プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ジョルダン株式会社

ジョルダン withコロナ社会の混雑を避けた移動をサポート 「リアルタイム遅延情報」サービスを提供

第3弾として公共交通オープンデータを活用し、 列車の遅延情報を「乗換案内」アプリで提供

2020年8月5日
ジョルダン株式会社

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は、withコロ
ナ社会に対応するサービスの第3弾として、8月5日(水)より順次、iOS/Androidアプリ「乗換案内」にて、公共交通オープンデータを活用した、列車の「リアルタイム遅延情報」(※)を提供します。

 新型コロナウイルスのさらなる感染拡大を防止しつつ、経済活動との両立も求められる中で、公共交通
機関においては引き続き、混雑している列車・時間を避けた移動へのニーズが高まっています。ジョルダ
ンでは「乗換案内」を通じて安心で快適な移動をユーザーに提供できるよう、混雑を避けるための情報提
供を積極的に行うため、様々な面から研究開発を進めています。

 withコロナ社会に対応するサービスの第3弾として、JR東日本の首都圏エリア、および、東京メトロ各線
を対象とした「リアルタイム遅延情報」サービスの提供を開始します。「リアルタイム遅延情報」は、現在
運行中の列車が「何分遅れ」か、もしくは「ほぼ平常運転」なのかを、経路検索および時刻表の結果画面
に表示します。これにより、利用者は「乗換案内」アプリの検索結果上で、いまから乗車予定の列車の遅
延の有無を確認することが可能となります。本サービスの利用は無料です。

 遅延発生時には、通常よりもより多くの乗客が一部の列車に集中し、密が発生する恐れがありますが、
あらかじめ遅延を把握しその列車の利用を避けることで、予期せぬ混雑を避けることができます。「時刻
表」からは前後の列車も含めた遅延状況を確認可能なため、遅延が収まりつつある列車・時間帯にシフト
して混雑を回避する、といった活用も可能です。

(※)「リアルタイム遅延情報」は、公共交通オープンデータ協議会主催の「東京公共交通オープンデータ
チャレンジ」にて提供されている列車ロケーション情報に基づきます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ