プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Sai Life Sciences

Sai Life Sciencesがハイデラバードに新しい最先端研究&技術センターを開設

AsiaNet 85142 (1336)

【ハイデラバード(インド)2020年8月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*1億5000万米ドル(100億ルピー)かけた第1期完了
*テランガナ州のKT Rama Rao商工・IT相が竣工

インドで急成長している医薬品製造受託組織(CDMO)(https://www.sailife.com/?utm_source=pr&utm_medium=web&utm_campaign=resandtechcentre )の1つであるSai Life Sciencesは15日、インドのハイデラバードに新しい研究&技術(R&T)センターを開設したと発表した。要人らが臨席する中、テランガナ州のKT Rama Rao商工・IT相が正式竣工した。

席上、KT Rama Rao氏は「評価の高いSai Life Sciencesの経営陣が新R&Tセンターの立地先にテランガナ州を考えてくれて、とてもうれしく思う。生命科学はテランガナ州政府の重点分野の1つである。ハイデラバードには、世界のために革新的で低価格の医薬品開発を目指すグローバルイノベーターが1000人以上いる。新R&Tセンターだけでなく、新救命薬の開発と製造に向けた彼らの仕事についても、Sai Life Sciencesのチーム全体を心から祝福したい」と語った。

実験室インフラの最高グローバル水準達成を目指して建設された新R&T施設(https://www.sailife.com/research-technology-centre-hyderabad/?utm_source=pr&utm_medium=web&utm_campaign=resandtechcentre )には、安全性と生産性を高めるインテリジェントで人間工学に基づくラボデザイン、プロセス開発中のシームレスにデータを収集する先進オートメーション、生産性を高めるリーン&5S方式、イノベーションを生み出す共同ワークスペースなど、いくつか独自の特徴がある。

発表にあたったSai Life SciencesのKrishna Kanumuri最高経営責任者(CEO)兼マネジングディレクターは「この新施設建設の背後にあるわれわれの哲学は、インド規範の限度を超え、グローバル革新パートナーが社内機能に期待するものをつくることである。われわれは、ハイデラバードの豊かな生命科学エコシステムの中で可能なものの一例である。世界一流のR&D機能を構築し、深い専門知識を持つ人材の育成に投資する今日、ハイデラバードがまさに製薬企業の夢が実現する都市であると、私は断言できる」と話した。

面積8万3000平方フィート(7700平方メートル)の新施設は、最先端の研究機能と先進技術プラットフォームを備え、世界の製薬、バイオテクノロジー革新顧客に優れた科学的ソリューションを提供する能力を増強する。化学実験室24室、ヒュームフード(局所排気装置)250基、分析ラボ、完全装備のテクノロジースイート、専用プロセス安全ラボもある。

Sai Life Sciencesは2019年、新世代のグローバルCDMOとして自己を改革し、組織再編プロセスを開始した。「Sai Nxt」と呼ばれるこのイニシアチブを通じて、同社は1億5000万米ドル(100億ルピー)以上を投資、R&D、製造施設を拡張・アップグレードして一流のグローバル科学・リーダーシップ人材を招集し、オートメーションとデータシステムを強化、とりわけ、安全、品質、顧客重視の高い基準を設定している。

▽Sai Life Sciencesについて
Sai Life Sciencesは、2025年までに25の新薬の発売をサポートするというビジョンを掲げるフルサービスのCDMOである。同社は、世界中の革新的な製薬、バイオテクノロジー企業と連携、複雑な小分子の発見、開発、製造を加速させている。専業CDMOであるSai Life Sciencesは、多様なNCE開発プログラムを提供、その品質と応答性をベースとする価値を一貫して提供している。同社は現在、大手製薬会社上位10社のうち7社、さらに中小の製薬、バイオテクノロジー企業数社と連携している。Sai Life Sciencesは株式非公開企業で、グローバルな投資家であるTPG CapitalとHBM Healthcare Investmentsの支援を受けている。https://www.sailife.com/

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1228693/Sai_Life_Sciences.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1228696/Sci_Life_Sciences_Centre.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1044186/Sai_Life_Sciences_Logo.jpg

ソース:Sai Life Sciences

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ