プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ファーウェイ(Huawei)

5G +クラウド+ AI:ファーウェイが新たなICTインフラ強化へキャリアと協力

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007312655-O1-wqiTyiyT

AsiaNet 84963 (1221)

 
【深セン(中国)2020年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はBetter World Summit 2020で、革新的な5G、クラウド、AI技術で動作する新たな情報通信技術(ICT)インフラを構築するため、世界中の通信事業者と継続的に協力し、多くの業界でインテリジェントな変革を実現していくと発表した。チャイナテレコム(China Telecom、中国電信)は、クラウドネットワークの相乗効果をベースとする差別化された5G +クラウド+ AIサービス機能の開発方法について説明した。

ファーウェイ国際クラウド・AI事業部(Huawei International Cloud & AI Business Dept)のJacqueline Shiプレジデントは「5G + Cloud + AI: Power New ICT Infrastructure(5G + クラウド + AI:新たなICTインフラの強化)」と題して講演。「業界の顧客を見ていると、クラウドベースのインテリジェントなオフィスや生産システムに対する要望が目立つ。キャリアは、自前で構築するか、他社と協力するかして、クラウドやAI機能の早急な導入を迫られている。これは、5Gの商業的成功を目指した5Gの運用とビジネスの準備に拍車をかけるだろう」と語った。

写真 – https://photos.prnasia.com/prnh/20200730/2871915-1

チャイナテレコムのHu Zhiqiangクラウドコンピューティング部門ゼネラルマネジャーは「ファーウェイとチャイナテレコムのパートナーシップは長年続いてきた。われわれは革新的な5G、クラウド、AI製品を使用して幾多の成功事例を残し、顧客ともウィン・ウィンの成果を出してきた。チャイナテレコムはクラウドネットワークの相乗効果が新たなICTインフラの核心であることを認識し、プレミアム機能を備えたe-クラウドを開発した」と語った。

5Gビジネスの成功には、ネットワークへの投資だけでなく5Gの運用とビジネスの準備も必要である。

* 5Gの運用準備に関して言えば、5Gは従来の運用サポートプラットフォームだけでなく、キャリア内のサービスプラットフォームにも新たな課題をもたらす。通話明細記録、ネットワークやサービス管理の量と複雑さが大幅に増加するだけでなく、サービスに必要となる処理能力も劇的に増加する。さらに、運用サポートプラットフォームは、様々な業界のサービスプロセスにマッチさせる必要がある。主に最終顧客にサービスを提供するプラットフォームは、消費者や企業顧客の全シナリオをカバーできるようアップグレードが必要である。

* 5Gビジネスの準備に関して言えば、様々な業界でデジタル変革を実現するために、エンドツーエンドのソリューションが必要である。接続性に加えて、クラウドベースのインテリジェントオフィスシステムや業界顧客の生産システムの要件も考慮する必要がある。事業者は、自前でネットワークを構築するか、パートナーと協力して接続性、クラウド、AIの包括的な機能を構築し、5Gビジネスの成功を促す必要がある。

ファーウェイはキャリアと協力し、5G、クラウド、AI技術とアーキテクチャーイノベーションで動作する新たなICTインフラを構築していく。

* クラウド:HUAWEI CLOUDは、キャリアパートナープログラムを開始した。クラウド上の新たな技術、機能、アプリケーションを迅速かつ効率的に顧客に提供し、企業のデジタル変革に役立つよう通信事業者の競争力を向上させるには、綿密な協力が不可欠である。さらにHUAWEI CLOUDは、クラウド市場のエコシステムを共有し、業界における5G、クラウド、AIの導入事例を研究する。

* AI:ファーウェイは、基盤となるハードウエア、オペレーター開発ツール、AIアプリケーション開発フレームワーク、開発プラットフォーム、アプリケーションの有効化から成るフルスタックの全シナリオAIソリューションを提供する。通信事業者は、ファーウェイのAtlasシリーズ製品でAI機能を構築することも、HUAWEI CLOUDでAIサービスを直接使用することもできる。

* ITインフラ:ファーウェイのサーバー、FusionServer Proは、コンピューティングパワーの飛躍的増大という要件を満たすため、より高速、強力、スマートなシステムレベルのアーキテクチャーを通信事業者に提供する。革新的なFlashLinkアルゴリズムとSmartMatrixアーキテクチャーにより、ファーウェイのOceanStor Doradoシリーズ、OceanStor Pacificシリーズ、FusionCubeは、通信事業者が様々なデータシナリオで新たな課題に対処し、あらゆるサービスシナリオでデータインフラのアップグレードを促進するのに役立つ。

Better World Summit 2020の詳細は、ウェブサイト(https://bws2020.carrier.huawei.com/en/better_world_summit_2020_live.html )を参照。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=368304
写真説明:BWS2020で講演するファーウェイ国際クラウド・AI事業部のJacqueline Shiプレジデント

BWS2020で講演するファーウェイ国際クラウド・AI事業部のJacqueline Shiプレジデント
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ