プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アールエスコンポーネンツ株式会社

無料3D CAD 「DesignSpark Mechanical」のVer5リリース

AsiaNet 85053

無料3D CAD 「DesignSpark Mechanical」のVer5リリース

3D 製造コスト即時見積サービス「 Kabuku Connect 」と連携

日本、2020年8月18日 電子部品オンライン商社のアールエスコンポーネンツ株式会社(日本法人本社:神奈川県横浜市、代表取締役:ショーン・フレデリックス)は、無料3D CAD「DesignSpark Mechanical(デザインスパーク・メカニカル)、以下「DSMech」」のVersion5のリリースを発表しました。このVersion5では、3D製造サービスを手掛ける株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:足立昌彦)の運営する3D即時見積サービス「Kabuku Connect」と連携しており、CAD上の3Dデータの製造コストや納期を瞬時に見積もることができるようになりました。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200818/2878519-1-b

DSMechは、3D解析などのエンジニアリングシミュレーションのグローバルリーダANSYS, Inc.(本社:米国ペンシルベニア州、以下「ANSYS」)と共同開発した3D CADソフトウェアです。従来の3D CADソフトウェアがメカ設計部門をターゲットとしているのとは異なり、DSMechは入門者や非技術者をメインターゲットとしています。「ノートPCでも動作する軽快さ」「シンプルで解り易い操作性」「タブレットPCでのタッチ操作に対応」といった特徴で、国内外の企業・教育機関・研究機関・個人の様々な用途で利用されています。

今回リリースされたDSMech Version 5では以下の点が強化されています。

  ・Kabuku Connectと連携した3D製造即時見積もり機能
  ・3次元CAD技術者試験での利用要件である重心や体積の計測機能に対応
  ・複雑な形状を数式で定義し描画することができる数式スケッチ
  ・スケッチの際の拘束機能の有無を選択可能
  ・ビューの保存・カスタマイズ
  ・負荷軽減のため、レンダリング精度をオブジェクト毎に設定可能
  ・ショートカットキーのカスタマイズ
  ・フライスルーカメラモード

(動画でも新機能をご確認頂けます。https://www.youtube.com/watch?v=PLy_0FFqYn4 )

昨今、製造業での組織内、特に非設計部門での3Dデータの活用シーンが増加しています。営業担当者が顧客への説明資料に活用したり、経営者が出資者への説明に活用したり、製造ライン管理者が作業担当者への説明に活用したり。DSMechは、既存のPCで手軽に動作し、操作も簡単で、商用利用でも無料なので、このような非技術者の3D活用ニーズにちょうどよいバランスの機能で活用して頂くことができます。

今回のVersion5では、作成した3Dデータの製造手配を簡単に行えるようになったことで、商品企画部門、電子設計部門、ソフト開発部門、生産技術部門などのちょっとしたプロトタイプや治具作成を、手軽に実現できるようになりました。

DSMechのVersion5は以下の場所からダウンロード頂けます。

www.designspark.com/mechanical.

一般の方からのお問い合わせ先
カスタマーサービス
Email:cs@rs-components.jp

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ