プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Apstra

ApstraがジュニパーネットワークスとSONiCとのインテントベースネットワーク統合を発表

AsiaNet 85146 (1339)

【メンローパーク(米カリフォルニア州)2020年8月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*顧客の要望に応える運用機能の向上も公開

*Apstraのインテントベースネットワーキングの次世代製品は、ネットワーク展開および運用の加速と簡略化を目指している

インテントベースネットワーキング(IBN)のパイオニアで、多国籍ソフトウエア企業であるApstra(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2886604-1&h=3841380913&u=https%3A%2F%2Fapstra.com%2F&a=Apstra )は17日、同社のフラグシップ製品Apstra AOS(https://2.net/c/link/?t=0&l=en&o=2886604-1&h=3521403030&u=https%3A%2F%2Fapstra.com%2Fproducts%2F&a=Apstra+AOS )の最新版を発表し、インテントベースネットワーキング市場の急成長に対処する。AOS 3.3は、高度なIBN能力をジュニパーネットワークス(Juniper Networks)スイッチングに加え、運用面およびオープンネットワークの強化を導入し、これによってエンタープライズが差し迫ったタイムラインおよび予見不可能なビジネス変更に対しより迅速に対応するとともに、可能な限り最高のエンドユーザー体験を提供することを可能にする。これらの重要な製品強化によって、データセンターにおけるネットワーク展開および運用の速度と信頼性が大幅に向上する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1228810/Apstra_Image.jpg
Video – https://mma.prnewswire.com/media/1228880/Apstra.mp4
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1166841/Apstra_Logo.jpg

最近のGlobal Market Insightsリポート(https://www.gminsights.com/industry-analysis/intent-based-networking-ibn-market#%3A~%3Atext=Intent%2Dbased%20Networking%20(IBN%29%20Market%20size%20exceeded%20USD%20900%2Cshortening%20network%20infrastructure%20deployment%20time )によると、インテントベースネットワーキング市場の成長は2019年に9億ドルを超え、2020年から2026年にかけて30%以上のCAGRで成長すると予測されている。データセンターは切迫したビジネススケジュールに対処するとともに、クラウドに対処ないしはそれを超越する運用上の容易さを、信頼性を伴って提供しなければならないいが、これに軌を一にしてIBNソリューションの導入が促進されている。IBNソリューションを展開することは、企業がデジタルトランスフォーメーションを強化するために必須であり、これにはデータセンター・ネットワークのアジリティー、可用性の向上、ROIの向上が必要とされる。企業がネットワークのトランスフォーメーションに最初に着手しなければ、企業はデジタルトランスフォーメーションで3倍失敗する可能性がある。

ApstraのMansour Karam創設者兼社長は「データセンターの稼働の監視・管理は今後、エンタープライズがデジタルトランスフォーメーションを加速するに伴い、次第に複雑性を増すとともにますます不可欠なものになる。IBNは、多数のネットワーク設計者およびオペレーターが組織の運営のために重視するソリューションである。IBNの台頭が明確になるにつれ、運用上の強化を伴う当社独自の高度なIBN能力をジュニパーネットワークスに導入することで、われわれは幅広いハードウエア選択肢における業界トップのソリューションを提供できる」と語った。

ApstraのAOSはクローズドループオートメーションおよびバリデーションを促進するうでのパズルの極めて重要な要素である。この独自技術は、デイゼロ・バリデーションおよびアナリティクスを適用し、信頼できる唯一のネットワークを利用することで、設計者およびオペレーターが直面する真のネットワーク複雑性に対処する。Apstraは、組織がIBNによってもたらされるデイゼロ・オペレーションの優れた効率性と利点を実現することを支援する。

BeelasticのHanspeter Tinner最高サービス責任者兼共同創設者は「スイスで著名な金融サービス業界の極端な要望は、高い費用効果と高レベルの信頼性を伴う最低のレイテンシーおよびリスポンスタイムを保証するインフラストラクチャーを必要とする。これは、最新技術が全面的に使用されて初めて可能である。Apstraのエンドツーエンド・オートメーションとシンプルなオペレーションモデルによって、われわれは最高の費用効果および信頼性を伴う最低のリスポンスタイムを提供することができる。Apstraが特徴とする迅速さによって、Apstraは当社および当社顧客の必要要件に今後も応えていくと確信している」と語った。

Apstra AOSは、組織がネットワーク設計、構築、展開、運用段階のあらゆる側面を自動化することを支援する。この有力なIBNソリューションは高度なインテントベース・アナリティクスを活用し、ネットワークを常時バリデートするので、複雑性、脆弱性、機能停止を解消し、セキュアでレジリエントなネットワークを実現する。Apstraによるエンタープライズのトランスフォーメーションに関する詳細はウェブサイトhttps://apstra.com/ を参照。

▽Apstra, Inc.について
Apstra(R)は多国籍ソフトウエア企業で、データセンター・ネットワークのアーキテクチャーおよび運用を自動化する統合ソリューションを提供している。Apstraのフラグシップ製品であるAOSは、組織がネットワークの設計、構築、展開、運用のあらゆる側面を自動化することを支援し、ネットワークを迅速かつ確実に変更するとともに、人的資源を有効活用して、ハードウエアのベンダーロックインから脱却することを可能にする。AOSを使用する組織は、OpExの80%以上の削減、アジリティーの99%向上、70%以上の信頼性の向上を体験している。AOSは、Apstraの高度なインテントベース・アナリティクスを使用し、ネットワークの正当性を絶えず確認しており、このため複雑性、脆弱性、障害を排除しセキュアでレジリエントなネットワークを実現する。

Apstraは2014年、定評があり実績があるネットワーキング業界リーダーのDavid Cheriton、Mansour Karam、Sasha Ratkovicの3氏によって創設され、米カリフォルニア州メンローパークに本社を置き世界中にオフィスを展開している。

ソース:Apstra

▽問い合わせ先
Sarah Erickson
Walker Sands for Apstra,
sarah.erickson@walkersands.com
312-561-2491

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ