プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

X Display

X Display CompanyがDisplayWeek 2020に出展

AsiaNet 85009 (1253)

 
【リサーチトライアングルパーク(米ノースカロライナ州)2020年8月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*大量生産用のマイクロLEDディスプレーを製造

マイクロLEDディスプレーのリーダーであるX Display Company(XDC)は4日、同社のアドバイザーであるJohn Rogers教授がマイクロLED技術に関する招待論文(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2874625-1&h=4153898102&u=https%3A%2F%2Fwww.scomminc.com%2Fpcm%2Fsid%2FsessionList.cfm&a=Invited+Paper )を、Society for Information Display(SID)が主催する、権威のあるDisplayWeek(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2874625-1&h=1732607833&u=http%3A%2F%2Fdisplayweek.org%2F2020.aspx&a=DisplayWeek )のシンポジウムで発表することを公表した。XDCはまた、同社とその技術を紹介する新しいウェブサイト(www.xdisplay.com )を立ち上げた。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1220028/X_Display_Logo.jpg

XDCはこのほど、10年以上にわたるマイクロLEDおよびマイクロトランスファープリンティング技術の開発を活用するために、X-Celeprintから独立した。XDCのビジネスは、(1)テレビ、電子看板、ラップトップ、モバイルなどのアプリケーションにIPをライセンスし、(2)マイクロICおよびPixelEngine(TM)コンポーネントを業界に販売する、ことだ。

John Rogers教授は「More than MicroLED: Mass Transfer of Pixel Engines for Emissive Displays(マイクロLEDを超えて:発光型ディスプレー用のピクセルエンジンのマストランスファー)」というタイトルの招待論文(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2874625-1&h=4153898102&u=https%3A%2F%2Fwww.scomminc.com%2Fpcm%2Fsid%2FsessionList.cfm&a=Invited+Paper )を、2020年8月7日の金曜日にSIDのDisplayWeekシンポジウム・カンファレンスのセクション44.2で発表する。講演では、LEDとICをディスプレー基板全体に分散させるための大量移送プロセス、エミッターを駆動するピクセルレベルの回路、マイクロLEDディスプレーの商品化に向けた進展について取り上げる。

X Display CompanyのRandolph Chan最高経営責任者(CEO)は「新しいディスプレー会社としてXDCは、DisplayWeekで当社の技術を出展することをうれしく思う。最高のチーム、クラス最高の技術とIPがあり、羨望の的となる投資家と顧客がいる。当社は未来のディスプレーを構築している」と述べた。

XDCは、OEMを選択するためのマイクロLEDディスプレーを提示してきており、またOEMのエコシステムを構築している。同社はまた、アイルランドのコークと米ノースカロライナ州リサーチトライアングルパークで求人している(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2874625-1&h=438414116&u=https%3A%2F%2Fwww.xdisplay.com%2Fcareers%2F&a=hiring )。

▽X Display Companyについて
アイルランドのコークと米ノースカロライナ州のリサーチトライアングルパーク(RTP)を拠点とする技術デベロッパーであるX Display Company(XDC)は、マイクロLEDディスプレー製造の知的財産をライセンスし、次世代ディスプレーを稼働させるMicroICおよびPixelEngine(TM)コンポーネントを販売している。XDCはディスプレー市場でシェアを獲得しようとしており、人々の生活をより良くする製品を提供している。www.xdisplay.com

メディア関係問い合わせ先:Info@xdisplay.com

ソース:X Display

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ