プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KT Corp.

韓国のKTがKポップコンテンツを5Gで輸出

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007272384-O1-f7a6lu0X

AsiaNet 84869 (1177)

 
【ソウル(韓国)2020年7月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*Kポップショーを香港向けに5Gライブリレー
*高解像VODリパッケージとVRフォーマットを輸出
*KTは韓国コンテンツ市場を東南アジアに拡大

韓国最大の通信事業者KT Corp.(KRX: 030200; NYSE: KT)は、国際舞台を目指すKポップアイドルの公演を今後、香港の視聴者向けにライブストリーミングすると発表した。

Photo – https://photos.prnasia.com/prnh/20200722/2864474-1
(写真説明:KTがKポップコンテンツを高解像で海外ストリーミングする「KT Live Stage」のリハーサル)

韓国の大手携帯電話会社であるKTによると、新5GサービスはKTがChina Mobileの音楽配信子会社Miguと7月15日に調印したコンテンツ販売契約に基づいて開始された。

この契約は、5Gベース新メディアコンテンツの協力に関する2019年了解覚書の延長線上にある。KTはChina Mobile子会社を通じて韓国のポップミュージックやその他のデジタルエンターテインメント・コンテンツを輸出する韓国初の5Gネットワーク事業者である。

2019年12月、KTの5Gネットワークは「KT Live Stage(KTライブステージ)」プログラムで、Kポップグループの海外放送を開始した。それ以降、KT のOTT(オーバー・ザ・トップ)ストリーミングサービスSeeznを通じて韓国の視聴者に、香港にはMiguのプラットフォーム経由で、毎月7本のライブプログラムを中継している。これらKT Live Stageプログラムはまた、VOD(ビデオ・オン・デマンド)フォーマットにリパッケージ、輸出されている。

Kポップコンテンツの高解像ストリーミングに多大の関心を寄せている台湾通信事業者のFarEasToneも、KTライブステージの無料視聴をクライアントに提供した。

KTはライブ放送プログラムに以前参加した各KポップアーティストのVR(ビデオレコーディング)コンテンツ制作で、音楽プロモーター、プロデューサーと協力しており、AR効果も追加されている。VRコンテンツは世界のKポップファンから大いに注目されている。

KTステージのラインアップは、グローバル市場を目指すKポップ新人アーティストから、すでに世界的な大規模ファンコミュニティーを確立したアイドルグループまで及んでいる。世界のKポップファンは、ツイートやその他のSNSメッセージで彼らの公演をフォローし続けている。

KTはKポップコンテンツに関心を共有する、増加しつつあるアジア諸国をターゲットに、ライブストリーミング・サービスを拡充する計画である。

大手通信事業者であるKTはSeeznを通じて、Chinese Volleyball Super League(CVL、中国バレーボールスーパーリーグ)など各種の世界スポーツコンテンツを国内クライアントに提供することも計画している。

KTで顧客の新事業ユニットを担当するKim Hoon-bae副社長は、韓国で制作したエンターテインメントコンテンツをMiguに販売する契約は、ライブストリーミングなどのサービスによって、Kポップコンテンツの世界展開促進に一役買おうとする自社努力の結果であると語った。

Kim氏が指摘したように、KT子会社のGenie Musicは今年5月、Tencent Music Entertainment Group、およびFUGAとKポップコンテンツ提供契約に調印した。

中国市場向け音楽ストリーミングサービスを開発する企業Tencent Music Entertainment Groupとオランダを本拠にする音楽技術・サービス企業FUGAは、Genie Musicの海外パートナー約50社のリストに直近で加わった。

その他のパートナーは、米国のAmazon MusicとTIDAL、中東のAnghami、ロシアのYandex Music、インドのJioSaavn、フランスのQobuzなどである。

KTは今年4月、世界的なコンテンツプラットフォームのHBO、VIKI、ODKの3社とSeeznが計画、出資した低予算ウェブ映画「The First Shot」の提供でも合意した。

Kim氏は、KT-Migu契約はさまざまなオリジナルコンテンツやKポップコンテンツを世界の視聴者に提供する役に立つと述べた。

HBOと子会社は10月、東南アジア、南アジア13カ国で「The First Shot」を放映する予定。VIKIとODKは4月、北米、南米、欧州、オセアニア、中東でこの映画を放送した。

詳細は当社英語サイトのhttps://corp.kt.com/eng/ を参照。

▽問い合わせ先
Global Media Relations Team
kt.gmrt@gmail.com

ソース:KT Corp.

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=367867

KTがKポップコンテンツを高解像で海外ストリーミングする「KT Live Stage」のリハーサル
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ