プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アドソル日進株式会社

【アドソル日進】自治体向けテレワーク・ソリューション販売開始

2020年7月30日
アドソル日進株式会社

アドソル日進株式会社(代表取締役社長:上田 富三、本社:東京都港区)は、ニューノーマル時代における自治体での安心・安全な働き方を支援する、 テレワーク・ソリューション「セキュア・ラップトップ」 を販売開始します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292501-O5-5k7XT7Wn

1.自治体テレワークの現状
 自治体では、新型コロナウイルス感染拡大防止や、大規模災害におけるBCP対策としてのテレワークが進まない状況にあります。その理由として、以下の点が挙げられます。
・セキュリティ対策上、主要な業務を行う「総合行政ネットワーク:LGWAN(※1)」には、外部インターネットからの一般的なパソコンによる、アクセスが許可されていないこと。
・システム改修など、投資コストの懸念から、「テレワーク専用パソコンの配備」や、「LGWANネットワーク全体の見直し」が進んでいないこと。

2.アドソル日進のご提案
このような背景のもと、自治体様からのご要望を受け、テレワーク・ソリューション 「 セキュア・ラップトップ  」を、開発・販売開始することと致しました。
セキュア・ラップトップは、「1台のパソコン」で、庁内・自宅のいずれからもセキュアにLGWANに接続することを可能にし、自治体テレワークを実現します。

3.セキュア・ラップトップの導入メリット
1)高セキュリティ
当社の航空・防衛領域で採用されている、独自の「高セキュリティ技術」により、「庁内利用時」・「テレワーク利用時」いずれの場合でも、LGWANだけに接続します。
これにより、外部からの「サイバー攻撃」や、「ウイルスの侵入」を、完全に防御します。
2)コスト低減
庁内・自宅ともに「1台のパソコン」で業務が可能となり、テレワーク用のパソコンは不要です。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292501-O5-5k7XT7Wn

4.「兵庫県 芦屋市役所」での実証実験
 「立命館大学 情報理工学部 上原 哲太郎 教授」との産学連携による協力のもと、「 兵庫県 芦屋市役所様 」での実証実験を行っております。

5.今後について(販売・サポート)
 全国の自治体展開に向けて、販売網、及び保守・サポート体制の、整備・拡充を進めてまいります。

6.ご参考
 LGWAN(※1):総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network)
          地方公共団体を相互に接続する行政専用のネットワーク

 ウェブサイト    : セキュア・ラップトップ
                    https://www.adniss.jp/products/secure-laptop.html

<アドソル日進について>
社名  : アドソル日進株式会社
本社  : 東京都港区港南四丁目1番8号
拠点  : 大阪・福岡・仙台・米国サンノゼ        【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292501-O3-898O88wV
代表者 : 代表取締役社長 上田 富三
上場市場: 東証1部(証券コード:3837)
設立  : 1976年3月
URL  : https://www.adniss.jp
事業内容: 先進的なDX・IoTソリューションと、セキュリティ・ソリューションを中核に、社会インフラ及び全産業向けに、デジタル・イノベーションを支えるエンジニアリング事業を展開しています。
◆社会インフラ事業・「エネルギー(電力・ガス)」「道路・鉄道・航空」「公共・防災」「情報通信」などの社会インフラ・システムや、地域や社会インフラの安全保障を支えるエンジニアリング・サービスを提供しています。
◆先進インダストリー事業・「次世代EV自動車」「医療機器」「産業機器」「スマート工場」など、「日本のモノづくり」のDX・IoT化を促進するICTシステムと、「デジタル・イノベーション」を支える「セキュリティ」「GIS:地理情報システム」「近距離無線通信」などのオリジナル・ソリューションを提供しています。

IR用テレワークイメージ_見出しあり_トリミング
IR用テレワークイメージ_見出しあり
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ