プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社アイセイ薬局

世界初VR内の目線だけで認知機能評価が可能な「認知機能セルフチェッカー」 アイセイ薬局店舗に設置開始

認知症の早期発見をサポート

2020年8月3日
株式会社アイセイ薬局

 株式会社アイセイ薬局(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤井江美)は8月1日より、株式会社FOVE(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:小島由香、以下「FOVE社」)が提供する、VRヘッドセットを覗き込むだけで認知機能評価が可能な「認知機能セルフチェッカー」の設置を開始しました。

 まず、当社グループの首都圏を中心とした30店舗に設置。認知症予防の一環として、来局された方が処方薬をお待ちいただく時間などに、定期的・継続的な認知機能のセルフモニタリングを可能とするサービスを提供します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292514-O1-h5a5drl1

 
 FOVE社が提供する「認知機能セルフチェッカー」のサービスは、視線追跡技術を搭載したVRヘッドセットを使い、利用者の「目の動き」を追跡し、取得したデータを解析することにより、わずか3〜5分程度で認知機能を測定できる世界初の取り組みです。FOVE社の視線追跡技術は、その精度において世界最高峰の技術水準を有しており、精度の高い測定結果が提供できます。
認知症においては、発症・進行の前段階で適切な措置を講じることにより一定の回復が見込めるとの報告もあり、対策・治療は、早期であればあるほど効果が高いとされています。本サービスは、当社グループ店舗に来局される認知症発症前の方(MCI除く)であれば、どなたでも無料(注1)でご利用いただけます。また、専用WEBサイトにおいて、認知症専門医のコラムや測定結果の履歴等、様々な関連情報の閲覧が可能です。

 現在、日本では認知症有病数約600万人とされており、認知症の一歩手前の状態であるMCI*1(軽度認知障害)の方々も含めると、すでに1,000万人を超えると推計されています*2。今後も有病数が増加すると推測されており、厚生労働省が「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」*3を策定、認知症との共生と予防に対する指針が発表されていますが、認知症予防、早期発見は喫緊の課題です。

 今後、当社では「認知機能セルフチェッカー」設置の効果等の検証を行いながら、本サービス導入店舗数の拡大等を検討していく予定です。来局いただく方に、認知症の早期発見を促す機会を提供することで、将来認知機能の低下によって苦しむ方々の減少に貢献できるよう取り組んでまいります。

 
*1  MCI : Mild Cognitive Impairment(軽度認知障害)、認知症とはいえないが、知的に正常ともいえない発症の一歩手前の状態
*2.3 参考 : 厚生労働省老健局「認知症施策の総合的な推進について」および「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」改訂版
(注1) 緑内障、白内障及び著しい視力低下の症状がみられる一部の方はご利用いただけない場合もございます。

 
株式会社FOVEについて < www.fove-inc.com >
社名 : 株式会社FOVE
設立 : 2014年5月
代表取締役社長 兼 CEO : 小島 由香
事業内容 : VR(仮想現実)に関するウェアラブルハードウェアの開発、製造、販売
及び 関連ソフトウェアの開発、製造、販売

株式会社アイセイ薬局について < www.aisei.co.jp >
株式会社アイセイ薬局は、全国に374店舗(2020年8月3日現在)の調剤薬局を運営する企業です。1984年の創業以来、開業医との医薬連携を大切にした地域医療への貢献を行っており、薬局店舗の9割を「クリニックとのマンツーマン型」と「医療モール型」が占めているのが特徴です。
2019年より新規事業として、薬剤師の思いから生まれたプライベートブランド「KuSu(クス)」を立ち上げ、2020年6月1日にKuSuオンラインストアを開設しました。
また、グループ企業として、「はなまる」ブランドで高齢者介護施設を運営する株式会社愛誠会、薬剤師の転職・派遣のお仕事紹介サービス「お仕事ラボ」を運営する株式会社AXISなどを展開しています。アイセイ薬局グループは、医療福祉の受益者から従事者に至るまで質の高いサービスを提供します。

「認知機能セルフチェッカー」 店舗での設置の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ