プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

SmartKem

SmartKemがミニLEDバックライト向けのOTFT素材を発表

AsiaNet 85000 (1246)

 
【マンチェスター(英国)2020年8月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*DisplayWeek 2020で技術を紹介

OTFT(有機薄膜トランジスタ)バックプレーン用途に特化した有機素材のグローバルリーダーであるSmartKemは3日、同社がテレビ、モニター、サイネージを対象としたフルアレイ・ローカルディミング(FALD)向けのバックライト・プロトタイプを開発したと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1222754/SmartKem_Logo.jpg

SmartKemの素材を使用するOTFTは、アクティブ・マトリクス・バックプレーンの製造に使用され、回路基板に数千の個別のミニLEDのアレイを駆動するため、完全な黒レベルの優れた高解像度画像を提供する。必要とされる部分だけバックライトをローカルディミングできる能力は、エネルギー節約にも寄与し、使用中のFALD LED TVをさらに効率的にする。

SmartKem Ltd.のIan Jenks会長兼最高経営責任者(CEO)は「当社のミニLEDバックライト・プロトタイプは市場から注目されてきた。われわれは、電気泳動、LCD、MicroLED、OLEDディスプレーに及ぶさまざまな用途に最適なクラス最高のOTFT素材を保有している」と語った。

有機半導体フォーミュレーションの開発に対するSmartKemのアプローチは、整合した高誘電率半導体オリゴマーと結合する一連の高移動性多結晶小分子を設計することであった。合成OTFTデバイスは、業界最高のパフォーマンスを誇り、既存の工場で標準的な生産設備を使って製造可能である。

SmartKemは、2020年8月3日から7日まで開催されるDisplayWeek 2020(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2873986-1&h=2538852432&u=mailto%3Ahttp%3A%2F%2Fdisplayweek.org%2F2020.aspx&a=DisplayWeek+2020 )のシンポジウムおよび展示会でこの技術を紹介する。

▽SmartKemについて
SmartKemは、業界標準生産に適合した有機薄膜トランジスタ(OTFT)バックプレーン用途に特化した有機素材のグローバルリーダーである。SmartKemは、トランジスタバックプレーン向けの低温・溶液堆積型の有機半導体の設計、開発、工業化、技術移転に注力している。SmartKemの技術は、1100億ドルの電子ディスプレー業界の変革を目指している。https://www.smartkem.com

▽報道関係問い合わせ先
Enquiries@smartkem.com

ソース:SmartKem

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ