プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

UL LLC

フォルクスワーゲン・グループがULを正式に外部試験所として認定範囲を拡大

AsiaNet 84899

フォルクスワーゲン・グループがULを正式に外部試験所として認定範囲を拡大

【クレーフェルト(ドイツ)2020年8月7日PR Newswire】

*ドイツのUL試験所がPV3942に基づく化学物質放散測定の試験所として認定範囲を拡大

ドイツのクレーフェルトにあるUL材料試験所がフォルクスワーゲンのコンポーネント検証のためのPV3942に準拠した化学物質放散試験の外部試験所として認定されました。PV3942は車載用の部品、コンポーネント、半製品などに対する化学物質の放散挙動について評価します。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

クレーフェルトの材料試験所は、フォルクスワーゲン・グループからすでに認定を受けており、指定の内・外装部品やコンポーネントに対する環境特性、表面特性、機械特性、燃焼挙動、耐薬品性、繊維製品の試験サービスを提供しています。

UL材料・サプライチェーン部門 自動車事業マネジャーのThomas Wagner博士は、次の様に述べています。「このたびのフォルクスワーゲンの認定範囲拡大により、臭気評価を組み合わせた化学分析も含むPV3942に基づく化学物質放散試験実施が可能となります。また、ULはフォルクスワーゲンやその他のOEMの試験基準に従った化学物質放散や性能試験要件の認定拡大にも継続的に取り組んでいます。」認定試験規格はフォルクスワーゲン・サプライヤー・ポータルサイトに掲載されており、ULは認定試験所として記載されています。

クレーフェルトの材料試験センターは独自の包括的なサービスを提供しています。ULの材料・サプライチェーン部門は卓越した試験施設、最新の試験手法、総合的な材料データベースにより、ULは自動車メーカーと各サプライヤーが製品コンセプトの段階など製品開発初期から最終的な生産部品承認プロセス(PPAP)、市場投入までの最適化をサポートします。

ULの自動車材料試験サービスの詳細はwww.UL.com/drive をご覧ください:

▽ULの概要

UL は、科学の活用によって安全、セキュリティ、サステナビリティ(持続可能性)における課題を解決し、よりよい世界の創造に寄与します。そして、先進的製品/技術の安全な導入を実現することで、信頼を高めます。UL のスタッフは世界をより安全な場所にするという情熱を共有しています。第三者調査から規格開発、試験、認証、分析/デジタルソリューションの提供まで、UL は業務を通じて、より健全なグローバル社会の構築を目指します。 UL に対する信頼が、企業、メーカー、政府当局、規制機関、人々のスマートな決断を支えます。詳細はwww.UL.comをご参照ください。ULの非営利分野の活動につきましては、www.UL.orgをご覧ください。

▽問い合わせ先
Marlene Stezinar
Marketing Lead – Material Testing and Certification
UL
T: +49-2151-5370-309

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ