プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

重慶両江新区管理委員会

重慶両江新区は開かれたスマートシティの開発で大きく前進

AsiaNet 85134 (1341)

【重慶(中国)2020年8月17日新華社=共同通信JBN】重慶両江新区は開かれたスマートな地域への推進を加速し、8月13日に革新的なオンラインのプロモーションライブショーを開始した。

重慶両江新区管理委員会(Chongqing Liangjiang New Area Administrative Committee)によると、このライブショーは10を超すメディアプラットフォーム上で開催され、両江の広範な観光商品とクリエーティブな文化商品を紹介し、2000万回以上視聴された。

ライブショーは政府主導の大規模文化観光プロモーション活動で、広く一般大衆の参加を集めた。長江と嘉陵江の合流地点に位置する重慶は、立体的な都市景観とユニークな文化的特徴によって国内外の観光客に人気の旅行先である。

中国内陸部の最初の国家級開発開放新区である両江新区は、重慶のスマート開発の向上を支援し、高水準の開放の新たな道筋を探究し、高品質の発展の新たな原動力を生み出し、高品質の生活の新たな体験を市民にもたらすため、スマートシティの構築に努めている。

両江は開かれた場所である。果園港、両路寸灘保税港区(Lianglu Cuntan Bonded Port Area)、悦来国際会議展示シティー(Yuelai International Convention and Exhibition City)などの開かれたプラットフォームを特徴とする両江新区は、グローバルなサプライチェーンと発達した国際物流システムを持つ。生コーヒー豆、ノートパソコン、自動車は、果園港、両路寸灘港や空港を経由し、多様な輸送システムを通じて迅速にグローバル市場に届けられる。20カ国の5万点を超す外国製品が両路寸灘保税港区の「一帯一路」商品展示交易センターで入手可能で、重慶の人々は全世界からの高品質の製品を購入することができる。

ここはスマートシティでもある。中国最初のスマート公園である礼嘉智慧公園(Lijia Intelligent Park)では、スマートライフが至る所で展示されている。無人乗用車が路上を頻繁に往来し、スマートデバイスが人々の体温をリアルタイムで監視し、ロボットが美しい旋律の音楽を奏でる。スマート中国博覧会の永続的な会場である悦来国際会議展示シティーは、インテリジェント技術を活用して展示会場に力を与え、全世界からのビジターをもてなす重慶の「レセプションホール」になる。両江共同革新区は山と湖の間に位置し、20を超す一流の大学と研究機関を擁する。同区は5分以内でアクセスできる科学研究・生活コミュニティーと10分以内でアクセスできる生態系体験コミュニティーを構築する計画である。革新区は自然景観と科学技術の双方の美を融合する。

ここは文学とアートの場所でもある。著名な詩人である余光中氏の郷愁は悦来古鎮に残っている。美術展とデザインホールが金山意庫(Jinshan Yiku)をトレンディ―なアート地区にしている。中国最初の山の歓楽谷(Happy Valley)テーマパークである重慶歓楽谷(Chongqing Happy Valley)とアジア最大のエクストリームスポーツ・スタジアムである重慶際華園(Chongqing Jihua Park)は、ビジターに両江での新たな都市観光体験を提供する。両江新区には118の公園があり、賑やかな都市のほぼあらゆる所で美しい景観を目にすることができる。

両江新区はインテリジェント産業と伝統産業の総合的な発展を前進させており、産業の転換を実現し、健全な現代産業クラスターを向上させ構築している。こうした取り組みは多数の投資家、起業家、就労者を引き付けた。今年上半期、同区のGDP成長は4.8%に達し、重慶で最も速い成長だった。同区は市最大の662億4000万元の投資を呼び込み、両江の工業経済は6%の比較的高い率で成長し、投資、輸出入など主要な経済指標は全体的な下降トレンドに逆行した。新規締結されたプロジェクトの約98%は戦略的新興産業のものだった。20を超す主要なプロジェクトがそれぞれ10億元以上の投資を引き付け、総契約投資額の81%を占めた。このうち、科学とイノベーションのプロジェクトに対する契約投資は134億7000万元に達し、前年同期比で140%増加した。

両江新区は重慶の経済発展の先頭に立っているだけでなく、重慶が開放を主導し中国西部の開放の推進を主導するための重要な戦略的プラットフォームを構築している。同区は全世界の高級な製品を擁し、ファッション消費をけん引し、グリーンでスマートかつ暮らしやすい生活を作り出す開放された場所でもある。

ソース:Chongqing Liangjiang New Area Administrative Committee

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ