プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社三和デンタル

歯科診療に特化したフェイスガード販売開始

2020年7月29日(水)

株式会社三和デンタル

歯科技工所から歯科診療に特化した フェイスガード販売開始

1982年創業の歯科技工物メーカー 株式会社三和デンタル《本社:東京都大田区、代表取締役 菅沼佳一郎》が、歯科医院向けに、診療の邪魔をしない 新型コロナウイルス感染症拡大防止用「歯科診療特化フェイスガード」を8月1日(土)より販売を開始します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202007282472-O1-ayU0YMbh

■診療時の感染防護スタイルをご提案
2020年1月に国内初の感染者が報告されて以来、新型コロナウイルス感染症は一般的に「飛沫感染、接触感染で感染する。」と言われています。現状、歯科治療に感染の不安を覚える方も多く、歯科医療機関の保険診療状況は20%減少しました。三和デンタルでは、「ウイルスに負けない健康状態を保っていただくためにも安心して医療機関で歯科治療を受けていただけるように。」という思いを胸に、歯科診療特化フェイスガードを見出しました。

■歯科診療特化型フェイスガードとは
現在一般的に販売されているフェイスガードは、頭部に固定し顔全体と首まで覆うことで飛沫感染を防ぐ効果を期待する製品が中心です。しかし、歯科診療の場では診療用チェアに座って患者の治療を行います。治療時には下を向くことが多く、頭部に固定したフェイスガードでは治療の妨げになることが多いのです。そこで三和デンタルはマスクに装着し、目元のみを覆う歯科診療特化フェイスガードを歯科業界向けに8月1日(土)より販売開始。発売前に歯科医師に使っていただいたところ、「通常のフェイスガードと違い口元を覆わないため、フェイスガード自体が曇らない。」と評価を得ています。口を開けた患者と近距離で接することが多い歯科医院での、新型コロナウイルス感染症拡大防止に効果を発揮することを期待しています。

■株式会社三和デンタルについて
創業より審美性が高くよく噛める補綴物を提供。「噛めない人を噛めるように」をモットーに全国3,000の歯科医院から毎日約400件以上の依頼を受けています。
公式サイト:https://sanwa-dental.jp

イメージ図:歯科診療特化フェイスガード
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ