プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

プレミアムネットワークはキャリアにとって差別化された競争力を確立する

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007312671-O1-Waj5c2fb

AsiaNet 84971 (1225)

 
【深セン(中国)2020年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はBetter World Summit 2020で「Premium Networks, Better Digital World(プレミアムネットワーク、より素晴らしいデジタルワールド)」セッションを開催した。このオンラインセッションで、世界のキャリア、IDCアナリスト、ファーウェイは、キャリアがサービスを差別化し、ネットワークを向上させてビジネスの繁栄を確保する方策について話し合った。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200730/2871959-1

▽差別化されたネットワークはキャリアにとっての競争上の優位性となる
拡大する5G展開、最近の世界的な感染症におけるオンライン教育、パブリッククラウドによるICT業界の急速なデジタル化は、ネットワークインフラストラクチャーに大きな圧力を加えている。ファーウェイのネットワーク・マーケティング&ソリューション・セールス部門のプレジデントであるGray Lu氏は「産業のデジタル化は今後5年間加速し、個人、家庭、エンタープライズは、彼らが受けるサービスに対する要求を強める。われわれは、キャリアがベストエフォート・サービスを、SLA保証付きの差別化されたサービスに変更するほうがよいと考えている。こうすることで、ネットワークバリューを収益化し、競争相手よりも抜きんでることができる」と語った。

IDCのMatt Eastwood上級副社長は「Digital Transformation and Its Impact of Scale and Automationデジタルトランスフォーメーションと、そのスケールおよびオートメーションの影響」」と題する講演を行った。同氏は、キャリアが主要アーキテクチャー指標(KAI)モデルに基づいて今後のターゲットネットワークを計画、構築し、産業デジタルトランスフォーメーションに備えるべきであると述べた。

▽F5Gを導入する際、ファイバーは金先物である
ファーウェイのトランスミッション・アンド・アクセス・ネットワーク・プロダクトラインのプレジデントであるRichard Jin氏は「ファイバーは金である。ファイバーは未来である。ファイバーをいたるところにいきわたらせよう。オプティカルコネクティビティーは最適なサービスエクスペリエンスを支える。ファーウェイのAirPONソリューションは、モバイルキャリアがFTTHネットワークを効率的に構築し、ユビキタスなオプティカルコネクションを展開することを支援する。分散型インテリジェンスを備えたeAI ONTおよびOLTは、ホームサービスの最適なE2Eエクスペリエンスを確保することによって、キャリアの収益を増大させ、解約率を軽減する。OTNプレミアムプライベートライン・ソリューションは、プレミアムネットワーキングおよびクラウドサービスを備える多数のエンタープライズのコネクティビティー品質を向上させ、キャリアがエンタープライズ市場により巧みに対処することを支援する」と語った。

China Telecom AnhuiのLv Pin副社長は、スマートホームのプレミアムWi-Fiとeガーディング(e警備)の使用事例を紹介した。また、China Mobile GuangdongのCai Weiwen取締役兼副社長は、高速鉄道向けのCloud VR、オプティカルTV(OTV)、OTNプレミアムプライベートネットワーク、5Gサービスのオールオプティカル・イノベーションを紹介した。これらのテクノロジーを組み合わせて、広東-香港-マカオ大湾区向けに、より優れた通信プラットフォームを構築する。

▽SLA保証付きのオールサービスインテリジェントIPネットワーク
IPネットワークは5Gおよびクラウド時代の中核を成し、高品質オールサービス送信をサポートするために必要である。ファーウェイのデータ・コミュニケーション・プロダクトラインのプレジデントであるKevin Hu氏は「5Gおよびクラウド時代には、IPネットワークは、高い帯域および可用性を達成する必要があり、ベストエフォートの消費者向け転送ネットワークを超えて、SLA保証付きの生産向け転送ネットワークになる必要がある。ファーウェイは、超ブロードバンド、インテリジェントコネクティビティー、O&Mを搭載するIPネットワーク向けに設計されたNetEngine 8000シリーズ・ルーターを発売している。これは、エンタープライズのクラウド化の5Gサービス要件を満たしているため、キャリアの企業成長を高める」と語った。

China Telecom NingxiaのLuo Rui副社長は、ファーウェイのインテリジェントIPプライベートラインソリューションを、政府、ヘルスケア、教育のユーザー向けにFIRSTプライベートネットワークに導入し、高品質ネットワークとクラウドのシームレスなコネクションを実現したことを紹介した。Turkcellの転送ネットワーク・プランニングのヘッドを務めるFaruk Ekici氏は、一体化されプログラム可能な5G対応のIP転送ネットワークの構築について紹介し、次世代のIPテクノロジーによるさらなるリーダーシップを検討した。

▽アジャイルビジネス向けのFBBネットワーク自立性を加速するネットワークiMater NCE
われわれは、完全にコネクテッドかつインテリジェントな世界に向かっている。ネットワーク自立性とインテリジェンスは、プレミアムなエクスペリエンスとオールサービス転送には不可欠である。ファーウェイのゼネラル・デベロップメント部門のプレジデントであるDavid Lu氏は「自律的なネットワークは標準化組織が極めて注目しており、キャリアのトランスフォーメーションの目標である。FBB志向のインテリジェントな管理・制御システムであるファーウェイのiMater NCEは、5GおよびF5Gバリュー・シナリオに重点を置き、次第に自動・自己回復・自己最適化の自律的ネットワークを実装する。さらに、これはAIとビッグデータ・テクノロジーを活用し、プロアクティブO&Mを実装し、より高いO&M効率とより優れたネットワーク運用品質に変える」と指摘した。

プレミアムネットワークは、キャリアにとって全く新しい機会を開く。一致協力して、この機会を捉え、あらゆる人々にバリューを提供するより素晴らしいデジタルワールドを生み出そう。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=368320
画像説明:IDC、China Telecom Anhui、China Mobile Guangdong、China Telecom Ningxia、Turkcell、ファーウェイの基調講演者

IDC、ファーウェイなどの基調講演者
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ