プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Hikvision

インテリジェント交通管理:古都での車両の流れを支援

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007272395-O1-p0cbsynV

AsiaNet 84893 (1184)

 
【杭州(中国)2020年7月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*どの主要都市でも交通量は増えるばかりだ。しかし制約のある都市空間で、どのようにして渋滞に対処するのだろうか。中国古代の城壁都市・西安ではHikvision(ハイクビジョン)の技術をベースにしたインテリジェント交通管理システムを導入し、交通の所要時間短縮とともに交通の流れを促進している。

古くは長安として知られた中国の都市・西安は古代東洋文明の中心地だった。中国史における13の王朝が西安を首都に選んだ。いま、西安は歴史の単なる一部ではない。そこは科学研究と教育、製造、テクノロジー、交通で中国全土に名高いハイテクの拠点である。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200724/2866766-1

▽挑戦:都市を成長させながら古代城壁内の交通の流れを実現する

西安は現代的なハブでありながら、唐王朝から続く碁盤の目のような構造を保持し、その縁部は背の高い古代の城壁を備えている。城壁が西安の日常の移動、特に急増する交通の大きな制約になっているにもかかわらず、同市は経済成長を果たしている。車両は市の門を通ることによってのみ西安に出入りできるが、約300万台の車両が行き来する同市では、限られた数の入口が原因で深刻な渋滞の発生が始まった。

その上、市内には古代の廃墟が数多く残っているため、都市部の開発がさらに制限されている。それに加えて西安は約1000万人の人口を擁し、多数の建設計画が着実に増加している。

西安は、歴史を保護しながら成長する都市を管理するという困難な課題に直面した。これに対処するため、西安都市交通管理局(Xi’an Urban Traffic Administration)はHikvisionと同社のインテリジェントカメラの力を借りることにした。

▽ソリューション:Hikvisionのインテリジェント交通管理システム

Hikvisionのプロジェクトマネジャー、Lihu Ma氏は「西安には城壁があることから、都市部のサイズを拡張することは不可能だ。従って、われわれがこの現代的な都市を成長させ、発展させるには、テクノロジーを使うことが唯一の方法だった。Hikvisionソリューションの中核部にはAI駆動のビデオ技術が使用されている」と述べた。

西安交通警察はインテリジェント交通管理システムを設計・実装するためにHikvisionの専門家、都市計画の専門家、インターネットサービスプロバイダー、その他のテック企業と協力した。このシステムの構築は都市輸送情報におけるHikvisionの中核的優位性を十分に活用するもので、強力な交通感知システムを実現するAI駆動のビデオが使用されている。Lihu氏は「われわれは効率的に、西安のインテリジェントデジタル世界と物理的な都市輸送ネットワークの間に橋を架けている」と説明した。

▽技術ソリューション

インテリジェント交通管理システムは西安都市部における交通の流れに関する包括的で詳細なデータを分析し、収集した知見を使って鍵となる3つの方法で交通の流れの円滑化を図る。

1. 包括的な道路交通違反の監視

西安交通警察は、交差点での車両の違法行為を検知できる監視システムの一環としてHikvisionのCheckpoint Capture Camera(チェックポイント・キャプチャーカメラ)とIntersection Violation Capture Unit(交差点違反キャプチャーユニット)を設置した。

こうした全画角・超高倍率ズームカメラは赤信号無視、禁止された場所での右左折や回転、車線変更違反といった違法行為を行う車両をリアルタイムで記録する。その上、最新のソナー監視機器も採用されて禁じられた場所での違法なクラクション使用を検知する。

2. 視覚統合された指揮・出動プラットフォーム

Hikvision Traffic Flow Capture Camera(トラフィックフロー・キャプチャーカメラ)のリアルタイムのビデオストリーミング、多数の道路状況認知技術、インタリジェントなモバイルアプリケーションを使用して、西安交通警察はインテリジェント警察出動システムとともに視覚指揮制御センターを設立した。

すべてのデータは指揮制御センターの大型スクリーンに集約され、動的に表示される。交通事故が発生したとき、システムはその場所ならびに市内の交通警察官の配置状況に応じてインテリジェントに出動勧告を発出する。事故現場に最も近い警察官が自動メッセージを受けるので、現場に素早く到着することができる。

さらに重要なのは、このインテリジェント交通管理システムは典型的な渋滞パターンを見抜き、渋滞発生の前の潜在的な交通状況を積極的に特定するために最先端の機械学習機能を使用していることだ。Hikvisionのインテリジェントビデオカメラがもたらす大量の道路状況データと情報を分析することで、システムは最も渋滞しやすい交差点はどこで、いつそれが発生するかを予測できるので、交通警察は深刻な事態が発生する前に回避措置を講じることができる。

3. インテリジェントな信号制御により交通流量が改善

西安交通管理チームは交通の流れを緩和する目的で渋滞管理活動も行っている。その多くは信号のタイミング最適化によるものだ。

インテリジェント交通管理システムは拡張現実(AR)技術を備えたインテリジェントビデオカメラを使って交通の流れのデータを分析し、それに応じて信号点滅のタイミングを動的に変更する。交差点の全ての方向における交通の流れ、車列の長さ、平均運転速度をリアルタイムで監視し、信号のタイミングを自動的に調整して車両の流れを最適化する。

▽そのメリット:所要時間が12%減り、交通量は10%増加

Hikvisionのビデオを含む豊富な交通データによって西安の交通管理システムが学習を重ねた結果、同市の渋滞を管理する多数のインテリジェントなアルゴリズムを構築することが可能になっている。

第一に、地図に戻づく渋滞リポートによると、西安の渋滞ランキングは大きく改善した。実際のところ、このシステムが本番稼働する前のパイロット道路における試験と比較して、インテリジェント信号制御だけで交通量が10%増加して運転の所要時間は約12%削減された。

さらに、ドライバーの行動も改善しており、道路交通の規則をいままでよりも順守するようになっている。交通法執行データによると交通違反が全体的に減少し、1回実施された短期観察では交通違反が約30%減ったことが明らかになっている。

それに加え、先を見越した交通事故警告機能により、事故検知率は従来のモデルよりも30%以上の向上を示した。現在も進行している監視機器の設置に加え、今後もシステムのアルゴリズムを最適化することで、この識別機能の精度はさらに向上するだろう。

都市化の過程では、渋滞への対処は輸送ネットワークの改善を意味するだけではない。それはスマートシティ構築のための基本的な管理要件である。

 
Hikvisionのインテリジェント交通ソリューションに関するより詳しい情報は(https://www.hikvision.com/en/solutions/solutions-by-industry/traffic/traffic-flow-optimization/ )を参照。

ソース:Hikvision

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=367987
(写真説明:西安の都市交通)

西安の都市交通
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ