プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社デベロップジャパン

業界初・オンライン型のライブ物件案内サービス『Air-DAM(エアー・ダム)』

Withコロナ時代のマンションの売り方を変える新サービスを7月から本格提供開始

2020年7月30日
株式会社 デベロップジャパン

業界初・オンライン型のライブ物件案内サービス
『Air-DAM(エアー・ダム)』 Withコロナ時代のマンションの売り方を変える新サービスを
7月から本格提供開始

 長谷工グループでデジタル戦略コンサルティングを提供する株式会社デベロップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋友広)は、業界初となる完全オンライン型のライブ物件案内サービス『Air-DAM(エアー・ダム)』を2020年7月から本格的に提供開始します。

 『Air-DAM(エアー・ダム)』は、マンション販売のオンライン内見に必要な機材/システム/マニュアルを揃えたワンストップで完結する営業支援パッケージです。サービスの最も大きな特徴は、従来の「WEB会議システム」では実現できなかった「ライブ物件案内」が可能となる点です。

 従来の「WEB会議システム」では、お客様はPCなどから画面越しに対面接客での物件説明を受けるだけでしたが、『Air-DAM』の「ライブ物件案内」機能では、販売スタッフがスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を利用して、実際のモデルルーム内で対話をしながらライブ感覚で内覧をすることが可能となります。

 今後は、長谷工グループが持つマンション販売の知見と、不動産業界で20年以上のマーケティングソリューションを提供してきた当社の実績を掛け合わせて、Withコロナ時代のマンションの売り方を変える新サービスとして、マンションのデベロッパーに広くサービス提案を行ってまいります。

■「Air-DAM」の特徴(利用するお客様のメリット)
・Withコロナ時代でも、図面や営業マンの説明だけでなく、実際のモデルルームの内見が可能
・現在の自宅と比較しながらリアルタイムで質問ができるなど、
 実来場では出来なかった全く新しい体験が可能
・多拠点からの同時接続により、遠隔地に住むご家族などこれまで参加が難しかった方も内見が可能

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292558-O2-bx115zB1

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292558-O3-0Kr7Sb89

■開発背景

販売現場の声「既存のWEB会議システムだけではできないことが多すぎる」
 マンション販売の現場は、新型コロナウイルスにより販売活動などで大きな影響を受けており、2020年5月20日には国交省から感染予防対策ガイドラインが出されたことを受け、各社がそれぞれ急ピッチでオンライン化の対応を進めています。こうした状況下、2020年5月20日時点で、デベロッパー各社(調査対象52社)のうち14社が「WEB会議システム」の導入を進めておりました(当社調べ)。

 一方、「WEB会議システム」を導入したものの、既存のツールを利用した接客では、オンラインによる資料説明など静的な接客に留まってしまうことで、実際はこれまで来場型で提供してきたレベルでのインタラクティブな物件の紹介が難しく、モデルルームの訴求力を向上させたいという声が多数ありました。

 こうした現場の声や従来の「WEB会議システム」のみでは解決できない課題に対し、オンライン完結でリアルタイムのライブ配信により新築モデルルームを物件案内できる営業支援サービスをパッケージ化しました。

■狙い

コロナ時代のマンションの売り方を変える
 『Air-DAM(エアー・ダム)』を業界に広くサービス提供していくことで、Withコロナにおけるマンションの売り方を変えていくことを目指しています。

 当社で6月に発表した調査レポート※の中でも記載の通り、今後は「オンライン内覧で候補を絞り、現地で実物と周辺環境を体感してから意思決定をしたい。【30代男性/既婚子供あり】」という声や、「現地で担当者が、見たい部分を写して実況中継してくれたらすごくいい。【30代女性/既婚子供あり】」といった要望など、生活者の行動様式が変わっていくことで、今後ますますオンラインツールへのハードルが下がり、内覧や相談などに活用することに積極的な意見が増えることが予想されます。

 また、新築モデルルーム以外の利用シーンとしても、オンラインツールを利用することで、地方のリゾートマンションなど遠隔地の物件の紹介や遠隔地に住むご親族への紹介といった複数拠点からの同時内覧なども可能となります。当社としては、『Air-DAM(エアー・ダム)』を通して、こうしたマンション販売の営業現場のデジタル化と訴求力向上に貢献してまいります。

※レポート詳細「新型コロナの影響と今後の展望 〜新たな生活様式“New Norm”への転換を見据えて〜

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292558-O8-sdUC6o47
■「Air-DAM」の導入メリット
「ライブ物件案内」により現場の訴求力向上に貢献。手軽に導入できるワンストップパッケージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007292558-O1-41S2PMsE

■サービス料金

 完全オンライン型のライブ物件案内サービス『Air-DAM(エアー・ダム)』は、月額5万円~利用可能な定額課金サービスです。ご利用のシーンに合わせた最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせURL:https://www.dji.co.jp/solution/air-dam.php

■オプション

 「ライブ物件案内」以外にも、マンション販売の現場で使いやすい特徴として、機材購入の初期負担を低減する機材一式レンタル方式での提供や、業務用のPCでもトラブルなくタップ1つでお客様と接続が可能な接続形式、クラウドのカレンダーと連動した自動でのお客様への接続手順案内、マンション販売に特化した接続マニュアルなどの独自機能を備えております。

■今後の展開

 第一号採用物件として自社グループである総合地所株式会社(本社:東京都港区、社長:関岡 桂二郎)が分譲する「ルネ横浜戸塚」(総戸数439戸)に導入し、多方面から問い合わせをいただいております。今後は、Withコロナ時代のマンションの売り方を変える新サービスとして、当社グループのみならず、マンションのデベロッパーに広くサービス提案を行ってまいります。

ルネ横浜戸塚公式サイト:https://www.sgr-sumai.jp/mansion/r-totsuka439/

■会社概要
長谷工グループで、デジタルとリアル媒体を連動させたプロモーションサービスを提供しているソリューションカンパニー。デジタルソリューションを提供するリサーチ&コンサルティング事業、プロモーション&マーケティング事業を提供しています。

会社名:株式会社デベロップジャパン
代表者:代表取締役社長 高橋 友広
設立:1999年09月
本社所在地:東京都港区麻布十番2-8-10 麻布松屋ビル5F
資本金:200,106,000円 (資本準備金含む)
事業内容:インターネットを主としたICTマーケティング事業
URL:https://www.dji.co.jp/

サービスイメージ
「Air-DAM」の導入メリット
customer1+
sales4+
customer2.+jpg
sales2+
sales1+
sales3+
sales5+

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ