machine Advisorは、コネクシオ社製のエッジコンピューティングゲートウェイCONEXIOBlackBearを、新たに開発した専用の設定ツールやクラウドプラットフォームと組み合わせ、必要なデータだけを簡単にクラウドに上げることを実現したトータル遠隔監視ソリューションです。ポイントは、クラウドへの接続を簡単に行えるセットアップツール「Air Connect 設定ツール」にあります。導入時に必要となるのは、クラウド上で監視したい装置データのアドレス、データ収集の周期、クラウド上の表記名等を定義するCSVファイルのみ。このファイルを「Air Connect 設定ツール」に読み込むだけで、複雑な通信設定やクラウド設定なしに、プログラムレスの遠隔監視ソリューションが実現します。
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008183240-O3-8w22BP49

4Gルーター・4G通信(SIM)契約・クラウドプラットフォームの全てをシュナイダーエレクトリックが一元提供するため、接続や契約に関するお問い合わせについても、一括してシュナイダーエレクトリックからのトータルサポートが可能であり、SIM契約も含めた年間費用一括での購入(前払い)にも対応します。またAir Connect for Machine Advisorは輸出用装置にも展開可能なソリューションであり、海外拠点の装置監視も、すぐに実現可能です。

なお、クラウド監視ソリューションを使用しない、「Air Connect」単体(4Gルーター+4G-SIM契約)での購入も可能です。多機能な4Gルーターとして、お客様がご用意されたクラウドシステムや、Pro-face Remote HMIやPro-face Connect等、シュナイダーエレクトリックが提供する遠隔監視ソリューションに活用できます。また通信(SIM)契約やデータ量により、プランのカスタマイズにも対応します。

●SIM:Internet-SIM以外に、VPN-SIMも選択可能。
●クラウド上で取得するデータ量:データ量に応じて、Lite/Basic/Professional/Premium の4プラン完備。

○製品( Air Connect for Machine Advisor)についてのお問い合わせ
カスタマーケアセンター TEL:0570-056-800 

コネクシオ株式会社について
”モバイル”を切り口に、人々の暮らしとビジネス環境を創造する、通信インフラとスマートソリューションのリーディングカンパニーです。20年以上の豊富な経験を持つ大手モバイルメーカーの開発部門をバックボーンに、多岐に亘る現場で培った通信技術経験や知見を、IoTの現場に最適化したサービスとして提供しています。特殊車両、自動販売機、建設機器、農業機器、電力メーターなど多岐に亘る現場を通して、30万台以上の納入実績を有し、顧客のIoTサービスの根幹を支えています。
https://www.conexio.co.jp/
コネクシオ社製エッジコンピューティングゲートウェイ CONEXIOBlackBear https://conexio-iot.jp/serviceproduct/blackbear.html

Schneider Electricについて
シュナイダーエレクトリックは、全ての人がエネルギーとデジタルにアクセスできる環境を提供したいと考えています。エネルギーや資源を最大限活用することにより、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。
世界をリードするエネルギー技術、リアルタイムオートメーション、ソフトウェアとサービスを「ビル、データセンター、電力インフラ、工場」向けに統合し、効率化と持続性を可能にするエネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供しています。
私たちは、意義深い目標と包括的で実行力を伴う価値観をもって、オープン、グローバル、そして革新的なコミュニティの発展に尽力します。
www.se.com/jp

Air Connect for Machine Advisor製品画像
Air Connect for Machine Advisorソリューションイメージ
セットアップツール接続イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ