プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

UL

MYPINPADがモバイルデバイスでの非接触カード決済で世界初の認定を受ける

AsiaNet 84958 (1216)

 
【ノースブルック(米イリノイ州)2020年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*この認定はスマートフォンおよびタブレットでのクレジットカード取り扱いのセキュリティーを強化するとともに、新しい技術への信頼構築に役立ち、小売店が従来の決済端末を不要にできる

世界的な安全科学機関であるULは30日、スマートフォンおよびタブレットでの決済ソリューション向けのセキュアな個人認証のプロバイダーMYPINPADが同社のMYPINPAD SoftPOSソリューションでPayment Card Industry(PCI)Security Standards CouncilのContactless Payments on COTS(CPoC(TM))Security and Testing Requirementsに認定された世界初の企業になったと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/325015/ul_enterprise_logo.jpg

モバイル決済非接触承認ソリューション向けの一連の方式および仕様であるCPoC Security and Test Requirementsは、CPoCソリューションで取得、処理されたセンシティブな決済情報の機密性および完全性を保護するセキュリティーフレームワークを提供する。MYPINPAD SoftPOSは、スマートフォンやタブレットなど一般的な民生(COTS)デバイスの近距離無線通信規格(NFC)インターフェースを使用する非接触チップベースの決済を促進する。小売店の決済承認を柔軟にするように設計されたMYPINPAD SoftPOSは、オンラインベースの非接触チップベース取引に対処し、さらに多くの小売店の取り扱いを実現する。

CPoC認証は、MYPINPAD SoftPOSがCOTSデバイスのNFCインターフェースおよび非接触カーネルを通じて取得される決済データのセキュリティー確保に役立つ主なセキュリティー要件を満たすことを意味する。これらのセキュリティーメカニズム、コントロール、緩和は、暗号化キーなど消費者アカウントデータおよびその他のアセットを保護し、携帯電話など消費者グレードのデバイスで実行されても決済プロセスが保護されることに役立つ。

MYPINPADのColin Greene最高経営責任者(CEO)によると、CPoC認証は市場にMYPINPADのテクノロジーに対する信頼を提供する。Greene氏は「ULとコラボレーションできたことを大変うれしく思う。決済業界における広範な経験を有するULは、MYPINPADがパートナーと顧客の信頼を促進することを支援し、カード決済取引の仕組みを永遠に変える可能性を秘めているディスラプティブテクノロジーの意義ある導入の道を開いた」と語った。

小売店は現在、専用クレジット端末を通じてカード決済を取り扱うか、磁気ストリップのデータをPCないしはモバイルデバイス上で動作する決済アプリケーションに転送するハードウエアリーダーによる決済をプロセスすることができる。MYPINPAD SoftPOSは、小売店がこの両方のオプションを完全に回避して、外部ハードウエアなしでスマートフォンかタブレット上で非接触取引を実行することを可能にする。

ULのIdentity Management and Security部門のIsabelle Noblanc副社長兼ゼネラルマネジャーは「ビジネスおよびブランドの成功を支援するスマートおよびセキュアな決済システムを開発する企業は、セキュリティーを優先してイノベーションすべきである。このため、安全およびセキュリティーの権威であるULは、MYPINPADがPCIのCPoC仕様で初の認定を達成したことを称賛する。このマイルストーンはMYPINPADの準拠を保証するとともに、ULが決済エコシステムの安全性をいかに強化しているかをさらに実証するものである」と語った。

▽ULについて
ULは、科学を活用して安全、セキュリティー、持続可能性の課題を解決することにより、より良い世界を構築することに役立っている。ULは革新的な新製品および技術の安全な導入を可能にすることによって信頼を勝ち得ている。ULのすべての人間が世界をより安全な場所にするという熱意を共有している。独立した調査および規格策定から、アナリティクスおよびデジタルソリューション、試験および認定に至るULのすべての取り組みは、世界の幸福を向上させることに役立っている。企業、産業、政府、規制当局、一般の人々はULを信頼し、よりスマートな決定を下すことができる。詳細はウェブサイトUL.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2871144-1&h=179486813&u=https%3A%2F%2Fwww.ul.com%2F&a=UL.com )を参照。ULの非営利活動に関する詳細はウェブサイトUL.org(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2871144-1&h=416474150&u=https%3A%2F%2Fwww.ul.org%2F&a=UL.org )を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Steven Brewster
UL
steven.brewster@ul.com

ソース:UL

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ