プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Consumer Technology Association

CES 2021はオールデジタルな体験へ

AsiaNet 84935 (1206)

【アーリントン(米バージニア州)2020年7月29日PR Newswire=共同通信JBN】Consumer Technology Association(CTA)(R)(全米民生技術協会)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=2077449391&u=https%3A%2F%2Fwww.cta.tech%2F&a=Consumer+Technology+Association+(CTA)%C2%AE )は29日、2021年1月6-9日に開催されるCES(R)2021(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=43524319&u=https%3A%2F%2Fwww.ces.tech%2F&a=CES%C2%AE+2021 )は世界中から訪れる出展者、顧客、ソートリーダー、メディアをつなぐオールデジタルな体験の場になると発表した。この新しいフォーマットでは、参加者は技術イノベーターから話を聞き、最先端の技術と最新の製品の発売を見学し、世界中から集うグローバルブランドやスタートアップと関わることができる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1220497/Consumer_Technology_Association_CES_Logo.jpg

CTAのGary Shapiro会長兼最高経営責任者(CEO)は「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックと世界的な健康問題への懸念が高まる中、2021年1月初旬にラスベガスで何万人もの人が安全に参集し、実際に会ってビジネスを行うのは不可能だ。テクノロジーはパンデミック下におけるわれわれ全ての仕事、学び、つながりをサポートしてくれる。そのイノベーションはわれわれがCES 2021について再考し、技術コミュニティーを有意義な方法で団結させることにも役立つ。2021年ではオールデジタルのプラットフォームに移行することで、出展者が既存および新しいオーディエンスとつながることをサポートする独自の体験を提供する」と述べた。

CES 2021は参加者が最前列に座って最新の技術を発見し、目の当たりにする新しい没入型の体験となるだろう。この高度にパーソナライズされた体験により、自宅やオフィスの快適性と安全性には世界的な成果が反映されるだろう。

50年以上にわたり、CESはイノベーションの世界的な舞台となってきた。CES 2021におけるCTAの目標は、健康と安全を優先しながら、大小の企業が製品を発表し、ブランドを構築し、パートナーシップを結ぶための魅力的なプラットフォームを提供することだ。この技術コミュニティーのメンバーは、団結し、アイデアを共有し、未来を形作る製品を紹介することで成功する。

来年のカレンダーの1月第1週にチェックを入れ、CES 2021に関するさらにわくわくするニュースに注目してほしい。CES 2022では再びラスベガスに戻り、現実とデジタルのショーの最高の要素を合体させる予定だ。

引き続きの支援に感謝したい。健康と安全に気をつけていただきたい。

▽CESについて
CES(R)は、画期的な技術とグローバルイノベーターの基盤を提供する、世界で最も影響力のあるテックイベントだ。ここでは、世界最大のブランドがビジネスを行い、新しいパートナーと出会い、最も先鋭的なイノベーターが注目を浴びる。Consumer Technology Association(全米民生技術協会、CTA)(R)が所有・プロデュースするCESは、技術セクターのあらゆる側面を取り上げる。詳細はCES.tech(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=3998328728&u=http%3A%2F%2Fwww.ces.tech%2F&a=CES.tech )を参照し、CESのSNS(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=3527172855&u=http%3A%2F%2Fwww.ces.tech%2FNews%2FCES-Social&a=social )をフォローを。

▽Consumer Technology Association(CTA)について
CTA(R)は技術部門における北米最大の技術産業協会である。会員はスタートアップからグローバルブランドまで世界をリードするイノベーターたちであり、1800万人を超える米国の雇用をサポートしている。CTAは、世界で最も影響力のある技術イベントであるCES(R)を所有およびプロデュースしている。詳細は、CTA.tech(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=271384683&u=http%3A%2F%2Fwww.cta.tech%2F&a=CTA.tech )を参照し、@CTAtech(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2869360-1&h=2137991749&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FCTATech&a=%40CTAtech )のフォローを。

▽問い合わせ先
Caroline Finnell
cfinnell@CTA.tech
703-474-8053

ソース:Consumer Technology Association

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ