プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

メガフォン

メガフォンがアークティックコネクト・プロジェクトの海洋調査を開始

AsiaNet 84878

モスクワ(ロシア)、2020年7月23日/PRニュースワイヤー/ —
メガフォン(MegaFon)はヨーロッパとアジアをつなぐ北極横断海底通信リンク建設を目指すアークティックコネクト・プロジェクト(Arctic Connect project)の一環として、第1期海洋調査を開始します。

メガフォンと、フィンランドのインフラ事業者であるシニア(Cinia)は2019年7月、史上初の北極横断通信リンク建設に向けた国際コンソーシアム設立に関する覚書を交わしました。

「アークティックコネクト・プロジェクトには、世界人口の85%が集中する大陸をつなぐ光ファイバーリンクの建設が必要です。当社は信号伝送時間をこれまでにないほど短縮、待ち時間を最小にし、既存のどのリンクよりも高い性能を提供する計画です。海洋調査では、リンクの最適ルートを選択する必要があります。2020年に、北極海の安全なルートを特定するための海底断面予備調査を実施。2021年の第2期調査では、海底岩石の調査など、海底ケーブル敷設の技術的パラメーターを詳細に調べます。ロシアの領海外にある通信リンクのこれらセクションについても、同様の調査が行われます」と、メガフォンCEOの戦略的インフラプロジェクト顧問を務めるフレデリック・ヴァノストゥーズは語りました。

メガフォンは、海洋調査でロスギオロジヤ(Rosgeologiya)と提携しました。同社が運航する調査船、プロフェッサー・ロガチェフ(Professor Logachev)は6500キロの距離を走行し、バレンツ、カラ、ラプテフ、東シベリア海、チュクチ海など最も氷状が厳しいルートのこれらセクションに重点を置きます。探査は2020年8月5日にムルマンスクでスタートし、3か月間にわたって行われます。

大陸間のデータ通信量は急速に増加しています。需要を生み出しているのはOTTサービス、コンテンツプロバイダー、国際通信事業者、大手企業などの顧客です。スループット200 Tbit/sの通信リンク開設は、この需要を満たすものです。新しい光ファイバーリンクは、ロシアの北極海岸沿いの北極海の海底を通ります。また、メインルートから延長することで北極圏と極東の顧客に接続性を提供します。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ