プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

サクデンファイナンシャル(Sucden Financial)

サクデンファイナンシャルがTY3マッチングエンジンを立ち上げ

AsiaNet 84967

サクデンファイナンシャルがTY3マッチングエンジンを立ち上げ

ロンドン(英国)、2020年7月30日: マルチアセットの執行、決済、流動性の世界的プロバイダーであるサクデンファイナンシャル(Sucden Financial)は、フレックストレード・システムズ(FlexTrade Systems)と連動するTY3(Tokyo)マッチングエンジンを立ち上げました。

この新たなマッチングエンジンはアジア太平洋のクライアントを対象としており、アジアの取引時間中の流動性と価格の改善で、地域間の遅延時間を大幅に短縮し、全体的エクスペリエンスを強化します。サクデンファイナンシャルの定評あるNY4とLD4インフラに新たに加わるTY3は、全3地域で同社独自の、カスタマイズした流動性に極めて短い遅延時間でアクセスすることができます。

アジア太平洋eFX営業責任者のフィル・キムは、次のように語ります。「拡大を続けるサクデンファイナンシャルのeFX製品パッケージにTY3地域を加えることができることと、フレックストレード(FlexTrade)との提携に沸き立っております。今回の立ち上げは、世界的に不透明なこの時期でさえもアジア太平洋のサービス強化に尽力を続ける当社ならではのものです。」

フレックストレードAPAC(アジア太平洋)のFXグローバル責任者兼マネージングディレクター、マニッシュ・ケディアは次のように述べました。「世界的なFX会社であるサクデンファイナンシャルと共に働けて光栄です。アジア太平洋地域のお客様の取引遅延時間を極めて短縮する今回の提携は、同地域での長きにわたる当社の取り組みに沿ったものです。サクデンファイナンシャルの最高クラスの流動性と当社の最高級のソリューションで、この提携が大成功するものと確信しております。」

サクデンファイナンシャルについて

商品先物取引とオプション取引で歴史と伝統のあるサクデンファイナンシャルは、進化と多角化によりFX、債券、商品でマルチアセットの執行、決済、流動性の世界的プロバイダーになりました。

サクデンファイナンシャルには、金融市場おける45年以上の確かな実績があります。1973年の創業以来、同社は親会社である世界的ソフト商品取引企業、サクデン(Sucden)の支援を受けながらも、日常の取引業務においては完全な独立性を維持してきました。

ロンドンに本社を置くサクデンファイナンシャルは、モスクワ事務所と香港、ニューヨークに子会社があり、世界的に展開して24時間体制でローカルサービスを提供しています。

サクデンファイナンシャル(Sucden Financial Limited)は、英国金融行動監督機構(Financial Conduct Authority)の認可、規制を受けています。

サクデンファイナンシャル香港(Sucden Financial (HK) Limited)は、香港証券先物委員会(SFC:Securities and Futures Commission)の認可を受けています。

フレックストレード(FlexTrade)について

1996年創立のフレックストレード・システムズ(FlexTrade Systems)は、株式、外国為替、オプション、先物、債券向け高性能執行管理(EMS)、オーダー管理システム(OMS)で世界をリードしています。

業界のパイオニアであるフレックストレードは、クライアントが自ら所有権を持つアルゴリズムを100%管理・カスタマイズしながら取引戦略の機密保持ができる、世界初のブローカーニュートラルな執行管理取引システム、フレックストレーダー(FlexTRADER)で国際的に認められています。

「マックストレーダー(MaxxTrader)」は、デスクトップ、ウェブ、モバイルアプリの提供の他、FIX APIでのディストリビューションおよび主要ディストリビューションチャンネルとの統合を行う包括的ホワイトラベルソリューションです。集約、価格作成、ディストリビューション、オーダー管理、マージンエンジン、リスク管理、自動ヘッジ戦略など、ワークフロー全体をカバーしています。内部的に使用してクライアントに直接提供することのできるTWAP、VWAP、バスケット取引など、追加設定不要のアルゴリズムパッケージを装備。このソリューションはNY4、LD4、TY3、SG1のデータセンターがホスティングしており、オーダーマッチングや執行のマーケットメーカーに短い遅延時間でアクセスできるようにします。

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1134362/Sucden_Financial_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ