プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Kalinga Institute of Industrial Technology

大学と見なされているKIITがオディシャ州でCOVIDで亡くなった人々の子供たちへの無料教育を発表

AsiaNet 84920 (1198)

 
【ブバネシュワル(インド)2020年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックは、インドやオディシャ州を含む世界中で何百万人が感染し、多くのパニックを引き起こしている。オディシャ州では、新型コロナウイルス感染症の感染者数は日ごとに増加しており、多くの人々が命を落としている。KIITは常に、同州の自然災害の際に困窮している人々に援助の手を差し伸べてきた。KIITはオディシャ州の誇りとなった。同州の人々が必要とするときに常に彼らの支えとなったからだ。

COVID-19パンデミックは、オディシャ州の住民の通常の生活と生計を混乱させ、破壊した。現在、大学に相当するKIITは、支援の手をCOVIDで亡くなった人々の家族にまで拡大した。KIIT & KISSの創設者であるAchyuta Samanta博士の提案に従って、KIIT-DUは、オディシャ州のCOVIDで亡くなった人々の子供たちに全く無料で技術的、専門的教育を提供することを決定した。

オディシャ州のCOVIDによる死亡者の息子や娘たちで、関心のある人は、入学資格に応じてITIおよびエンジニアリング学位を含むKIIT-DUのさまざまな技術コースや専門コースに応募できる。KIIT当局によると、この便宜措置は2020-21および2021-22の2学年度のみ利用可能である。優先措置はBPL、SC、ST、SEBCの各カテゴリーからCOVID死亡者の子弟に付与される。今回の措置は、パンデミックにより無力となったオディシャ州の住民に支援を提供することになろう。

KIITは、COVIDで亡くなった人々の家族にこのような人道的な措置を差し伸べたインドおよび海外で唯一の大学である。

この親切なイニシアチブに加え、大学に相当するKIITは過去5カ月間に、1200のベッド数と200の重症者管理ユニットを備えた4つの独立のCOVID病院をオディシャ州で運営している。KIITはまた、ロックダウンの開始以来、貧困者への食料と医薬品の供給の分野で貢献し、支援を得られない人々に手を差し伸べ、意識のケアとアニマルケアを促すことにより、コロナウイルスに対する同州の戦いの最前線に立っている。

▽メディア問い合わせ先
Dr. Shradhanjali Nayak
shradhanjali@kiit.ac.in
+91-674-2725636
Director, PR
KIIT Deemed to be University

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1219829/KIIT_Campus.jpg

ソース:Kalinga Institute of Industrial Technology

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ