プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社デリバリーコンサルティング

デリバリーコンサルティングがネットスマイルと販売代理店契約 RPA ✕ AI-OCR  

ペーパーレス化に向けたテレワーク時代に最大80%の作業短縮

【報道資料】
2020年8月3日
株式会社デリバリーコンサルティング

デリバリーコンサルティングがネットスマイルと販売代理店契約 RPA ✕ AI-OCR ペーパーレス化に向けたテレワーク時代に最大80%の作業短縮

 株式会社デリバリーコンサルティング(本社:東京都港区/代表取締役 阪口琢夫、以下「デリバリーコンサルティング」)は、ネットスマイル株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役 齊藤福光、以下「ネットスマイル」)と販売代理店契約を締結し、ネットスマイルが提供するAI-OCR「AIスキャンロボ®」とデリバリーコンサルティングが提供するセルフRPA(Robotic Process Automation)ツール「ipaSロボ」(読み方:アイパスロボ)とを組み合わせることにより、ペーパーレス化に向けたテレワーク時代に最大80%の作業短縮が見込まれているソリューションを提供しています。

 多くの日本企業では、大量の紙の帳票・伝票の処理に多くの時間・コスト・労力が掛かっており、テレワークが定着してきた昨今、生産性を高めるためにはデジタル化が急務とされています。人工知能(AI)によるOCRデジタルスキャナーAI-OCRにより、従来のOCR製品では実現できなかった文字認識や原票を活かした業務改革が可能となり、大幅なコストダウン、業務効率化を実現できるようになりました。

 デリバリーコンサルティングが提供する RPA ツール「 ipaS ロボ」とネットスマイルが提供する「 AI スキャンロボ ® 」との連携により、読み取り作業のアップロードや読み取り結果のダウンロード操作の完全自動化が可能となります。また「 AI スキャンロボ ® 」により出力された CSV データを他システムに取り込むための変換や照合作業を RPA 「 ipaS ロボ」で行うことにより一連の業務フローをスムーズに行うことが可能となりました。この RPA と AI-OCR 連携により最大 80% の作業短縮が見込まれ、テレワークを実施する中で課題となっている紙帳票の処理のための出社回数の軽減にも大きく寄与します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008032717-O10-g1G8OeJC

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008032717-O11-2Rgf30GE

 
■「AIスキャンロボ®」の導入にあたってデリバリーコンサルティングの支援内容
デリバリーコンサルティング経由で「AIスキャンロボ®」を導入される場合、当社では以下の支援を行います。
(1) ご検討の際、ご利用帳票の読み取り検証の実施(検証枚数は要ご相談)
(2) 1ヶ月間無料トライアル環境のご提供(ipaSロボと併せてのご導入をご検討時のみご提供)
(3) ご導入前の勉強会(操作説明会)の実施(内容は要相談)
(4) RPA(ipaSロボ)との連携に関するご相談
(5) ご契約、問合せ窓口の一本化(RPA+AI-OCR)

 
■「AIスキャンロボ®」について  
ネットスマイルの「AIスキャンロボ®」は、AIを活用した文字認識(OCR)技術のサービスです。一般的なAI-OCRでは、1行に1データがある書類は読み込むことができますが、多段組など複雑な形式の請求書等の帳票には対応できていませんでした。「AIスキャンロボ®」は、複雑な形式の帳票が読みこめる機能(特許出願中)を搭載しており、管理部門で使用する複雑で多種類の帳票のデータ化を可能にしています。
ウェブサイト: https://aiocr.ai/

 
■「ipaSロボ」について   
業務部門で活躍する国産デスクトップ型RPAツールの決定版。デリバリーコンサルティング自社開発の「テスト自動化ツール」を発展させて製品化。
<主なる特徴>
・非IT系部門に向くデスクトップ型セルフRPAツール
・高度な画像認識技術によりPC上のあらゆる操作を自動化可能
・PCの基本操作のみでスクリプト開発可能
ウェブサイト: https://www.deliv.co.jp/service/ipas

 
株式会社デリバリーコンサルティング   
 デリバリーコンサルティングは従来の顧客の業務要望をシステム化する「テクニカル」に強いだけではなく、デジタル技術の変革(IoT、クラウド、ビッグデータ、AIなど)によりテクノロジー主体で生まれる新しいサービス顧客価値を実現していく「テクノロジーコンサルティング」を提供している。システム開発、システム保守、システム運用にサービスを展開。近年では最新のテクノロジーとして自社製品の開発や欧米の優れたソフトウェアを先行紹介し輸入代理を行うなど「オープンイノベーション」を核に革新的な製品やサービスを提供している。
設立: 2003 年 4 月10日
本社所在地: 東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル5F
代表取締役: 阪口 琢夫
事業内容: テクノロジーコンサルティングを提供するIT企業
資本金: 29,025,000円
ウェブサイト: http://www.deliv.co.jp/

 
株式会社デリバリーコンサルティング 代表取締役 阪口琢夫
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008032717-O9-o1bmQ0xq
氏名: 阪口琢夫(さかぐち・たくお)
1964年生まれ。
九州大学農学部修士課程卒業。
アーサーアンダーセンアンドカンパニー(現アクセンチュア)に入社。
製造業を中心に大規模システム構築プロジェクトを手がける。
トランスコスモス株式会社取締役を経て、2003年に株式会社デリバリー設立。2016年に商号を株式会社デリバリーコンサルティングに変更。同社の業務拡大に日々邁進している。

AI‐OCR✖RPA導入による効果
「AIスキャンロボ®」と「ipaSロボ」との連携イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ